がっかりした時の対処法で前を向きたいもの、具体的に乗り越える術



日々を過ごしていると、がっかりした時もあるもの。これはさほど稀なことではなく、自らにがっかりすることもあれば、他人に失望することもあります。

何事も事前に自分自身が想定する範囲というものがあり、現実がその範疇から下振れした場合、落胆してがっかりすることにもなりかねません。

自らの不甲斐なさに失望するのはもちろんのこと、そこに他人の目が関わってくると、失望に拍車が掛かり評価が落ちたと感じます。

仕事やプライベート面が上手くいかないがっかりする時が続けば、不平や不満も溜まることになり、自暴自棄へと向かうことにもなりかねません。

自分を大切にできない状態は危険で、そうした際の立ち直り方を把握しておく必要があります。

ここでは、がっかりした時の対処法で前を向きたいもの、具体的に乗り越える術を紹介しています。

 

 

 


がっかりした時の対処法で前を向きたいもの、具体的に乗り越える術


 

| 1.仕方ないところがあり、淡々と受け止めるしかないという

現実を受け止めるということ。現実は事実であり拒否しても仕方ないところがあり、淡々と受け止めるしかないというもの。

失敗などを犯した直後というのは感情的にもなっていて、自責の念しか湧き上がりませんが、時間を置けばある程度冷静になることもできます。

今後のためにも現実は現実とし、否応なく淡々と受け止めていくのが具体的に乗り越える術の一つ。

 

| 2.なぜ失敗に繋がったのかを己自身で考えることが必要と

がっかりした原因を考えるということ。ミスを犯したのであれば、なぜ失敗に繋がったのかを己自身で考えることが必要というもの。

例を挙げると、大事な会議の席上で発言すべき機会にできなかったのは、意見を口に出す勇気が不足していたのかも知れません。

ほかにも、発言を無視されることの不安や、内容に自信もなく詳細な説明を求められるのが嫌だったのかも知れません。

他にも何かの切っ掛けがあるかもしれず、とにかくがっかりした時の原因を己で考えることが具体的に乗り越える術の一つ。

 

| 3.ああやっておけばなどと後悔の念も湧き起こってくるもの

己自身を責めないということ。己にがっかりした際は自身を責めたくなり、ああやっておけばなどと後悔の念も湧き起こってくるもの。

そうした自責の念があれば将来のために役立てればよく、認識に間違い等があったのであれば、今後はそんな風にならないよう心掛けます。

己にがっかりしたという状況は、心にダメージを受けている状態なので、先ずは癒していく行動をするのが具体的に乗り越える術の一つ。

 

| 4.がっかりした後は、現在すべきことに向かい集中していく

今成すべきことをするということ。ひと通り自分にがっかりした後は、現在すべきことに向かい集中していくというもの。

中途半端なって思考パターンを引き摺り何かをするということでなく、今の時点で最も重要なことは何かについて考えます。

その後は思い切ることがポイントで、将来の利益に向かって今すべきことをするのが具体的に乗り越える術の一つ。

 

| 5.狭くなるので、現状に活用していくように努力するという

現状に活用するということ。がっかりした時は選択肢も狭くなるので、現状に活用していくように努力するというもの。

選択肢が狭くなるのをポジティブに考えると、選択に悩まなくても良いともとれる具体的に乗り越える術の一つ。

選択肢が多数あれば選ぶのも大変で、後々も最善の選択をしたのかと悩むことになりかねず、良い意味で踏ん切りをつけて取り組むようにします。

 

 

 


がっかりしたときを絶望に変えないことが大事、知っておきたい考え方


 

| 1.物事に対して夢も希望もないように受取ってしまうという

がっかりした対象を広げないということ。がっかりした時には、物事に対して夢も希望もないように受取ってしまうというもの。

例を示すと、転職活動で手応えがあった企業に落ちたケースでは、適性がその業界にないように感じ、将来的にも面接を突破できないと思いかねません。

但し、単なる一つの試験に落ちたからと言って次も落ちるとは限らず、同じ業界の全に無関係ということではありません。

冷静に考えれば当然ともいうべき話ですが、がっかりした時は対象を広げがちで、そうした思考パターンは排除するよう心掛けます。

 

| 2.頓挫したから、新しいチャンスが見い出せたという話は

現況が悪いと決めつけないということ。期待外れの現況が最悪だとは限らず、ビジネス上で頓挫したから、新しいチャンスが見い出せたという話は多々あるもの。

他にもいつもの電車に乗り遅れたので、大きな事故が回避できた、そういった話はいくらでも耳にすることもあります。

期待通りになることがそもそも最善なのかは、年月を経ないと分からないので、望んでいなくても先々を見ようと思うことが大切。

結果として、がっかりした時の結果でも、プラスに結び付くことがあるかもと、現況を見直してみるのも絶望に陥らないためのポイント。

 

| 3.立ち止まらずがっかりした物事を学びに変えるというもの

がっかりした物事から学ぶということ。多くの成功事例は、失敗と改善を繰り返すことから生まれるので、立ち止まらずがっかりした物事を学びに変えるというもの。

どうすれば己自身の期待通りの成果が残せるかを考えることで、また違った側面を見出すことができるかも知れません。

もちろん己自身の譲れないところがあったり、そんなことを理解する人がいない、そういった状況に出会うかも知れません。

期待通りの成果が生まれなかった理由を考え、ときに客観的な第三者からアドバイスを貰いながら、現況を明確に再検討します。

 

 

 


がっかりした時には切っ掛けがあるもの、注意したい原因や心理状態


 

| 1.受けるもので、希望を失い未来が見えなくなってしまう

人間関係でがっかりしたということ。信頼していた人からの裏切りは大きなダメージを受けるもので、希望を失い未来が見えなくなってしまうもの。

人間関係でがっかりした時には、職場でのトラブルをはじめ、失恋をしたり詐欺にあったりなど様々な事例があります。

悲しみが深すぎると時と場合によって、自暴自棄というだけでなく人間不信に嵌まり込むこともあり、人間関係でがっかりした時は精神的にも大きな傷です。

 

| 2.立ち直れないほど大きなショックを受けることもあるもの

希望を見失うということ。突発的な出来事や急な環境の変化により、立ち直れないほど大きなショックを受けることもあるもの。

大失恋をした時に、これ以上好きになる人はいないと希望を失って絶望してしまうと、自暴自棄に陥ることになりかねません。

悲しみは時間を経ると解決することもありますが、大きなショックを受けた直後では、早々に立ち直ることはなかなかできません。

 

| 3.限界がきたケースでは、現実逃避がしたくなることがある

現実逃避がしたいということ。突発的に辛い事に出会ったりストレスの蓄積により、精神的にも身体的にも限界がきたケースでは、現実逃避がしたくなることがあるもの。

当人にその出来事が精神的に大打撃を受けたように感じたり、余りにも気持ちが沈み込んだんだときは、自暴自棄に陥ることになりかねません。

もうどうでもいいと全ての希望が失われたように思えてきた時は、捨て鉢になったり絶望してしまうような可能性も高く警戒が必要です。

人によっては、美味しいスイーツを食べたり旅行をしたりするなど、気分転換をすることによりリフレッシュしストレス発散できることもあります。

 

 

 

まとめ

自暴自棄へ向かうことになりかねません。ここでは、がっかりした時の対処法で前を向きたいもの、具体的に乗り越える術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。