迷う時は大逆転に繋げたいもの、先々に向け上手く決断していく対処策



日々を過ごしていると、迷う時があるもの。人生の決断をはじめ仕事での決断に、迷った時の夕飯の決め方まで、様ざまな場面に毎日のように出会います。

ほかにも恋愛関係で別れるか迷った時などや離婚迷う時などもあり、その局面において決断しなければならないことも多くあります。

迷う時は買わないとか迷う時は動かないなどの言葉もありますが、どうするか迷った時は自らの心の奥深くで違和感を感じているからに他なりません。

そして、その違和感に自分自身が敏感に反応しているからこそ躊躇してしまいます。

但し、決断することは将来に結び付くことで、目の前のことだけでなくその後のことを考えると、自らが選ぶべき道が見えてくることもあります。

なので、具体的な対応を掴んでおくと役立つこと請け合い。

ここでは、迷う時は大逆転に繋げたいもの、先々に向け上手く決断していく対処策を紹介しています。

 

 

 


迷う時は大逆転に繋げたいもの、先々に向け上手く決断していく対処策


 

| 1.やり方と迷ったらやってみるという方法があるものです

迷ったらやってみるということ。決断する際に、迷ったらやめるという手段と迷ったらやってみるという方法があるもの。

迷ったらやめる局面は、失敗した際に大きく後悔するほか得るものより失うものが多い、そうした事柄を決断する場合です。

一方、迷ったらやってみるという局面は、失敗が自らの力になったり、失うより得るものが多い場合に決断します。

但し、一番成功した人は一番失敗してきた人という例もあるように、迷ったらやってみるのが先々に向け上手く決断していく対処策の一つ。

 

| 2.やったことよりやらなかったことの方が多いというもの

やって後悔するということ。人間が死ぬ前になり後悔するのは、やったことよりやらなかったことの方が多いというもの。

なので、何かをやるかやらないか迷う時は、死ぬときを迎えてやらなかったことを後悔する、そんな風に考えてみるのも先々に向け上手く決断していく対処策の一つ。

昔から言われるやらずに後悔するよりも、やって後悔した方が良いというのは間違いのないことかも知れません。

 

| 3.迷う時は、できる限り自責の念が少ない方を選ぶという

自責の念が少ない方を選ぶということ。何かを決断をしなければという迷う時は、できる限り自責の念が少ない方を選ぶというもの。

これが自分自身の選ぶ道だと信じてはいても、そちらを選択することで自らに良心の呵責があるようなら手は出しません。

迷う時はどちらを選べば自らに良心の呵責がないか、そう考えてみるのも先々に向け上手く決断していく対処策の一つ。

 

| 4.呼べるものが、素直に自分自身の心に従っていくという

楽しいかということ。迷う時の大切なポイントとも呼べるものが、素直に自分自身の心に従っていくというもの。

正しい方を選ばなければならない場面もありますが、追い求め過ぎるといつの間にか楽しめないことにもなりかねません。

なので、楽しむことを人生の目標にする場合、楽しいか楽しくないかを判断基準にするのも、先々に向け上手く決断していく対処策という中の一つ。

決断する場面に出会う度、楽しい方を選んでいくと自然と、楽しい人生になってゆくことに繋がります。

 

| 5.目指そうとした方が上手くいくことが多いというものです

逃げるのか目指すのかということ。人間は迷う時に逃げようとするよりは、目指そうとした方が上手くいくことが多いというもの。

こうしたことが嫌なので避けるためにこちらを選ぶ、そんなやり方よりも、こうしたことがしたいのでこちらを選ぶという方法です。

積極的に何かを目指してゆく方が、決断した後上手くいくことが多い、先々に向け上手く決断していく対処策という中の一つ。

 

 

 


迷っている時には様々なことが思い浮かぶもの、注意したい心理状態


 

| 1.見られるのが、何事にしても受け答えをするのが遅いと

答えを出すのが遅いという心理状態。迷ってしまう人に良く見られるのが、何事にしても受け答えをするのが遅いというもの。

物事を慎重に選択するのは必要なことですが、余りに慎重過ぎるとマイナス面が大きくなりがちです。

すぐに決断できないので行動までに時間が掛かることになり、周りからは余り好意を持たれないということにもなりかねません。

 

| 2.答えを出すときに、自信のなさから後回しにするという

答えを後回しにするという心理状態。迷ってしまう人に見受けられるのが、答えを出すときに、自信のなさから後回しにするというもの。

決断できない人は、仕事や恋愛面でも上手くいき難くなり、自信のなさは自らを萎縮させるだけでなく、周りの士気を下げる一因ともなりかねません。

特に、必ず答えを出さなければならない際にできない人は、信頼を得ることもできなくなりかねません。

 

| 3.自分のことよりも他の人の意見を優先させたいというもの

他人の意見を優先させたいという心理状態。迷ってしまう人に良く見られるのが、自分のことよりも他の人の意見を優先させたいというもの。

自分自身の答えは出ていても、実際にその意見をいうことで前面に立ってしまう、そうしたことを怖れてしまいます。

他人の答えを聞いた後で、自らの意見の方が正しいと感じても言えないのは、それだけ自信がない証拠というもの。

 

| 4.分からない場合、その場でずっと悩んでしまうというもの

答えの出し方が分からないという心理状態。難しい問題に直面し答えが分からない場合、その場でずっと悩んでしまうというもの。

方法が分からなければ、誰かに聞いたり手段を探したりすれば良いのですが、迷ってしまう人は自らの中だけで答えを探し続けることがあります。

迷ってしまう人に見受けられる立ち止まってしまう傾向は、結局は多くの時間を無駄にしてしまいかねません。

 

 

 


迷う時の決め方も心許ないところがある、注意したいそんな人の特徴


 

| 1.何とかなるという自分自身を信じる力が弱い傾向にある

自己肯定感が低いということ。迷う時に決断できない人は、何とかなるという自分自身を信じる力が弱い傾向にあるもの。

なので、上手くいかなかったらとか、続かなかったらどうしようなど、その後の不安感に負けて身動きがとれないことも頻繁にあります。

また、実際に動き始めた後も、本当に良かったのかと迷い続けることにもなりかねません。

 

| 2.他の人の意見に翻弄されることが非常に多いというもの

優柔不断であるということ。迷う時に決断できないタイプは、他の人の意見に翻弄されることが非常に多いというもの。

他の人の判断軸により決めることも頻繁にあり、後々に後悔してしまう傾向が多々見受けられます。

少しでも壁にぶつかると止めたり、他に目移りしやすくなるところもあり、粘り強いところは全く見られません。

 

| 3.止めるなど、自分自身の判断軸を持っていないというもの

自らの判断軸がないということ。迷ってしまう人は気になることがあれば止めるなど、自分自身の判断軸を持っていないというもの。

常にどうすれば良いかとか、自らの行動は正しいかを周囲の人たちに聞きたがります。

どうしても他の人にどう思われるか気に掛かり、自分の本心も分からないということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

様々な場面に毎日のように出会います。ここでは、迷う時は大逆転に繋げたいもの、先々に向け上手く決断していく対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。