自分で決めた道を歩くこと、これから過ごす人生を後悔しない生き方


誰しも生きていく上で、後悔の感情は持ちたくないもの。しかし、後悔することを怖がって思い切った行動ができないと、人生が中身の薄いものになります。気掛かりや不安なことがあると、そのことばかりを思ってしまい、目の前にあることにさえ集中できないということも多くあります。

そのことがさらに後悔に繋がることにも。これまで生きてきた人生を振り返ってみると、本当に自分で考え判断してきたか疑わしいもの。誰かがセットアップした道を歩き続けたと感じる場合、今後の人生も道を外れない可能性が大。

考えてみると、それは自分の人生ではないかもしれません。誰にとっても自分の人生は一度きりなので、充実した今現在を過ごしたいものです。ここでは、自分で決めた道を歩くこと、これから過ごす人生を後悔しない生き方を紹介しています。満ち足りた未来を志しましょう。

 

 

 

 


懺悔と反対をすることが有効、後悔しない人生を送るためのポイント


 

後悔しないように生きるということは、よく言われる死の瞬間の懺悔に関連しています。それは懺悔しながら、この世から旅立った人のパターンを調べること。

そして、それとは逆の行動をします。つまり後悔しない生き方とは、死の瞬間においての懺悔を失くすということです。それぞれのポイントを見てみましょう。

 

| 1.働き過ぎ、家族に寂しい思いをさせてきたという懺悔など

最初は働き過ぎたということ。これは、働き過ぎたため、大切な人を大事にできなかったという懺悔。例を上げると、退職した途端に誰からも相手にされず、孤独になるということ。家族だけが愛してくれていたのに、働き過ぎてその家族に寂しい思いをさせてきたという後悔

これは人生で価値のあるものは、物質的な豊かさではなくて経験ということに繋がります。心理学でも、物質ではなく経験により幸福度が上がるとされています。

 

| 2.欠点ばかりに目を向け、不満ばかりを口にしていた懺悔

感謝のない生活を過ごしたという懺悔。普段の日常の暮らしのなかに、素晴らしいことが数多くあるのを忘れていたということ。目が見えるのはもちろん、耳が聞こえたり、家族や友人がいることなど。

さらに求めるものは何でも揃い、きれいな自然が広がっているなど、素晴らしい環境で過ごしています。それなのに欠点ばかりに目を向け、不満や文句に愚痴ばかりを口にしていたという懺悔。

 

| 3.世間の目を気にする、1度きりの人生が台無しという懺悔

人の目を気にし過ぎて生きてきたという懺悔。人の目を気にし過ぎて、自分らしく生きて来れなかったということ。これは多くの人が思うところで、人生の後悔の半分ほどともされています。

世間の目を気にすることで、本当の幸せを掴めなかったという思いや、1度きりの人生を台無しにしたという懺悔がこれ。逆をとると、自分の人生は自分で決める、そんな覚悟が必要なのかも知れません。

 

 


ぜひ知っておきたい、たった今から後悔しない生き方するための方法


 

| 1.目を気にし過ぎたりすると、今現在を生きることは困難に

懺悔の項でもありましたが、周りの目を気にしないで生きるということ。他者が自分をどう思っているのか、気にすることは別に悪いことではありません。ただ他人の考え方に振り回されたり、目を気にし過ぎたりすると、自分の今現在を生きることは困難になります。

不安なことや心配事があると、目の前にあることに集中できなくなることも。そんなときは、本当にその不安なことや心配事が、今の自分に必要なのか俯瞰すること。自分の今現在を、本音で生きることが大事。

 

| 2.過去を悔やむ時間、失敗から学ぶことで自分の成長に繋ぐ

過去を悔やまないということ。過去の失敗や過ちは、つい思い起こしてしまうもの。ただ、今まで生きてきた人生や、すでに発生してしまったことを変えることはできません。

時間は平等なので、過去を悔やむ時間があれば、失敗から学ぶことで自分の成長に繋げることが大切です。これができれば、たった今から後悔しない生き方ができること請け合い。

 

| 3.やるべきことを行い、後悔することのない毎日を過ごす

明日やろうということを止める。何かを思いついたり行動を起こそうとしたりする際、面倒に感じると明日にしようと後回しにするもの。これはすぐやらないと、先延ばしにすることが多くあります。

少し手間が掛かることであるほど、たった今行います。やるべきことはきちんとを行い、後悔することのない毎日を過ごすことが大切。仕上がったときは、身も心もすっきりし、心地よい気分になります。

 

| 4.目の前のことに没頭する集中力を身に付けることが大切

目の前にあることに集中するということ。充実した人生を過ごしている人たちを見ると、目の前のことに懸命になっています。不安なことや心配事があると、目前の人との会話も集中できないもの。

気持ちを切り替えて、目の前のことに没頭する集中力を身に付けることが大切です。目の前にあることは、この瞬間だけのこれしかないことだと感謝して過ごします。

 

| 5.成長するため、悩むことと解決策を見つけることは違う

難しいことの一つですが、悩まないで生きるということ。日々生きていれば誰しも悩むことがあります。ただ、悩みの先には成長が待っていることを理解します。

悩むこと自体と解決策を見つけることは違うものなので、成長するためには、ただ悩んでいるだけでなく、解決策を見つけることが大事。落ち込んだりして気分が乗らないときは、思い切って旅行に出かけたりすると、気分転換になり解決策も見つかるもの。

 

 

 


偉人の名言や本からこぼれてくる、自然とも言える後悔しない生き方


 

| 1.気持ち良く生きていきたい、劇作家シェイクスピアの言葉

人は心が愉快なら一日中歩いても嫌になることはありませんが、心に憂いを持っているとわずかな距離でも嫌になるもの。人生の進路もこれと同じことで、人はいつも明るく愉快な心を持ち、人生の進路を歩まなけれなりません。

これは英国の劇作家シェイクスピアの言葉。快適に人生を過ごしたいですね。

 

| 2.心の奥底から響く、目標を自分に教えてくれるのは直感

たいていの人は本当になにが欲しいのか、心の中では分かっています。ただ人生の目標を自分に教えてくれるのは、直感だけ。それに、そ知らぬ素振りをして、耳を傾けない人が多過ぎるのです。

これは米国の女性ビジネスコンサルタントである、バーバラ・ブラハムの言葉。心の奥底から響く、直感を信じたいですね。

 

| 3.福沢諭吉の言葉、本当に深く考えず目前のことを一生懸命

人生は芝居の如きもの、上手な役者が物乞いを演じることもあれば、三文役者が殿様となることもある。なので、あまり人生を重く受け止めず、捨て身になることで、何事にも一心不乱となすべし。

これは明治の偉人、啓蒙思想家の福沢諭吉の言葉。本当に深く考えず、目の前のことを一生懸命したいですね。

 

 

 


思い浮かぶ項目のうち圧倒的に多い、恋愛における後悔しない生き方


 

| 1.3人に1人以上と多数、最も後悔しているとしたのが恋愛

UIUC大学マイク・モリスン教授の研究によれば、学業をはじめ就職や恋愛、自己啓発、経済的問題、家族、身体的な健康、精神的な健康などの中で、後悔している事の圧倒的な1位が恋愛

参加者に聞いたことは、しなければ良かったことや、何故そんな事したのかなど。人たちが最も後悔しているとしたのが恋愛で、3人に1人以上と多数を占めています。

 

| 2.愛する人との関連、所属感を構築するのに決定的な役目

恋愛を最も後悔しているしたことは、恋愛を通して得るものや失うものが多いということ。人間というのは社会的な動物とされ、誰かとリンクしている所属感が生きていく上では非常に重要です。

なので自分の存在を肯定し、価値を認めてくる人を通じることで、生きていると実感するから。特に愛する人との関連は、所属感を構築するのに決定的な役目を担います。

 

| 3.深い愛であるほど、後悔する前に思い切ってチャレンジ

そもそも告白もできないで、恋愛を始めることすら出来ない場合もあります。告白をする前に留学や転勤などで離れ離れになるのは、感じる喪失感と空虚感は簡単に埋められないもの。

深い愛であればあるほど、深い傷を残すものなので、後悔する前に思い切ってチャレンジ。恋愛における後悔をしないようにします。

いい大人のためのラブレター。

いい大人のためのラブレター【シカケテガミ】

 

まとめ

怖気づいて大胆な行動がとれない残念さ。ここでは、自分で決めた道を歩くこと、これから過ごす人生を後悔しない生き方を紹介しています。明日のために、ぜひお役立てください。