独占欲が強い女は因果応報かも知れない、上手に向き合っていく具体策



身の回りを見渡すと、独占欲が強い女がいるもの。独占欲が強い女性は男性に限らず友達など、身近に気に入った人間を置きたいと考えています。

独占欲が強い女性は嫌われるとも言われますが、恋愛関係をみると自分でも気が付かない間に男性を束縛していることもあります。

結果として、そうしたことが切っ掛けにもなり、相手から距離を置かれることにもなりかねません。

その一因になっているのが嫉妬心で、独占欲が強い女性は人一倍強くもっていて、彼氏が自分以外の女性と少し会話しただけでも怒る程です。

これは常に満たされない気持ちを抱えながら日々を過ごしているからですが、当人に自覚などはまったくありません。

ここでは、独占欲が強い女は因果応報かも知れない、上手に向き合っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


独占欲が強い女は因果応報かも知れない、上手に向き合っていく具体策


 

| 1.強い人は、そのことを認識していないことが良くあるもの

強い独占欲を認識させるということ。女性より男性に多く見られますが、独占欲が強い人は、そのことを認識していないことが良くあるもの。

結果として、上手く付き合っていくには、先ず強い独占欲を持っているのを自覚して貰うことが、上手に向き合っていく具体策の一つ。

認識できないのはプライドが邪魔していることもあり、心の中では理解していても、認めたくないということになりかねません。

 

| 2.ケースでは、嫌な思いをしたときは明確に伝えるという

嫌なことがあれば明確に伝えるということ。独占欲が強い女性から交友関係や行動を制限されたケースでは、嫌な思いをしたときは明確に伝えるというもの。

その時の注意点は責めるような言い方をしないことがポイントで、自分はこう思うなど柔らかい物言いを心掛けるのが、上手に向き合っていく具体策の一つ。

束縛されるのは異常に辛いとか、友人とは自由に付き合いたいなど、落ち着いた柔らかい物の言い方が望ましくなります。

 

| 3.男性に対して、独占欲が強まっている可能性もあるもの

熱中できる趣味を持って貰うということ。特に趣味もなく暇な時間があるので、唯一時間をかけられる男性に対して、独占欲が強まっている可能性もあるもの。

そうした時は、何か他に興味が持て熱中できる趣味を見つけて貰うのも、上手に向き合っていく具体策の一つ。

独占欲が強い女性に多忙で連絡できない際も、趣味の時間を一人で楽しめるのは無論のこと、その話題で盛り上がることもできます。

 

| 4.段々とでも自信を付けていくようにするというものです

相手を褒めてあげるということ。自信がないことで独占欲が強い女性になっている場合、段々とでも自信を付けていくようにするというもの。

相手の得意分野を賞賛するほか、小さなことでも褒められるよう心掛けるのが上手に向き合っていく具体策の一つ。

不安に感じている際は大丈夫と応援することも重要で、そうすることで自信に結び付き、独占欲の強さも薄れていくことが期待できます。

 

| 5.相手を安心させていくことが重要なポイントというもの

愛情表現を欠かさないということ。独占欲が強い女性と上手く付き合っていくには、相手を安心させていくことが重要なポイントというもの。

そのために大事なのが、ずっと好きとか絶対に浮気しないなど、明確に言葉で相手に愛を伝え愛情表現を欠かさないようにします。

会っていない時に密に連絡をなどと言ってはいけませんが、事前に大まかな予定を伝えておくのも上手に向き合っていく具体策の一つ。

 

 

 


独占欲が強い女性は職場にもいるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.常に男性の行動を把握しようという傾向があるというもの

行動を頻繁に尋ねてくるということ。独占欲が強い女性に見られるのが、常に男性の行動を把握しようという傾向があるというもの。

彼女から頻繁に今何してる?など、そんなLINEが送られてくるのときは、要注意ということになりかねません。

離れている間も男性のことを知りたいと考えていて、色々と質問されたり問い質されると、尋問のように感じるかも知れません。

 

| 2.脇に置き、自分好みの恋人となるのを強制するというもの

好みを強要するということ。独占欲が強い女性に見受けられるのが、男性の好みやセンスは脇に置き、自分好みの恋人となるのを強制するというもの。

アクセサリーや服装など身に付けるものから相手を縛ろうとすることもあり、身に付けて良いのは己で選んだものということになりかねません。

ネックレスなどのプレゼントは良いかも知れませんが、ファッションセンスが表れる服装にまで至ると、きつい束縛ともなりかねません。

 

| 3.男性の携帯の中身が気になって仕方がないというものです

携帯の中身をチェックをしたがるということ。独占欲が強い女性に見られるのが、男性の携帯の中身が気になって仕方がないというもの。

携帯には個人情報が詰まっているので、独占欲が強い女性はその秘密の情報をチェックしたいと考えています。

但し、携帯を勝手に覗くのはルール違反で、独占欲が強い女性は相手が油断した隙を狙って中身をチェックすることになりかねません。

 

| 4.普通の人よりもこだわりが強く考え方を曲げないいという

考え方を曲げないということ。独占欲が強い女性はあらゆる物事に対し、普通の人よりもこだわりが強く考え方を曲げないいというもの。

生活スタイルをはじめ身に付けるものや食べ物など、幅広くこだわりがあり独自とも言えるパターンを貫き通します。

こうした価値観は恋人の男性に対しても露わになり、己自身の思うように束縛したい、そういった行動にも出かねません。

 

 

 


独占欲が強い女は行動にも表れるもの、覚えておきたいそんな心理状態


 

| 1.今一つ相手を信頼し切ることができないというものです

相手を信頼し切ることができないという心理状態。独占欲が強い女に見られるのが、今一つ相手を信頼し切ることができないというもの。

信頼できない理由はというと、己に自信を持てなかったり、過去の恋愛関係で浮気されたり裏切られたことがあるなど様々です。

結果として、相手の男性がれから先もずっと己を選び続けてくれるのか、そうした不安感が湧き上がり独占欲が出てきかねません。

 

| 2.相手を失うことが不安で自己防衛本能が働いているという

自己防衛本能が働いているという心理状態。独占欲の底辺をみると強い執着心があり、相手を失うことが不安で自己防衛本能が働いているというもの。

相手への執着心が強ければ強いほど、失った時のことを考えただけで強い不安が生じ、精神的にも自己防衛本能が働きます。

こうした不安感を解消するために安全な状況を望んで、他の女性とは関わるななどの極端な人間関係を強制する、強い独占欲を出現させかねません。

 

| 3.そんなことを確かめたい心境が独占欲に結び付いていると

愛されているのを確認したい心理状態。寂しがり屋で常に己自身が愛されている、そんなことを確かめたい心境が独占欲に結び付いているというもの。

幼少期に充分な愛情を注いで貰えなかった人に見られ、強く誰かの承認を求めているので、恋人との間の連絡は絶対に欠かしたくないと考えています。

人間関係に乏しい中、常に寂しいという感情を抱えたまま成長したので、その承認欲求が独占欲に結び付いていることになりかねません。

 

 

 

まとめ

男性を束縛していることもあり得ます。ここでは、独占欲が強い女は因果応報かも知れない、上手に向き合っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。