約束を守らない人の末路も気になるもの、上手く付き合う具体的対処法



身の回りを見渡すと、約束を守らない人がいるもの。周りの人たちの迷惑になることも多く、いったいどんな考え方をしているか困惑することにもなりかねません。

一方で約束を守る人というのもいて、約束守れない人との双方の傾向の隔たりに愕然とすることになります。約束を守らない人は彼女や彼氏の場合もありますが、自分自身の非を棚に上げ他の人の責任にする癖があります。

他人から怒られたり批判されたりするのが嫌という人で、自己保身から約束を破っても、謝るどころか他のせいにすることにもなりかねません。

なので、そういった約束を守らない人が身近にいるときは、それなりの対応をしていく必要性があります。

ここでは、約束を守らない人の末路も気になるもの、上手く付き合う具体的対処法を紹介しています。

 

 

 


約束を守らない人の末路も気になるもの、上手く付き合う具体的対処法


 

| 1.計画性がないタイプは、つい約束を後回しにしてしまう

早めに期限を設定して伝えるということ。約束を守らない人や計画性がないタイプは、つい約束を後回しにしてしまうもの。

約束を後回しにさせないためにも、約束を守らない人には敢えて期限に余裕を持たせるよう心掛けます。約束の期限を1週間程度早めに伝えておくと、直前にトラブルが生じたり期限に遅れた場合も慌てずに対応できます。

 

| 2.一つが、細かく確認して単純に約束を忘れさせないという

確認を何回もするということ。約束を守らない人への上手く付き合う具体的対処法の一つが、細かく確認して単純に約束を忘れさせないというもの。

口約束だけでないのはもちろんのこと、約束の内容や期限などをメール等で送り、約束の内容を可視化します。

こうして約束を何回も確認し忘れないようにすることにより、失念したという理由で約束を破ることも減少します。

 

| 3.相手に対して許して貰える、そんな甘い考えを持っている

許せないことを伝えるということ。約束を守らない人は相手に対して許して貰える、そんな甘い考えを持っているもの。

こういった考え方を改めさせるには、約束を守らなかった場合、許せないことを明確に伝えることが重要。約束を反故にした時は距離を離したり、次回に違約した際は縁を切るなど、相手にとり不利になる条件を出します。

約束を破ったら許さない、そんな強い姿勢に出ると、次の約束は破らないよう改心するかも知れません。

 

| 4.変えようとしない場合、破る癖は改善されることはない

期待せずに応対するということ。約束を守らないタイプの人物が抜本的に習慣を変えようとしない場合、破る癖は改善されることはないもの。

約束を守ってくれると相手側に期待をすると、損をしてしまうケースも多く、大きく望まないことも上手く付き合う具体的対処法の一つ。

相手と約束する際は、例え守られなくても良いような口約束にしておくと、怒ったりもしないで運が悪かったと諦めることができます。

 

| 5.ケースでは、破ることがないよう行動に注意するという

行動を細かく確認するということ。約束を守らない人物が恋人や親しい友人のときは、破ることがないよう行動に注意するというもの。

約束の前日に他の案件はないと尋ね予防線を張ったり、明日の日程や内容を伝えたりします。こうして相手に約束を破らせない状態を作り出すのも、上手く付き合う具体的対処法の一つ。

 

 

 


中国人や韓国人は約束守らないと言われることもある、注意したい特徴


 

| 1.物事に対して責任感がなく自分自身に甘いというものです

何事に対して普段からルーズということ。約束を守らない人に見られるのが、物事に対して責任感がなく自分自身に甘いというもの。

こういった人は、任された仕事の納期が守れなかったり、時間にルーズで寝坊したり待ち合わせ時間に遅れることが頻繁にあります。また整理整頓が不得手でよく物を失うなどの傾向もあり、仕事面や私生活でもルーズになりがちです。

 

| 2.信頼関係を構築するための大事なコミュニケーションと

人間関係を重要視していないということ。約束を守ることは、相手との信頼関係を構築するための大事なコミュニケーションというもの。

但し、人間関係を重要視しない傾向の人は、約束を守らないことで関係が悪化しても余り気にはしません。仲の良い友人がほとんどいなかったり、職場の同僚や上司との仲が良くないなど、約束を守ること自体に重要性を感じていません。

 

| 3.ケースでは、罪悪感に苛まれ次回は守ろうと努力をする

他者に対する罪悪感が薄いということ。普通の人間は約束を破ってしまったケースでは、罪悪感に苛まれ次回は守ろうと努力をするもの。

但し、普段から約束を守らない人物は、自分自身だけではなく他者に対しても、ほとんど罪悪感を感じることはありません。

悪いことをして申し訳ない気持ちがない場合、相手に対する責任感も湧き上がらず、平気で約束を破ることにもなりかねません。

 

| 4.認識していないので、全ての行動が適当になりがちという

適当に物事を見ているということ。約束を守れない人に見られるのが、物事の重要性を認識していないので、全ての行動が適当になりがちというもの。

大事な話をしていても適当な相槌で済ませてしまったり、別のことを考えたりしていて、話の内容を覚えていないことが多々あります。

相手にとっては重要な約束でも、自分自身は重大と感じていないので、約束を軽んじ破ってしまうことにもなりかねません。

 

 

 


その場をやり過ごせればということもある、約束を守らない人の心理面


 

| 1.見られる人が、無責任で自分勝手というわけではないもの

守るつもりなのに守れないという心理面。約束を守らないからと見られる人が、無責任で自分勝手というわけではないもの。

その中には、約束を守れないこと自体に思い悩んでいる人も数多くいます。約束は絶対に厳守しなければならないという強迫観念に捉われていることも多く、意識し過ぎて余計に約束が守れなくなる可能性もあります。

 

| 2.人の気持ちより自分自身の感情や考え方を優先するという

自分さえ良ければという心理面。約束を守らない人に見受けられるのが、他の人の気持ちより自分自身の感情や考え方を優先するというもの。

相手がどう思うかをイメージすることができず、自分さえ良ければ他の人が困っても構わないと考えています。

こうした身勝手な心理が働くので、他の人に迷惑を掛けることが分かっていても、平気で約束を反故にすることがあります。

 

| 3.責められても自らは全く悪くないと思っているというもの

自分は悪くないという心理面。約束を守らない人に見られるのが、周りの人たちに責められても自らは全く悪くないと思っているというもの。

プライドが高い人物は自分自身が傷付くことが苦手なので、素直に過ちを認めず正当化しようとする気持ちが働きます。約束を反故にしても破るつもりはなかった」、そんな言い訳や弁解をして謝ろうとはしません。

 

| 4.見受けられるのが、自分自身を周囲に良く見せたいという

見栄を張りたいという心理面。約束を破る人に見受けられるのが、自分自身を周囲に良く見せたいというもの。

虚栄心が強い傾向があり、守れない約束と分かっていながら、つい受けてしまうことにもなりかねません。約束を破った際も本音を言うことができず、結局は約束を守ることができない口先だけの人物になってしまいます。

 

引き寄せの法則で、約束を守らない人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、約束を守らない人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

傾向の隔たりに愕然とすることになる。ここでは、約束を守らない人の末路も気になるもの、上手く付き合う具体的対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。