足を引っ張る人の末路も心配なもの、問題を起こさない上手い対処法



身の回りを見渡すと、足を引っ張る人がいるもの。そんな職場にもいる仕事の邪魔をする人は、業績などで自分より結果を残す他者が許せません。

こんな足を引っ張る人は同僚などに出世や昇進などの話が出た際、取り残されるのは自分だけという心境になり焦りや不安を感じます。

また後で入ってきた後輩に追いつかれコンプレックスを感じた場合、実力で勝負しても勝ち目がないので、その人物の評価を下げ昇進の邪魔をします。

なので、それまでは仲が良かった仕事仲間でも、出世が決まった途端に関係が悪化してしまうことにもなりかねません。

但し、誰かの足を引っ張ろうと思った時点で目線が下がることになり、それ以上の成功などは望めません。

ここでは、足を引っ張る人の末路も心配なもの、問題を起こさない上手い対処法を紹介しています。

 

 

 


足を引っ張る人の末路も心配なもの、問題を起こさない上手い対処法


 

| 1.一人くらいは高確率で足を引っ張る人が中にいるものです

表面的な付き合いに留めるということ。集団行動する際には、一人くらいは高確率で足を引っ張る人が中にいるもの。

もちろん足を引っ張っている当人に悪気はなく、一生懸命やっていても、如何せん様ざまな局面で行動が空回りし裏目に出ることになります。

そういった悪気のないタイプで足を引っ張ってしまう人は、表面的な付き合いに留めるのが問題を起こさない上手い対処法の一つ。

但し、余りに邪険な態度では周りに与える印象が悪くなってしまうので、最低限の気配りだけは忘れないよう心掛けます。

 

| 2.最も鬱陶しいのは嫉妬などからわざと邪魔するというもの

直接迷惑だと伝えるということ。足を引っ張る人にも様々なパターンがありますが、最も鬱陶しいのは嫉妬などからわざと邪魔するというもの。

そういった人物は大きなコンプレックスを抱いていることが多く、嫉妬から足を引っ張ることにもなりかねません。

目的を持って意図的に足を引っ張るような人には、ストレートに迷惑だと伝えることが問題を起こさない上手い対処法の一つ。

特に作戦を練って足を引っ張る訳ではないので、行動に必ず矛盾が生じることになるので、その瞬間を待って一気に畳みかけます。

 

| 3.任されているプロジェクト等が一向に進まないこともある

上司などに相談するということ。足を引っ張る人がいるお陰で、自分が任されているプロジェクト等が一向に進まないこともあるもの。

真摯に当人が仕事をしている中で、結果的に足を引っ張っている場合はまだ良くても、折悪しく計画的に足を引っ張っていることがあります。

そうした人の行動が明るみに出たときは、残念ながら上司などに相談するという最終的な手段をとるしかありません。

計画的に足を引っ張っている人の悪意の面を伝える際、証拠を掴んでおくのも問題を起こさない上手い対処法の一つ。

 

| 4.気になる場合、複数で取り組むチームに入れ作業を進める

複数で取り組むグループに入れるということ。足を引っ張る人が余りに気になる場合、複数で取り組むチームに入れ作業を進めるというもの。

一人だからこそ弱点が目立つので、何人かの間に入ればさほど気にならなくなる上、人目があることのメリットが活かせます。

頼りになる人やサポートできる人がいるチームに入ると、困った際もすぐに手助けを求めることができます。

そうすれば未然にミスも防げる上、明らかに苦手な物事は断ったり、やり方を指導して貰うこともできる問題を起こさない上手い対処法の一つ。

 

| 5.失敗しても影響が少ない、単純作業を任せるようにする

単純作業を任せるということ。仕事上で足を引っ張る人には、失敗しても影響が少ない、単純作業を任せるようにするというもの。

楽をさせているようで納得いかないことにもなりますが、ミスされると直す手間も掛かり、全てを確認しなければならないことにもなりかねません。

それでは信頼関係など生まれず、相手を嫌いになることで、一緒に仕事をする仲間としてデメリットしかありません。

そうならないよう単純作業を任せることで、自分自身の苛立ちを極力減らし、相手も見守れる問題を起こさない上手い対処法の一つ。

 

 

 


足を引っ張る人はスピリチュアルに関係するかも、注意したい特徴面


 

| 1.仕事する場合、足を引っ張って滞らせてしまう人がいる

協調性がないということ。複数の人間が協力して一つの仕事する場合、足を引っ張って滞らせてしまう人がいるもの。

こうしたタイプの人は自己主張が強く、相談して決めたことをしなくてはならない際も、他人の意見に耳を貸そうとはしません。

互いの意見や考え方を尊重しつつ、折り合いをつけて仕事を進める必要がありますが、協調性がない傾向にあります。

結果として、こういう人は会議の席でも、終盤になり大方のコンセンサスが形成された段階で、異論を主張することも珍しくありません。

 

| 2.足を引っ張っている、そんなことを全く自覚していない

客観的に自らを見ることができないということ。自分自身が他の人の足を引っ張っている、そんなことを全く自覚していないというもの。

このパターンの足を引っ張る人は、自らを客観視できないというもので、自覚があれば改めることも可能です。

場の雰囲気を読めない傾向があり、場違いな言動をすることも多く、結果的に他の人の足を引っ張ることにもなりかねません。

自らの置かれている状況を客観的に捉えられないので、他の人に迷惑をかけたり、場の空気を壊してしまいかねません。

 

| 3.気持ちがあっても、他のメンバーの足を引っ張る人がいる

向上心も実力もないということ。スポーツの団体競技で貢献したい気持ちがあっても、他のメンバーの足を引っ張る人がいるもの。

団体競技の場合には、自分自身の能力を最大限に発揮して、チームに貢献しようとするのが普通の人間です。

足を引っ張るのは何故かといえば能力が劣っているからで、思うような働がチーム内でできず、結果として足を引っ張ることにもなりかねません。

こうした人物は向上心が欠けていることが多く、何時まで経っても他のメンバーの足を引っ張り続けることになります。

 

 

 


足を引っ張る人は自滅に結び付くもの、知っておきたい詳しい心理状態


 

| 1.足を引っ張る人は、重圧感に弱いところがあるものです

プレッシャーに弱いという心理状態。チームプレーが必要な団体競技でメンバーの足を引っ張る人は、重圧感に弱いところがあるもの。

練習の時は上手くできていても、本番になると緊張してしまい、ミスを連発してしまうということが珍しくありません。

本人は自覚していますが、それが更に緊張感を高めてしまうことになり、結果としてますますメンバーの足を引っ張ることにもなりかねません。

 

| 2.明確に持っていて、意図的に足を引っ張るタイプの人も

他人の不幸を喜ぶという心理状態。邪魔する意識を明確に持っていて、意図的に足を引っ張るタイプの人もいるもの。

自らがライバル視している人物がいた場合、良くない結果が起こるように、仕事の足を引っ張るケースも珍しくありません。

そんな人の不幸を見ると心の奥底で密かに喜ぶというのも、足を引っ張る人に見られる嫉妬深い傾向というもの。

 

| 3.良かれと考えて、他の人に向かって提案やアドバイスを

余計な世話を焼くという心理状態。お節介なタイプの人は、自分では良かれと考えて、他の人に向かって提案やアドバイスをするもの。

但し、その言葉が返ってその人物の足を引っ張るようことになってしまう、そういったケースも良く見られます。

本人は他人の足を引っ張っている認識がないだけでなく、飽くまでも良かれと思ってしているので始末に負えません。

 

 

 

まとめ

自分よりも結果を残す他者が許せません。ここでは、足を引っ張る人の末路も心配なもの、問題を起こさない上手い対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。