図々しい人の末路も気に懸かるもの、上手い断り方と具体的な撃退方法



身近な所にも、図々しい人がいるもの。他の人に迷惑をかけても平気でいたり、身勝手で恥を知らないなど呆れてしまうようなタイプ。

もともと図々しいという言葉は、図に乗ったり図太いなどがあるように、良い意味で使われることは滅多にありません。結果として、その印象は何となく苦手とかというものが多く、図々しい人が嫌いということにもなりかねません。

職場の同僚もそうですが友人関係など図々しい人に遭遇した場合、無理な要求を出されることがあり身を守る必要があります。

そのためには相手の心理や特徴など良く知り対応を覚えておくと、、関わらなければならない際に役く立つこと請け合い。

ここでは、図々しい人の末路も気に懸かるもの、上手い断り方と具体的な撃退方法を紹介しています。

 

 

 


図々しい人の末路も気に懸かるもの、上手い断り方と具体的な撃退方法


 

| 1.断られるのを嫌うので、強く意思表示を示していくという

明確に断るということ。図々しい人はきちんと断られるのを嫌うので、強く意思表示を示していくというもの。

己が嫌なことは明確にNOという勇気が大切で、そうするとやたら滅多ら頼られるようなことは減っていきます。

気に入らない態度をとれば怒るかも知れない、そんなことを考えますが、離れていくのは反対に好都合で利用されないよう警戒します。

 

| 2.見られるのが、個人的なことに関して質問攻めにすると

プライベートなことを明かさないということ。図々しい人に良く見られるのが、個人的なことに関して質問攻めにするというもの。

次から次へと色々な質問をしてくるので、気軽な気持ちで相手をしていると、己のプライベート情報を段々と聞き出されてしまいます。直感で図々しい人と感じた際は、己のことは余り公開しない方が賢明で、曖昧に避けていくようにします。

 

| 3.依頼をされたケースでは、素っ気なく断り難い場面もある

依頼をされた時は、己にメリットがあることを要求すること。図々しい人から依頼をされたケースでは、素っ気なく断り難い場面もあるもの。

そうした時は一方的に依頼を受け付けるのではなく、代わりにこれをして貰うと良いと、己自身にメリットがある方向へと仕向けます。

物品の貸し借りをはじめ職場内での仕事分担、夫婦間の子供のお迎えなど、様々なシチュエーションで役立つ具体的な撃退方法です。

 

| 4.職場の上司や同僚のケースでは、具体性を常に求めると

上司や同僚のケースでは、具体性を求めるということ。図々しい人と関わってしまう職場の上司や同僚のケースでは、具体性を常に求めるというもの。

理不尽な指示や依頼をされた場合、細かくできる限り具体的に内容を明示するように求めていきます。図々しい人は面倒臭いことを嫌がる傾向にあり、より多く具体的なことを尋ねることにより、声を掛けられる可能性が低くなります。

 

| 5.分かっていても関係を一切合切断っていくのは難しいもの

最低限の付き合い方にするということ。職場の同僚などの場合、分かっていても関係を一切合切断っていくのは難しいもの。

完全に関係を断ち切るのは困難でも、徐々にフェードアウトしていって、必要最低限の付き合い方をすることは可能です。

要求や誘いを言葉を選んで断り続けていると、図々しい人も頼み甲斐がないと捉え去っていくこともあります。

 

 

 


エピソードなども耳にするもの、注意しておきたい図々しい人の特徴面


 

| 1.危険になりそうな際、人に責任転嫁し逃亡するのが上手い

都合が悪ければ責任回避し逃げるということ。図々しいタイプは、己の立場が危険になりそうな際、人に責任転嫁し逃亡するのが上手いというもの。

職場などで問題が起こった時も、部下や同僚が知らないうちに責任転嫁し、己自身は直接関係ないという姿勢をとることもあります。

こうした責任回避はというのは自己保身の表れで、厄介事に巻き込まれそうな時は、適当な理由をつけ逃げてしまいます。

 

| 2.最優先に振舞う、社会のルールを平気で無視することも

平気な顔で割り込みするということ。図々しい人は己自身のことを最優先に振舞うので、社会のルールを平気で無視することもあるもの。

皆が整列をし電車を待っている時に、横から入り込んでみ空席に座ってしまうなど、そうした行動は典型ともいえるパターン。

座りたかったり待つのが嫌いなど、己の気持ちを最優先させるので、周りの人たちを無視した図々しい行動になります。

 

| 3.強欲な部分があり、あわよくば人の品物でも手に入れたい

借りて返品しないということ。図々しい人は基本的に強欲な部分があり、あわよくば人の品物でも手に入れたいと思うもの。

人のものでも己の物のように感じていて、品物を借りても言われない限り返さないことになりかねません。これは金銭面でも同じことで、図々しい人にお金の立て替えを頼まれたケースでは、返ってこないと思った方が賢明かも知れません。

 

| 4.パターンが、話題の中心にいないと気が済まないという

無理に関係のない会話に割り込むということ。特に図々しい女性に多いパターンが、話題の中心にいないと気が済まないというもの。

周囲の人たちが己に関係のない会話をしている時も、何々などと言い割り込んで会話に参加しようとします。

これは強い自己顕示欲で注目されたいことの表れで、己自身に無関係の話題にも首を突っみ、周囲の人たちの苛立ちも全く関係ありません。

 

| 5.欲しがったり、羨ましがるのも図々しい人の傾向という

他人の物品に魅力を感じると、欲しいと口走るということ。他の人が持っている品物を極端に欲しがったり、羨ましがるのも図々しい人の傾向というもの。

欲しいと言っておけば貰えるかも知れない、そんな隙あらばという気持ちが働いています。欲しい気持ちが強過ぎて、己こそ相応しいと言わんばかりの振る舞いに出ることもあり、何回も続くと煩わしくなりかねません。

 

 

 


図々しい人の対応に困惑することもあるもの、知っておきたい心理状態


 

| 1.見られるのが、他者からの評価を全く気に掛けないという

他者にどう映るかは気にしないという心理状態。図々しい人に見られるのが、他者からの評価を全く気に掛けないというもの。

周りの評判を気に掛ける人は図々しい態度はしませんが、気にしていないので悪びれず、陰口を叩かれても平然としています。他人から嫌われたりどう映るかを全く気にしないので、図々しい振る舞いや態度に出れるという訳です。

 

| 2.そうした自分勝手な人は図々しい振る舞いをしがちなもの

己さえ良ければと考えている心理状態。どんな時でも己中心に回っていると考える、そうした自分勝手な人は図々しい振る舞いをしがちなもの。

周りの迷惑や気持ちを振り返ることもなく、己の意見を最優先させたり欲求を満足させるところが、図々しい人というイメージに結び付きます。

己の我が儘や主張が通らない場合、急に不機嫌になったり、己を棚に上げ怒ったりすることも少なくありません。

 

| 3.親の地位が高い家庭で育っていることが珍しくないもの

己自身を偉いと思っているという心理状態。図々しい人は経済的に裕福な環境や、親の地位が高い家庭で育っていることが珍しくないもの。

そうした恵まれた状況で育った人は、親が偉いので己も偉いと勘違いすることも多く、図々しい行動に結び付きかねません。

幼少期から我が儘や主張が通る環境がある場合、大人に成長して同じ態度を取り続けることになるので、周りから図々しい人と捉えられかねません。

 

引き寄せの法則を使って、図々しい人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やす方法を使って、図々しい人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

恥を知らない呆れてしまうような人物。ここでは、図々しい人の末路も気に懸かるもの、上手い断り方と具体的な撃退方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。