男心がわからない末路も不安定なもの、付き合う前に理解していく術



人生を過ごしていると、男心が分からないと困惑する女性もいるもの。そんな人は恋愛中でも、男性の気持ちが理解できず勘違いすることにもなりかねません。

男心というのは、女性にはあまり見ることができない、そんな男性特有の気持ちや心理的なもの全般を指している言葉です。

女性は情緒に溢れているので、理解されたいとか共感して欲しい、そういった感情が露わになるのが一般的です。

一方個人差はありますが、男性は女性に比較して論理的に物事を捉えるのが通常で、認められたいなどの強い欲求が前に出かねません。

なので、恋愛関係では、片思いにしても男心をいち早く押さえておくことが必要不可欠です。

ここでは、男心がわからない末路も不安定なもの、付き合う前に理解していく術を紹介しています。

 

 

 


男心がわからない末路も不安定なもの、付き合う前に理解していく術


 

| 1.女性に見られるのが、そこに理解がないというものです

プライドが重要ということ。男性はプライドを大切にしていて、男心がわからない女性に見られるのが、そこに理解がないというもの。

男性は基本的にプライドを傷付けられることを異常に嫌うので、どれほど理不尽でも真っ向から否定するのはいけません。

喧嘩にならないよう相手のプライドを考え、傷付けない言い方をするのも付き合う前に理解していく術の一つ。

 

| 2.大切などと、よく男心がわからない女性が口にするという

恋愛より仕事が大事な時もあるということ。仕事とどっちが大切などと、よく男心がわからない女性が口にするというもの。

女性は物事を平行に考えますが、男性にとり仕事と恋愛は別もので、恋愛も大事ですが仕事は真剣にやらなければならないのが、付き合う前に理解していく術の一つ。

仕事が多忙な時は恋愛を脇に置き仕事を優先させたい、そういった気持ちを理解しないと男心がわからない女になりかねません。

 

| 3.恋人より友人と一緒の時間を優先させるというものです

友人との時間も大事にしたいということ。恋愛中に良くトラブルになるのが、恋人より友人と一緒の時間を優先させるというもの。

男性にすると、社会的にも友人との付き合いだったり、息抜きのための一人の自由な時間など、生活をしていく上では欠かすことができません。

これは多くの男性に見られるスタイルというもので、恋人を決して疎かにしているつもりなどない、付き合う前に理解していく術の一つ。

 

| 4.やり取りが好き、そういった男性はどちらかというと稀

基本的にLINEやメールは面倒臭いということ。実際にLINEやメールのやり取りが好き、そういった男性はどちらかというと稀というもの。

性格等にもよりますが、多くの男性は基本的には面倒臭がりのところがあり、最初の頃は頻繁に返信していても、徐々に重要な用件でなければと放って置かれることにもなりかねません。

現実的な話として、用件を簡潔にまとめて欲しいと考える男性も多い、付き合う前に理解していく術の一つ。

 

| 5.数ヵ月ほど経つと連絡が段々と減ってくるというものです

連絡頻度が減っても冷めたわけではないということ。最初は頻繁に連絡をしてきても、数ヵ月ほど経つと連絡が段々と減ってくるというもの。

これは男性が持つ狩猟本能により、普段以上に最初の間は頑張っていただけの、付き合う前に理解していく術の一つ。

男心がわからないという女性の中で、こうした態度に不安を感じることもありますが、安定してきた現在が本来の男性のペースです。

 

 

 


男心がわからない女性は案外に多いもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.表現できないのに、女性には気持ちが伝わっていると思う

愛情は言わなくても伝わると思っているという心理状況。感情表現が苦手で自分自身は愛情を表現できないのに、女性には気持ちが伝わっていると思うというもの。

既に愛情を確認し合い交際しているので、行動で示しているので、改めて愛情表現をする必要はないと考えています。

但し、女性からすると男性がいつ去ることになるのか分からない、そんな根拠のない漫然とした不安があり、それを打ち消すため言葉を求めている一面があります。

 

| 2.意識があり、なかなか素直になれない人は意外と多くいる

素直になれないという心理状況。女性は男性に従って当然という意識があり、なかなか素直になれない人は意外と多くいるもの。

普段は女性に優しく対等と考えているつもりでも、心の奥底には優位なのが当たり前、そんなランク付けが身に染み付いてしまっています。

仲良くしている間は良くても二人の仲が険悪になれば、意地を張り続け謝る切っ掛けを失って、そのまま別れに繋がることにもなりかねません。

 

| 3.考えている人が多く、束縛や制限などには我慢ならない

束縛されたくないという心理状況。男性はいつでも自由な立場にいたいと考えている人が多く、束縛や制限などには我慢ならないもの。

その時々で一番好きな女性を追い掛けていたり、理想の仕事に邁進することに生き甲斐を感じています。

結果として、束縛や制限があるとストレスを感じることになり、恋愛面で表れると逃げ腰になることにもなりかねません。

 

| 4.精神的には戦いも多く大変なストレスを抱えているもの

思いっ切り甘えてみたいという心理状況。普段は頼られる側で頑張る男性ですが、精神的には戦いも多く大変なストレスを抱えているもの。

なので、心の中では癒やしを求めていることも少なくはなく、自らを甘やかしてくれる女性がいるとそちらに気持ちが動きかねません。

自尊心を傷付けることなく、母のような大きな愛で甘えさせてくれる、そんな女性には甘えたくなるのが男心というもの。

 

 

 


男心がわからないのはlineにも表れるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.興味がなく、些細な変化に気付きようがないというもの

外見の変化を敏感に察知できないということ。多くの男性は女性のファッションに興味がなく、些細な変化に気付きようがないというもの。

女性のネイルや髪型などに変化があっても、興味や関心の範囲外であれば、全然目に入っていないと言う風に考えて良いかも知れません。

但し、興味が湧くのはは唯一自分自身が気になっている女性だけで、狙っている相手には驚くほど敏感で、ヘアスタイル変わったなどと声を掛けかねません。

 

| 2.勝ち得たという、何よりも勲章として心に響くというもの

女性に頼られ尊敬されたいということ。女性に頼られて尊敬されることは、男として勝ち得たという、何よりも勲章として心に響くというもの。

男性は社会生活で多くの競争相手と競い合うことで、勝ち抜くことはもちろん、認められたいという欲求が非常に強い傾向があります。

こうした男心が女性により最大限に満たされるタイミングが、尊敬されたり頼られたりする時で、女性の期待に応えようと努力するのはこうした瞬間のため。

 

| 3.湧き上がってくるとき、男性は一人にして欲しいと言う

一人にして欲しいということ。一旦リセットしとにかく休みたい、そんな思いが湧き上がってくるとき、男性は一人にして欲しいと言うもの。

こうした一人にして欲しいと告げられた男心が分からない女性は、その裏にある意味が理解できず呆然とすることにもなりかねません。

この言葉を口にしたときに男性は、周りの全ての情報をシャットアウトし、自分自身の殻の中に閉じ籠り英気を養おうとします。

 

 

 

まとめ

早々勘違いすることにもなりかねません。ここでは、男心がわからない末路も不安定なもの、付き合う前に理解していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。