小馬鹿にする人の心理を詳しく把握すること、馬鹿にされる時の対応策


職場や学校など手の届く範囲でも、馬鹿にされる時があるもの。子ども扱いされたり鼻で笑われたり、罵倒されたりなどの体験は、相手であれ腹立たしい気持ちに。

身の回りに他の人に対してやたらと小馬鹿にする人がいて、困っているなどという状況も珍しくはありません。自らが小馬鹿にされた際は、悔しくて情けない感情が沸き起こります。

かと言ってただ怒るだけでは、周囲にも短気な印象を与えてしまい、返ってイメージダウンにもなりかねません。但し、例え小馬鹿にされているのが自分でなくても、人が人を馬鹿にしているという態度を見るのは気持ちも良くありません。

ここでは、小馬鹿にする人の心理を詳しく把握すること、馬鹿にされる時の対応策を紹介しています。

 

 

 


小馬鹿にする人の心理を詳しく把握すること、馬鹿にされる時の対応策


 

| 1.優位な立場でいたいだけで、大人しい人を馬鹿にする人も

嫌悪感を持っていることを主張するということ。人を小馬鹿にしてくる人物はさまざまですが、自身が優位な立場でいたいだけで、大人しい人間を笑うこともあるもの。

謙虚な姿勢で応対していても嫌がっているのは伝わらないので、もし仲のいい友人であったとしても自らの思いはきちんと伝えるべき。

そんな不快な言い方はやめて欲しいと毅然とした態度で言い、嫌悪感が伝わり謝罪の言葉があれば、その後も長く付き合うことに。

 

| 2.これだけできるという自信も付き、周囲の視線も変わる

成功体験を積み上げ、自己肯定感を高めるということ。馬鹿にされやすいという認識がある場合、主張と合わせ自らも変わる努力が必要というもの。

失敗を恐れ自信もない態度は馬鹿にされやすいので、普段から正々堂々と振る舞えるよう自信を胸の内に持つ事ことが大切。

どんな些細なことでもいいので目標を掲げ、達成していくという行動を続けていれば、自身もこれだけできるという自信も付き、周囲の視線も変わることに。

 

| 3.行動するほど成果として我が身に返ってくることが多い

仕事上で馬鹿にされた場合、結果を残して見返すということ。仕事関係に於いては、行動するほど成果として我が身に返ってくることが多いもの。

売上が少なかったり、事務の処理が遅いなどの仕事上で馬鹿にされるケースでは、結果を残すしかありません。他人と同様のことをするのではなく、自分自身に似合ったやり方で、経験やスキルを積み重ねていきます。継続は力なりです。

 

| 4.友人や職場の同僚などを味方にし、馬鹿にしてくる相手に

自らを肯定してくれる友人や恋人を見つけるということ。自信のなさを誤魔化したいとか、優越感を持ちたいなどの理由で他人を馬鹿にする人もいるもの。

こんな場合は基本的に自らに非はないので、そんな自分を糧にして周囲の人たちを味方につける、これも一つの対処法。自身のことを良く理解してくれている友人や職場の同僚、恋人などを味方にし、馬鹿にしてくる相手に立ち向かいます。

 

| 5.自ら進んで話しかけずストレスを溜めないよう努めます

距離を置く等、関わらないようにするということ。小馬鹿にされると、一般的にもうこれ以上は付き合いたくないと思うもの。

さほど重要でない相手なら理解して貰おうと努力する時間が無駄になるので、自ら身を引き距離をとっていくのも対処法の一つ。

仕事関連で距離をとるのが難しようであれば、必要最小限の関りで済むよう、自ら進んで話しかけずストレスを溜めないよう努めます。

 

 

 


気を付けたいところが沢山あるもの、馬鹿にされる人が持つその特徴面


 

| 1.責任逃れをすることもできず、悪者になった挙句に馬鹿に

不器用でミスや失敗が人よりも多いということ。小馬鹿にされるタイプの人物は、上手く立ち回ることが苦手な人が多いもの。

相手に言われることに反論したくてもすぐには反応できないので、納得できないままの行動になり、集中力が低下しミスが増えてしまうことに。

職場や学校で何か問題が生じた際、上手く責任逃れをすることもできず、悪者になった挙句に馬鹿にされることになります。

 

| 2.気後れした態度をとっている、自然に話しのネタにされる

控えめな性質で自己主張が上手くできないということ。他者から馬鹿にされる人は、言いたいことがあっても胸の内に収めるタイプが多いもの。

自らの意見を持っていても明確に主張することがなく、常に気後れした態度をとっているので、自然に話しのネタにされる機会が増えます。本心をほとんど表に表さない謙虚な面が強くありますが、周りの人たちからは何を考えているか分からないという印象に。

 

| 3.大人なのに身なりもちゃんと整えられない人と見られる

身だしなみに気を配っていないということ。他人から馬鹿にされやすいタイプの人は、あまり清潔感がない場合が多いもの。

シャツの裾が出ているのをはじめ、ストッキングが伝線していたり、雑なネクタイの締め方など服装の乱れも目立つことに。大人なのに身なりもちゃんと整えられない人と見られやすく、これは馬鹿にされるファクトの一つ。

 

| 4.続かない相手と判断されると馬鹿にされることのも繋がる

その局面の空気が読めず、見当外れな発言ばかりになるということ。自らにしか分からない、そんな話題ばかり取り上げるというもの。

更に、ほとんど反応らしい反応もなく、話を理解しているのかどうか分からないような態度にもなります。コミュニケーションがとれて初めて会話になるので、続かない相手と判断されると馬鹿にされることにも繋がります。

 

| 5.更に言動が振れ益々見下されるという悪循環に陥ることも

自分に対する自信がないということ。自分自身の価値観や考え方が固まっていると、自信を胸に振舞えるもの。ただ、周りの人たちの意見に流されやすく自らの意志が固まっていない人物は、自尊心もなく馬鹿にされやすい傾向。

反対されただけで、間違っていたと自己肯定感が下がるので、更に言動が振れ益々見下されるという悪循環に陥ることも。

 

 

 


覚えておくと将来にも役立つもの、小馬鹿にしてくる人の詳細な心理面


 

| 1.馬鹿にしているように見えても、当人はその意識がない

本心でなく、冗談のつもりでおちょくっているということ。端からは他人を馬鹿にしているように見えても、当人はその意識がない場合もあるもの。

深く考えずジョークを言っているつもりで、態度に表したり言葉にしたりしているということです。更に少々シビアなことを言っても許してくれる、そんな相手と見積もっていることもあり、本心から馬鹿にしているわけではありません。

 

| 2.意見を否定することで、自らに力量があると見せつけたい

見下したりして優越感を持ちたいということ。これは自らの考え方や意見が正しいと、信じ込んでいるというもの。

相手の考えや意見を否定することで、自らに実力があると見せつけたい、優位に立ちたいと望んでいます。なので、自身と違う考え方や意見を持っている人を見ると、許せない気持ちが昂じて小馬鹿にすることに。

 

| 3.自身の方が下の立場になるような気がして嫌ということに

素直になれなくて、つい意地悪を口にするということ。仲良くなりたいのに照れくさく、小馬鹿にした言い方や素っ気ない態度になるというもの。

距離を縮めたいと思っていますが、素直になることは自身の方が下の立場になるような気がして嫌ということに。なので、自らさほど気に掛けていない態度を見せようと、小馬鹿にしたようなことを言ったりします。

 

| 4.馬鹿にはせず、単純にアドバイスをしているつもりという

口にしているのは本心で、馬鹿にしている感情はないということ。相手を小馬鹿にはせず、単純にアドバイスをしているつもりというもの。

発言している本人は、もう少しちゃんとと考えたらや何故こうしないなど、率直な考え方を良かれと思って口にしていることに。

ただ、意見を言うときの言い方が直接過ぎたり、使う言葉が辛辣だったりと、最終的に相手を小馬鹿にして見えることも。

引き寄せの法則で、小馬鹿にする人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

鼻で笑われたりの体験は腹立たしいことも。ここでは、小馬鹿にする人の心理を詳しく把握すること、馬鹿にされる時の対応策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。