独占欲が強い男の末路が気に懸かるもの、支配に繋げない付き合い方



女性から見ると、独占欲が強い男性が重荷になることがあるもの。そんな男性と付き合っていると、嫉妬や束縛が辛くなることになりかねません。

そもそも独占欲というのは、自分だけのものにしたい気持ちや、自らのものとして独り占めしたい感情を指します。独占欲が強い男性は職場などにもいて、恋愛などでは嫉妬心が強いのが特徴です。

但し、この独占欲はエスカレートすると、支配欲に繋がるものとされ、女性が怖い目に合うことになりかねません。

支配欲が強い人物は、相手を自分の思い通りにさせたいという気持ちが強く、歯向かうことで気持ちが混乱しやすくなります。

ここでは、独占欲が強い男の末路が気に懸かるもの、支配に繋げない付き合い方を紹介しています。

 

 

 


独占欲が強い男の末路が気に懸かるもの、支配に繋げない付き合い方


 

| 1.女性の信用を失うと、更に嫉妬心が湧き上がる傾向にある

隠し事はしないということ。独占欲の強い男性というのは一回でも相手の女性の信頼を失うと、更に嫉妬心が湧き上がる傾向にあるもの。

不真面目なことがあるのではないかや、まだ隠し事があるのではと疑い続けるので、男性も辛いですし女性も追い詰められます。隠し事は一度でも明るみになると、信用が大きく損なわれるので、しないような付き合い方を心掛けます。

 

| 2.自信がない男性は、独占欲が強くなる傾向が多いものです

上手に褒め自尊心を満たすということ。女性に好かれている自信がない男性は、独占欲が強化される傾向が多いもの。

付き合えて幸せなどと伝え、特別だということをアピールし、男性に自信を持たせて上げることが重要。上手に褒めて上げると、独占しなくてもプライドが満たされるので、束縛状態や嫉妬心が減少する傾向にあります。

 

| 3.スキンシップを多くとる、束縛も減って信頼関係を築く

愛情表現を多くし安心させるということ。不安な気持ちが昂じていくことで独占の気持ちが強くなる傾向にあります。

なので、不安な気持ちを取り除き、安心させて上げることができれば、独占欲を抑えることができます。スキンシップを多くとるなどすることで、束縛も減って信頼関係を築くことができます。

 

| 4.上手く付き合おうとして我慢し過ぎる、女性の方が疲れて

意見を正直に伝えるということ。男性の独占欲と上手く付き合おうとして我慢し過ぎると、女性の方が疲れてしまうもの。

休息のため自分一人の時間が一日2時間は必要など、時には正直に自らの意見を男性に伝えることが重要。そのときは理由を述べると男性を納得させやすくなり、独占欲を抑えることに結び付きます。

 

| 5.自分の愛情が女性の愛情より上回っている、そんな思いを

好意を数多く伝えるということ。独占欲が湧き上がる状態の一つに、男性が自分の愛情が女性の愛情より上回っている、そんな思いを抱いているというもの。

男性側が自分と女性の愛情が釣り合わないと感じていると、心配な気持になって独占したい欲求が強まります。結果的に、男性に対して好意を数多く表現していくと、同じくらい女性が好きでいてくれると感じ安心するので、独占欲も薄まりやすくなります。

 

 

 


スケジュールを把握したがることもあるもの、独占欲が強い男性の特徴


 

| 1.それを態度に出す男性は、基本的に我が儘な人というもの

思い通りにならない場合、すぐ不機嫌になるということ。独占欲が高くそれを態度に現わす男性は、基本的に我が儘な人というもの。

独占したい気持ちは大なり小なりあるものですが、その気持ちを抑えられず相手に求めるのは、度が過ぎると身勝手な行動になります。結果的に、独占欲が強い男性は不機嫌な態度を見せやすく、それが周囲の人たちにも伝わります。

 

| 2.男性と話していることが許せず、そんな姿をは見たくない

他の男性と話さないでと要求するということ。独占欲の強いタイプは、女性が他の男性と話していることが許せず、そんな姿をは見たくないと考えるもの。

男性と話している間に浮気に発展するのではないか、そんな思いが言葉になってしまいます。自分以外の男性と話すことがなくなった場合、スマホで連絡していると疑心暗鬼になり、嫉妬心から我慢ならないこともあります。

 

| 3.素肌を見られるのに耐えられない、そんなところも独占欲

露出の多い服を着させないということ。自分以外の男に女性の素肌を見られるのが我慢できない、そんなところも独占欲が強いというもの。

肌の露出度が高いのを見て、男性が言い寄ってくるのを恐れる気持ちから、それを阻止しようとします。独占欲の高い男性は、女性に他の男性が言い寄ってこないよう、露出の高い服は着ないことを求めます。

 

| 4.確認のためもあり、俺のこと好きと尋ねてくる男性が多い

自分が好きか、確認してくるということ。独占欲の強い男性は自らに自信がないことが多く、安心感を求め言葉で確認をしたがるというもの。

女性が自身のことを本当に好きなのかや、他の男性に気持ちが揺れていないかなどの不安をいつも抱えています。結果的に確認のためもあり、俺のこと好きと尋ねてくる男性が多い傾向にあります。

 

| 5.そんな風に考えているのも独占欲が強い男性というもの

休日はできる限り会おうとするということ。休みの日は女性と過ごすのが当然、そんな風に考えているのも独占欲が強い男性というもの。

常識的には、友達付き合いがあったり、家族との時間も大事にしたいところですが、独占欲が高い男性はそういった時間に休日を当てない傾向。

休日は女性と過ごすのを基本としてしていて、約束をしていなくても身勝手に会おうとし、強要してくることになりかねません。

 

 

 


独占欲が強い男性はプレゼントも困るもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.相手側を疑う気持ちから、独占欲が強くなってしまうと

女性が浮気しないか不安という心理状態。相手側を疑う気持ちから、独占欲が強くなってしまうというもの。特に浮気を疑ってしまう男性は多くいて、防ぐやり方として束縛を選んでしまうことになりかねません。

浮気をしないかという不安が逆に支配欲に繋がり、独占に行きついてしまっていて、独占欲を緩めるのは難しくなります。

 

| 2.目移りすることを、独占欲が強いタイプの人物は許せない

自分だけを見て欲しい心理状態。女性が自分以外の男性に目移りすることを、独占欲が強いタイプの人物は許せないもの。

目移りするのはほとんどの男性が嫌がりますが、独占欲が強いタイプは自分だけのものとしたい、そんな気持ちが強く極度に嫌がります。

常に自分自身を見ていて欲しいので、男性を目で追ったり笑顔をみせたりすると、些細なことでも嫌な気持ちになりかねません。

 

| 3.自分のものという意識が強く、あらゆることを把握したい

全てを知りたいという心理状態。独占欲の強い男性は女性に対し、自分のものという意識が強く、あらゆることを把握したいもの。

例を挙げると、自身のスマホが現在何処にあるか、そんなことを把握していないと不安になるようなものです。それと同じ感覚で、女性が何処にいて誰といるのかなど、全てを把握していないと不安になってしまいます。

 

| 4.好きで堪らないという心理、独占欲をエスカレートさせる

女性のことが好きすぎる心理状態。相手のことが好きで堪らないという心理が、独占欲をエスカレートさせる要因となるもの。

人を好きになると、一緒にいたいという気持ちが高まり、他の人が近くにいるとそこを離れたくなります。自分だけと一緒にいて欲しいという気持ちが高まり、独占欲が強くなっていきます。

引き寄せの法則で、独占欲が強い男を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

嫉妬や束縛が辛くなるになりかねません。ここでは、独占欲が強い男の末路が気に懸かるもの、支配に繋げない付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。