合わない人の末路も気になるもの、苦手意識を払拭していく付き合い方



身近なところにも、合わない人がいるもの。決して敵意を見せるわけではなく悪い人でもないのに、なぜか苦手意識を抱くような相手。

気が合わない人は職場や会社などにもいて、どうしてこれほど苦手意識を持つのかと、自己嫌悪に嵌まり込んでしまうことになりかねません。

但し、誰にしても口に乗せないだけで、実際に自分と合わない人がいると感じているは当然で案外に普通のことです。

更に価値観が合わない人との付き合い方だったり、意見が合わない人との付き合い方を間違えてしまうこともあります。

そんな時は思わぬところでトラブルが発生したり、不快に思う場面に直面する可能性もあるので注意が必要ということにもなりかねません。

ここでは、合わない人の末路も気になるもの、苦手意識を払拭していく付き合い方を紹介しています。

 

 

 


合わない人の末路も気になるもの、苦手意識を払拭していく付き合い方


 

| 1.ケースでは、できる限り聞き手に徹するのを心掛けると

突っ込んだ話は避けて聞き手に回るということ。合わない人と意見交換をすることがあるケースでは、できる限り聞き手に徹するのを心掛けるというもの。

合わないと感じている人と意見を交換をしても、どこかに食い違いが出てしまうのはある意味で想定内になります。

衝突を避けるためにも、敢えて己の意見は口に出さない方が良い、苦手意識を払拭していく付き合い方の一つ。

聞き上手は他者に対して好印象を与えるので、己と合わないと思う相手にも良いイメージを抱かせることができます。

 

| 2.心の中に、正しさを測っていく物差しを持っているもの

己だけの正しさを追求しないということ。人間はそれぞれ己自身の心の中に、正しさを測っていく物差しを持っているもの。

人の数だけ価値観があり己が正しいと考えても、他人からは正しくないと判断を下されることにもなりかねません。

結果的に、己の正しさばかりを追求して、意見が食い違う人を合わない人と排除するのはまったく賢明ではありません。

考え方の多様性を自覚し、己と同じ意見を持っていない人の言葉でも、耳を傾けるのが苦手意識を払拭していく付き合い方の一つ。

 

| 3.そういったことも非常に気に掛かってしまうというもの

相手に対する嫌な訳を考えるということ。合わない人がなぜそれほど嫌なのか、そういったことも非常に気に掛かってしまうというもの。

結果として、相手に対してどういった時に嫌悪感を覚えるのかを考えることが重要で、己が嫌がっている振る舞いが分かれば理解することができます。

そうすることにより己自身の感情もコントロールでき、合わない人に苛立たず向き合える苦手意識を払拭していく付き合い方の一つ。

 

| 4.己自身にも嫌なところがないかを考えてみるというもの

己自身の嫌な点も考えてみるということ。相手の嫌な点を考えるのも大事なことですが、己自身にも嫌なところがないかを考えてみるというもの。

合わない人の嫌な点を思い描くと、相手に対して苛立ちを覚えていることが多々あり、そう思うのが自分の欠点からであれば克服するようにします。

そうした努力で己の欠点を改善することもできる上、合わない人の向き合い方も変えられる、苦手意識を払拭していく付き合い方の一つ。

 

| 5.長所と短所を持っていて、己とは合わない人も数多くいる

相手の長所を見つけるということ。人間は誰でも長所と短所を持っていて、己とは合わない人も数多くいるもの。

結果として、己と合わない人と良好な人間関係を築きたいときは、相手の長所を見つけるようにするのが苦手意識を払拭していく付き合い方の一つ。

そうすると、合わない人に対して己自身の心の中のイメージも変えることができ、相手への接し方も段々と変化してきます。

 

 

 


仕事で合わない人も中にはいるもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.面白いと思うこともある一方で、苦手意識を持つことも

独自の価値観があるということ。独自の価値観を持っている人に出会ったケースでは、それが面白いと思うこともある一方で、苦手意識を持つこともあるもの。

それは己自身の価値観とは違い過ぎる際に抱く違和感というもので、決して特殊な感情というものではありません。

人間は人生の積み重ねや体験してきたことで価値観が違うのは当然ですが、余りに独自な価値観は合わないということになりかねません。

 

| 2.テンションが変わる人がいて、振り回されることもある

機嫌によってテンションが変わるということ。日々の機嫌によってテンションが変わる人がいて、振り回されることもあるもの。

この国には空気を読んだり察することが美徳、そんな面がありますが、その日の機嫌は己にしか分かるものではありません。

機嫌をコントロールすることができない人は、周りの人たちを疲弊させ、やり難さを感じさせて合わないというイメージを植え付けかねません。

 

| 3.行動が目立ったり、我を押し通さなければ気が済まない人

自分中心的ということ。人間関係を思い浮かべた時に、自分中心的な行動が目立ったり、我を押し通さなければ気が済まない人もいるもの。

時には己の意思表示を明確にすることが必要な場面もありますが、常に優先する行動を取るようでは、良好な人間関係は構築することができません。

こうした我を通す自分中心的な行動の人物は、周りからも合わない人と敬遠されることになりかねません。

 

| 4.タイプもいますが、全然違う見解で意見が食い違うことも

成長の環境が全く違うということ。ある出来事に遭遇したときに、同じような発想になるタイプもいますが、全然違う見解で意見が食い違うこともあるもの。

生まれ育った環境というのは、その人間の人格や価値観に大きな影響を与えるので、互いに合わない人として意識することになりかねません。

生まれ育った環境に余りにも違いがあり過ぎる場合、コミュニケーション自体ができないということも理解しておかなくてはいけません。

 

 

 


合わない人とは何をしても無理なことも、覚えておきたい原因や理由


 

| 1.一人を交えて三人以上になると話せることもあるものです

単純にコミュニケーション不足ということ。合わない人と二人切りだと嫌な感じがするけど、一人を交えて三人以上になると話せることもあるもの。

そういう時は単純にコミュニケーション不足が考えられ、一旦嫌だと思ってしまった場合、そればかりが目に入り距離ができる一方。

ある程度の意思疎通が図れると、意外な良い一面を見つけたりと、嫌だったところも気にならなくなることもあり得ます。

 

| 2.合わない人に対して、まったく興味が湧かないというもの

純粋に相手に対して興味がないということ。嫌だと思う以前に合わない人に対して、まったく興味が湧かないというもの。

関心がまったくない相手とは、話しの内容も薄くなるのが当たり前で、話も弾まず楽しくないということになりかねません。

一緒に話して楽しくないだけから、段々と相手を拒否する気持ちに切り替わり合わない人になりかねません。

 

| 3.互いに折り合いをつけて早々に関係が上手くいくことも

互いに相手への配慮が欠けているということ。合わずに避けているのが双方のケースでは、互いに折り合いをつけて早々に関係が上手くいくこともあるもの。

相手を理解しようと踏み込んで努力した時に、相手側も同様に努力を重ねてくれ関係が築けたということもあり得ます。

互いに相手に配慮することで隔たりも埋まって、関係が上手くいくことにより深い信頼関係が生まれることもあります。

 

 

 

まとめ

付き合い方を間違えてしまうことにも。ここでは、合わない人の末路も気になるもの、苦手意識を払拭していく付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。