理不尽な上司の末路も気懸りなもの、パワハラを回避する具体的な対応



身の回りを見渡すと、理不尽な上司がいるもの。自らの思惑通りにならない時や、反論されたりした場合に不機嫌になるタイプ。

上司と言っても人間なので様ざまなタイプがいて、頼り甲斐があり何でも相談できる人物なら職場環境も快適。

但し、指導を叱ることと同じように捉えてしまっている上司や、気分次第で仕事をしている上司はすぐに逆上したりします。

もちろん上司の業務の一つには、部下の指導があるのも間違いありませんが、理不尽な上司との付き合い方に悩むことになります。

実際に理不尽な上司が多いのも事実で、簡単に変えることは難しく、自ら対処法を見つけていくことにもなりかねません。

ここでは、理不尽な上司の末路も気懸りなもの、パワハラを回避する具体的な対応を紹介しています。

 

 

 


理不尽な上司の末路も気懸りなもの、パワハラを回避する具体的な対応


 

| 1.理不尽な態度や振る舞いを避けられる可能性が高くなる

依頼された業務は速やかに済ませるということ。上司に対してストレスを与えなければ、理不尽な態度や振る舞いを避けられる可能性が高くなるもの。

上司も人間なので、期待に応えてくれる部下を捨てておくような扱いをすることはありません。

理不尽な上司を忌嫌うのではなく、歩み寄り力を貸す付き合い方をすれば、態度も変わり理不尽な行動も減っていきます。

 

| 2.コミュニケーションを薄くして受け流していくというもの

差し障りのない会話をし受け流すということ。理不尽な上司とストレスなく付き合っていくには、コミュニケーションを薄くして受け流していくというもの。

日々顔を合わせる直属の上司では関係の悪化に繋がりますが、たまに顔を合わせる程度の上司であれば効果的。

適当に相槌を打ったり会話に合わせリアクションをしたりと、乗り切ることが大切でできる限り近づかないようにします。

 

| 3.励まし合う仲間がいる、その分だけストレスが軽減される

同期や部下と示し合わせるということ。一緒に戦ってくれたり励まし合う仲間がいると、その分だけストレスが軽減されるもの。

同期や部下と示し合わせて仕事をすることで、理不尽な上司から受けるストレスにも耐えられます。

根本的な解決には繋がりませんが、ともに辛さを分かち合うことで、ストレスで潰れることはなくなります。

 

| 4.上司の中には、目上の人物に従順という傾向がある人も

理不尽な上司より立場が上の上司に相談してみるということ。理不尽な上司の中には、目上の人物に従順という傾向がある人もいるもの。

怖くて直接伝えられなかったり伝えても伝わらない際は、理不尽な上司より高い役職の人物に伝えるという対応をします。

改善する可能性は高くなりますが、逆恨みをされる可能性もあり、伝え方や後のフォローは必須というもの。

 

| 5.どうしても耐えられなときは、部署異動を相談してみる

部署異動がきないか掛け合うということ。部下は上司や先輩を選べないので、どうしても耐えられなときは、部署異動を相談してみるというもの。

顔を合わすことがなければ、理不尽な態度や行動に悩ませされることもないので、パワハラを回避する具体的な対応の一つ。

人間には単に相性が合わずどうしようもないという場合もあり、上手に付き合おうと努力しても無理なことがあります。

 

| 6.手っ取り早く上司や先輩を入れ替える対応法というもの

改善がない際は転職を検討するということ。転職して職場を変えることは、手っ取り早く上司や先輩を入れ替える対応法というもの。

理不尽な上司のせいで自らのキャリアを変えてしまうのは納得いきませんが、上司に改善の余地がなければ転職も一つの方法。

但し、上司と上手くいかないのが自分自身に原因があるときは注意が必要で、転職したとしても同じことを繰り返す可能性があります。

 

 

 


理不尽な上司の例は数多くあるもの,知っておきたいその詳しい特徴面


 

| 1.起伏が激しく理不尽な憂さ晴らしをされたら堪らないもの

感情の起伏が激しいということ。人間は誰しも気分が優れない時がありますが、感情の起伏が激しく理不尽な憂さ晴らしをされたら堪らないもの。

部下を率いていくという責任がある立場なので、本来なら感情により気持ちの浮き沈み出すべきではありません。

本当に仕事を成功させたいならいざ知らず、感情に突き動かされてしまうのは、上司としての責任感の欠如や自覚が足りないところがあります。

 

| 2.当たり前ですが上司は部下の業務の進捗状況が気になる

心配性で仕事の進捗を把握したがるということ。部下の失敗は上司の責任になるので、当たり前ですが上司は部下の業務の進捗状況が気になるもの。

但し、何でもかんでも首を突っ込んでしまうと、信頼されていないと部下もモチベーションが低下しかねません。

本来は信じて任せるのが上司の役割の一つですが、心配性の余り度が過ぎてしまい、常に報告を求めたり口を出す傾向があります。

 

| 3.怒りやすい人だけ叱責、気に入っている部下には優しい

人により接し方を変えているということ。理不尽な上司は怒りやすい人だけ叱責、気に入っている部下には優しい態度をとるもの。

もちろん部下の個性に合わせ成長を促すために、接し方や怒り方を変えているのであれば問題はありません。

但し、好き嫌いや気分次第で態度を変えるのは、理不尽とされる典型的な行動パターンです。。

 

| 4.役割の一つには、仕事の成果に対し責任をとるという側面

無茶振りを平気でするということ。上司の役割の一つには、仕事の成果に対し責任をとるという側面があるもの。

責任を取るので上司という立場にいますが、部下に適当に仕事を任せたり、到底できない業務を振ったりするのは無責任な上司になります。

更に、取り組んでいる仕事が失敗した場合、責任を部下に押し付けるのも理不尽な上司に良く見られるところです。

 

 

 


理不尽な上司は辞めたいなどの退職に繋がるもの、注意したい心理面


 

| 1.思惑通りに動かせれば、非常に楽に仕事が進行できるもの

部下を自らの思惑通りに動かしたいという心理面。上司は部下を思惑通りに動かせれば、非常に楽に仕事が進行できるもの。

反抗することなく部下が従順に従ってくれる場合、ストレスを感じることもなく業務が順調に遂行できるからです。

理不尽な上司というのは、狡猾なところがあり自らのことしか考えていない、そんな身勝手な心理を持っていると言えます。

 

| 2.部下の提案等を受け入れると、敗北感を感じてしまうと

自らの意見や考え方が正しいと考えているという心理面。自分より下の立場の人間を見下しているので、部下の提案等を受け入れると、敗北感を感じてしまうというもの。

上司という立ち位置の自覚から自分自身は優れている、そうした錯覚が生じているような状態です。

自らが正しいと信じ込んでいて疑わないので、それに反対する意見を持つ部下のことはとても受け入れられません。

 

| 3.役割は違いますが部下より優れた立場を感じるというもの

指摘することで自らを大きく見せたいという心理面。上司というポジションになった場合、役割は違いますが部下より優れた立場を感じるというもの。

但し、上司の中には自信を持てなかったり、部下から尊敬されないと不安感を募らせる小心者もいます。

そうした上司は部下に指摘したり叱責することで、人より上に立っていることに安心感を得たり、優越感を得たいと思っています。

 

 

 

まとめ

反論されたりした場合に不機嫌になる。ここでは、理不尽な上司の末路も気懸りなもの、パワハラを回避する具体的な対応を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。