知っておくと役に立つ、日々を辛くさせない自分が嫌になる時の対処法


暮らしの中で、自分が嫌になる時もあるもの。自らを嫌と感じたら自信も抱けなくなり、仕事や恋愛も上手くいかなくなるかも知れません。

自分のこととは言え、気持ちが揺れ動く瞬間というのは意外と掴みにくいもので、自分が嫌になるのもタイミングで自己嫌悪に。もちろん出来ない自分が嫌になるなど、不甲斐ないケースも多くありますが、女性の場合には例外もあります。

それは生理前や生理中など、ホルモンバランスに左右される時で、人により激しい体調不良を引き起こすことも。情緒が不安定になって、必要以上に自身の情けなさ感じて自分が嫌になることがあります。

そうした自分が嫌になった際、どうしたら良いのかを知っておくと、自己嫌悪に陥っても回復がしやすくなる事に。ここでは、知っておくと役に立つ、日々を辛くさせない自分が嫌になる時の対処法を紹介しています。

 

 

 


知っておくと役に立つ、日々を辛くさせない自分が嫌になる時の対処法


 

| 1.自己嫌悪に陥らないためには、人目を気にし過ぎないこと

他人の目を気にせず、自らの気持ちに素直になるということ。過剰に自身を責めたり、自己嫌悪に陥らないためには、人目を気にし過ぎないというもの。

他人の評判ばかりに気をとられると疲れる上、周りの期待に沿えない自分に失望するなどということも。人目を気にしないで自分らしく、伸び伸びと自らの気持ちに素直になるよう、意識して振舞うと楽になれます。

 

| 2.コンプレックスを感じてしまうと、心が辛くなってきて

他人と比べないようにするということ。自らのことを嫌いだと感じる際、そこに誰かしらが影響を及ぼしているというパターンがあるもの。

自分以外の相対する誰かと比較して劣っているなど、コンプレックスを感じてしまうと、心が辛くなってきてしまうことになりかねません。ほかの誰かと過多に比べたりせず、自分は自分と明確に区切りをつけ、自分らしくあることを大切にします。

 

| 3.どんなことでも良いので自らが好きだと思えることを探す

自らが楽しいと思えることを探してみるということ。自身が嫌いだと感じたり、自己嫌悪に陥ったりすると日々が辛くなるもの。

気分も浮かないそんな時は、どんなことでも良いので自らが好きだと思えることを、探してみることがお勧め。心の底から楽しいと思える物事に出会えれば、現状を変えていく解決案に繋がります。

 

| 4.上手くいかない場合は、自己嫌悪に陥ったりすることに

完璧主義に囚われず、手抜きを覚えるということ。追求する理想が高くなると、現実との隔たりが生じて段々と苦しくなってくるもの。

人間はすべてを完璧にこなすことはできないので、そうなる以前に完璧主義をやめるようにしてみるのも対処法の一つ。完璧主義だと妥協できなかったり、上手くいかない場合は自己嫌悪に陥ったりするので、上手く力を抜くことが重要。

 

| 5.曖昧模糊とした感情が心の底に渦巻くので、自分が嫌に

定期的に気持ちをリフレッシュさせるということ。嫌になったり気分が塞ぎこんでしまうのは、自身の胸の内に曖昧な感情を抱え込んでしまうため。

そんな曖昧模糊とした感情が心の底に渦巻くので、気が付くと自分が嫌になることに。そうなる前に趣味に没頭するなど、定期的にストレス解消することで、ネガティブな感情も思い浮ばなくなります。

 

 

 


自分が嫌になるときは言葉などの名言も必要?陥ってしまう瞬間など


 

| 1.チャレンジしたことに対し上手くいかない、落胆は大きく

何回しても同じ失敗を繰り返してしまう時。自らチャレンジしたことに対し上手くいかない場合、落胆は大きくなるもの。何度チャレンジしても失敗ばかりだと、自らへの失望とともに嫌になってしまいます。

失敗しないよう充分に気を付けていても失敗を繰り返してしまうと、もう嫌だと破れかぶれの気分になることに。

 

| 2.挫折を感じたりした際、もう駄目だと思いやすい傾向に

自身の苦手な部分や弱点を痛感した時。人間は挫折を感じたりした際、もう駄目だと思い込みやすい傾向にあるもの。

自らの欠点を目の当たりにした時や、不得手な部分を思い知った時、一気に自信を失くしてしまうことに。そうしたことが度重なると、自分が嫌いと思い詰めることにもなりかねません。

 

| 3.頑張ったのに、一向に報われなければ落胆も激しくなる

必死の努力が報われなかった時。人間が何事かを頑張れる力の源の一つに、達成感があるもの。自らが掲げた目標に向かい奮闘努力を重ねたのに、少しも報われなければ意気消沈も激しくなることに。

それは仕事でも恋愛でも同じで、努力した挙句上手くいかない時、自分が嫌いだと感じてしまいます。

 

| 4.努力したのに、思うようにはできず失望するというもの

期待を裏切ることになった時。期待に応えようと努力したのに、なかなか思うようにはできず失望するというもの。

他人から依頼された物事はちゃんと切り盛りしてみせたいものですが、上手く進まず自分が嫌になることに。他の人の期待を裏切ってしまったと、自責の念が大きくなった挙句に自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

 

 


現実を突きつけられ自分が嫌になるもの、知っておきたい詳しい原因面


 

| 1.自分自身を責めてしまう傾向は、自己嫌悪に陥りやすい

自己肯定感が低く、自信が抱けないということ。過剰に自分自身を責めてしまう傾向のタイプは、自己嫌悪に陥りやすいもの。

自己評価が低い状態の場合、何かにつけ自らを駄目な奴と思い込み、自らの評価を低く見積もることに。そうなると些細なことであっても自身を卑下してしまい、自分が嫌になります。

 

| 2.何かに躓いたときギャップが表面化して、自分が嫌になる

現実と理想の隔たりが大き過ぎるということ。自己肯定感はとても大事なものですが、背伸びをして己に自信を持ち過ぎるのも考えもの。

自らへの期待値をあまりに高めてしまうと、現実の自分自身の姿との間に隔たりが生じることになります。それに気付かないまま自分の理想像を追い求め続けると、何かに躓いたときギャップが表面化して、自分が嫌になるということ。

 

| 3.真面目さが全面に出て、一人で背負い込んだ挙句どうにも

責任感が強く、自分で抱え込みやすいということ。生真面目と呼ばれる人物は責任感も人一倍強く、一人で問題を抱え込む傾向にあるもの。

人を頼れば解決できそうなことでも真面目さが全面に出て、一人で背負い込んだ挙句どうにもならないことに。そうしたことが切っ掛けとなり自己嫌悪に陥ってしまい、何度も続く負のスパイラルの道を辿ります。

 

| 4.自らに責任がないケースでも自分がいけないと思いがち

自らに対し劣等感を抱いているということ。自らに自信を抱けずにいると、当然評価も低くなるので、コンプレックスが生まれるもの。

そうした劣等感が強いと、何か上手くいかないことが生じた際、自らに責任がないケースでも自分がいけないと思いがち。余りに自分自身に自信がなさ過ぎると、こういった自己嫌悪を感じる要因のひとつにも。

 

 

 


理想と現実の隔たりが大きいことがあるもの、自分が嫌になる人の特徴


 

| 1.自己嫌悪に陥りやすい人物は、過去に捉われやすい特徴が

気持ちの切り替えが下手で、過去の失敗を引き摺るということ。自己嫌悪に陥りやすい人物は、過去に捉われやすい特徴があるもの。

失敗をした際に反省で済ませるところを、気持ちを切り替えられず、何時までもそれが頭から離れず思い悩むということ。こういう人は自分を責める傾向があり、問い詰めた結果に自分が嫌になることに。

 

| 2.理想が高くなるほど現実との間にギャップが生じてしまう

完璧主義でプライドが高いということ。自身が思い描く理想像を追い求めてしまう人物も、自分に嫌悪感を抱きやすいというもの。

プライドが高い人物は失敗を許せない傾向にあり、高い理想になるほど現実との間に隔たりが生じてしまいます。上手くいかない時に、実際の自らの姿を受け入れられず、意気消沈して自らが嫌いだと感じることに。

 

| 3.良くないと感じる事柄が起きる度、自らを責め自己嫌悪に

ネガティブ思考で悲観的な方向に、物事を捉えるということ。自分が嫌になってしまう人物は、物事をどうしても悪く捉えてしまいがち。

現実にはさほど憂う状態ではないにも関わらず、駄目だと決めつけ悪い方向へと考えが向かってしまいます。そういったネガティブ方向にむかって考える人だと、良くないと感じる事柄が起きる度、自らを責め自己嫌悪に。

 

| 4.褒められたり認められたり、安心感を得たいということに

承認欲求が強いということ。自己否定をしがちな人物は、人からの評価を極端に気にするケースがあるもの。自分に自信がないので、他の人から褒められたり認められたりして、安心感を得たいということに。

そうした強い承認欲求を胸の内に抱えているのに、思ったほど人から認められないと、段々と自信のなさが表沙汰になり自らが嫌いになります。

引き寄せの法則で、自分が嫌になることを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

嫌になるのもタイミングで自己嫌悪に。ここでは、知っておくと役に立つ、日々を辛くさせない自分が嫌になる時の対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。