友達依存はサイコパスかも知れない、先に向かって上手く乗り越える術



人生を過ごしていると、友達依存を考えることがあるもの。友達は唯一無二の存在ですが依存し過ぎた場合、心地良い関係を維持することができなくなります。

仲のいいはずの友達に対して、何となく違和感を覚えることもあり、そんな過剰な友情は友達依存の兆候かも知れません。

人間関係には家族をはじめ恋人や職場の人など様ざまなものがありますが、友達依存症になっている人は優先順位の第1位が友達になります。

これは大人になっても続いている人もいて、脆弱な点が精神的にも見られ、現実を直視できないというような一面も持ち合わせています。

友達依存されるのも問題ですが、自分に自覚があるときは相応の対処も必要になりかねません。

ここでは、友達依存はサイコパスかも知れない、先に向かって上手く乗り越える術を紹介しています。

 

 

 


友達依存はサイコパスかも知れない、先に向かって上手く乗り越える術


 

| 1.回しすぎないで、一人切りで解放される時間を設けると

一人切りで解放される時間を設けるということ。友達と一緒にいることに時間を回しすぎないで、一人切りで解放される時間を設けるというもの。

自らと向き合うには友達と離れ一人でいる時間が必要で、一人旅に出かけたりするのも先に向かって上手く乗り越える術の一つ。

一人でも楽しく過ごせたりや自分自身で決断できることが分かれば、友達依存も改善する可能性があります。

 

| 2.心が満たされるような趣味を見つけ出していくというもの

心が満たされる趣味を見つけるということ。没頭するものがなくて友達依存になっている場合、心が満たされるような趣味を見つけ出していくというもの。

仕事にやり甲斐を持って取り組むのも良く、友達以外の事柄に意識を集中し気が紛れるのが、先に向かって上手く乗り越える術の一つ。

達成感がある趣味や仕事に没頭することで、自己肯定感や承認欲求も得やすくなり心に余裕もできて、友達依存からも抜け出せるかも知れません。

 

| 3.気持ちが強い場合、相手の気持ちを無視してしまうことも

友達や恋人の気持ちを思い遣るということ。友達と一緒にいたいとか知りたいという気持ちが強い場合、相手の気持ちを無視してしまうこともあるもの。

自らの感情を押し付け過ぎると相手との関係を壊しかねず、友達や恋人などの気持ちを思い遣る癖をつけるのも、先に向かって上手く乗り越える術の一つ。

依存してる友達が困っている様子が見えた場合、連絡頻度を少なくしたり何処にでもついて行かないなど、行動を変えてみるようにします。

 

| 4.特定の友達だったりグループに依存してしまうことが多々

幅広い交流を心掛けるということ。交流する人が少ない場合、特定の友達だったりグループに依存してしまうことが多々あるもの。

視野を広げるためにも幅広い交流を心掛けることが必要で、様ざまな人と接することで友達依存も低くなる、先に向かって上手く乗り越える術の一つ。

恋人がなく寂しさを埋めるため友達依存している傾向があれば、恋活をするのも良く恋活パーティーやマッチングアプリなどを利用すると、多くの出会いが望めます。

 

| 5.必要なのが、自分自身に対して自信を持つことが重要と

自分自身に自信を持つということ。友達依存から抜け出していくために必要なのが、自分自身に対して自信を持つことが重要というもの。

自己肯定感を高めることにより、物事をポジティブに考えるようにするのが先に向かって上手く乗り越える術の一つ。

筋トレやダイエットをしたり本を読み多くの知識をつけるなど、小さなことで良く成功体験を積み上げると自信を持ちやすくなります。

 

 

 


友達依存には距離を置くことが必要、知っておきたい詳しいその特徴面


 

| 1.普段の生活からいつも友達と一緒に行動したがるという

いつも一緒に行動するということ。友達依存症に陥っている人は、普段の生活からいつも友達と一緒に行動したがるというもの。

仲良しのグループで行動したがるのは女性に良く見られますが、友達依存症の人は誘いを断ってしまうと不機嫌になってしまうことにもなりかねません。

いつの間にかそれが当然になっていて、一人になりたい時も一緒にいたがるので、依存されている側からするとストレスが溜まることにもなりかねません。

 

| 2.影響されやすく、意見に同調するほか嗜好を真似たりする

友達の真似をしたくなるということ。友達依存症になっている人は、その行動や考え方に影響されやすく、意見に同調するほか嗜好を真似たりするもの。

依存している友達に向かって仲間意識が強くあるので、相手の持ち物だったり言動を真似することにもなりかねません。

依存する相手に対して憧れを持っていることもあり、本人に悪気はなくても、真似される側は不愉快な思いをするかも知れません。

 

| 3.見られるのが、友達は多くいても親友はいないというもの

友達は多くいるが親友はいないということ。友達依存症の人の中に見られるのが、友達は多くいても親友はいないというもの。

特定の人ではなくて友達という存在に依存していて、自らの存在価値を低く見積もっているので、一人の親友より多くの友人を求めます。

みんなの人気者になることで、自己肯定感や承認欲求を満たそうとしているのかも知れません。

 

| 4.誰かとずっと連絡をとり続ける傾向があるというものです

誰かと連絡をとり続けるということ。友達依存症に陥っている人は、誰かとずっと連絡をとり続ける傾向があるというもの。

かまって欲しいという気持ちが強いことで、特に用事がなくても、頻繁にLINEやを電話して繋がろうとします。

される方からすると、忙しいときでもまったく関係なしなので、自分勝手と感じることにもなりかねません。

 

 

 


友達依存は離れることが大事になるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.見受けられるのが、友達のことを何でも知りたがるという

友達のことは何でも知りたいという心理状況。友達依存になっている人に見受けられるのが、友達のことを何でも知りたがるというもの。

SNSをチェックしたりあれこれ質問することで、相手のことを何でも把握しようとします。

自らも多くのことを打ち明け秘密を共有しようとし、互いに何でも知っている状況を作り出し、一人じゃないという安心感を得ようとします。

 

| 2.見られるのが、優柔不断で一人で決めることができない

一人で決められないという心理状況。友達依存に陥っているタイプに見られるのが、優柔不断で一人で決めることができないというもの。

自分自身で決断することができないので、恋愛にしても仕事やプライベートのことなど、どうしたら良いと何でも友達に相談しかねません。

重大な物事も決めてもらいたがるので、頼られた側は負担に感じることにもなりかねません。

 

| 3.ともに誰かと過ごしていないと不安感が生じやすいという

誰かと一緒にいなければ不安という心理状況。友達依存となっている人に見られるのが、ともに誰かと過ごしていないと不安感が生じやすいというもの。

寂しがり屋の人が多く一人でいるのが嫌なので、いつも誰かと一緒に行動していたいと心の奥底から思っています。

相手の都合は考えずに側にいようとするので、寄られた側からすると驚いて引いてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

優先順位の第1位が友達にもなります。ここでは、友達依存はサイコパスかも知れない、先に向かって上手く乗り越える術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。