行動に移せない人は因果応報かも知れない、上手く対処していく方策



身近なところにも、行動に移せない人がいるもの。何かを考えた時や問題が起こった時、迅速に行動に移せないようなタイプ。

もちろん世間にはすぐ行動に移す人もいる一方、行動に移すのが遅い人や行動に移さない人もいます。

但し、問題があり解決方法が分かったとしても、それだけで物事を進められるという訳ではなく、行動していくことが必要。

似た言葉に実行力がありますが、こちらは必要な結果に向かって行動する時に、より効果的で効率的な動きをする能力です。

行動に移せない人はどうしても行動に移す人と比べ成果を残せないので、自覚がある場合は要警戒ということにもなりかねません。

ここでは、行動に移せない人は因果応報かも知れない、上手く対処していく方策を紹介しています。

 

 

 


行動に移せない人は因果応報かも知れない、上手く対処していく方策


 

| 1.そうしたものへの強弱に関係なく動けていないというもの

行動基準のハードルを下げるということ。行動に移せない人の最大の問題点は、そうしたものへの強弱に関係なく動けていないというもの。

具体的目標を掲げるなど大きな最終地点を用意するのは脇に置き、先ずはすぐに動けるハードル設定をするのが上手く対処していく方策の一つ。

対人関係で目を見て挨拶するとか、資格の勉強等では机に座って本を開くだけなど、1分以内に行動できる最小限の内容にします。

人間は行動をし始める時が最大のエネルギーを使うので、一旦動いてしてしまえば意外に楽に動けるようになります。

 

| 2.変えてみる、そういったことも行動力を上げていく秘訣

生活パターンを変えてみるということ。思い切って普段の生活しているパターンを変えてみる、そういったことも行動力を上げていく秘訣というもの。

これまでの己であれば絶対しないような事柄を日常に取り入れることで、これまでにないような己自身が見できる上手く対処していく方策の一つ。

外見は金銭的なものをかければ努力せずに早く変えられ、周りのリアクションもありやってみる値打ちがあります。

 

| 3.行動できる人の真似を積極的にしてみるというものです

行動できる人の真似をするということ。行動に移せない要因が周りに行動しない人だらけということもあり、行動できる人の真似を積極的にしてみるというもの。

己の身近にいる人が、言い訳ややらない理由ばかりという環境では、どうしても影響を受けることになりかねません。

逆もまた真という言葉もあり、ポジティブで行動的な人と一緒にいれば、自然体で行動に移せるようになる上手く対処していく方策の一つ。

 

| 4.どうしてもそのキャラクターから抜け出せないものです

仕事関係ではない人たちと接してみるということ。職場で大人しいなどのイメージが固定化しているケースでは、どうしてもそのキャラクターから抜け出せないもの。

一方で同じ趣味の人との飲み会では、普段とは全く異なる己自身も出せ、受け入れて貰うことで自信にも繋がる上手く対処していく方策の一つ。

行動に移すには己が認めて貰えるという自信も必要で、職場でなかなか行動できないという時は、趣味や遊びの場で身に付けていくのも一手。

 

| 5.記憶や頭の中にある考えを整理していくのに役立つもの

メモを取る癖をつけるということ。メモ取りを習慣化した場合、記憶や頭の中にある考えを整理していくのに役立つもの。

仕事で遅い理由や早く片付ける方法など、ほかにも日常で出会った面白い物事など、テーマ設定してメモを取るよう心掛けます。

テーマ自体が具体的であるほど書きやすくなり、己自身が関心を持つことで行動に移せる上手く対処していく方策の一つ。

 

 

 


行動に移せない人には色々なところがある、知っておきたいその特徴面


 

| 1.急かされたり、命令された時しか行動できないというもの

指示待ち人間だということ。行動に移せない人は基本的に指示待ち人間で、他者から何かを急かされたり、命令された時しか行動できないというもの。

己から考えて行動するような体験に乏しく、指示をされなければ何をやって良いかも分からず動けなくなりかねません。

仕事以外も家族関係や友人など、言われたからやるというパターンが多く、自主的に行動に移すことは滅多にありません。

 

| 2.失敗することを怖れて動くことができないというものです

失敗を怖れるということ。行動に移せない人に良く見られるのが、失敗することを怖れて動くことができないというもの。

過去に失敗した例があったり、他人から拒絶された経験などがあると、行動すること自体に嫌悪感を覚えかねません。

考え込みやすいタイプは特に失敗を恐れる傾向で、行動することが他の人から否定されるという考えに繋がり動けません。

 

| 3.典型的なパターンが、できない理由ばかりを考えるという

できない理由ばかりを考えるということ。行動に移せない人に見られる典型的なパターンが、できない理由ばかりを考えるというもの。

金銭的な余裕がないとか時間がないなど、やらない理由を数多く用意し、己自身のせいではなく環境の責任という言い訳をします。

行動しない己を正当化するパターンで、周囲の責任にすることで我が身を守ろうとしかねません。

 

| 4.己自身の心の中で納得しなければ行動できないというもの

納得しないと行動できないということ。行動に移せない人に稀にいるのが、己自身の心の中で納得しなければ行動できないというもの。

納得するためのプロセスが行動する前にいるので、腑に落ちないことに対しては行動ができません。

慎重に行動する人柄ですが、納得するまでに時間が掛かってしまうのと、疑問がある都度に立ち止まってしまうのが難点です。

 

 

 


行動に移せない人は考えすぎなところも、注意したいその理由や原因


 

| 1.思っているケースでは、行動に移すことを躊躇してしまう

挫折は悪いものと考えているということ。挫折するのが良くないことと思っているケースでは、行動に移すことを躊躇してしまうもの。

どうして挫折を悪いと思っていると行動に移せないかと言えば、挫折をした時に己自身を責めてしまうから。

行動に移したときに失敗したり挫折した場合、己を責めるという負の連鎖に陥りかねず、行動することにネガティブなイメージが湧きかねません。

挫折する度に己を責めてしまう癖が付けば、行動するのが恐くなってしまいかねません。

 

| 2.行動に移せない人は第一のハードルが高過ぎるというもの

最初のハードルが高過ぎるということ。最終目標を高く持つのは良しとして、行動に移せない人は第一のハードルが高過ぎるというもの。

初めて行動する際はある意味赤ん坊のようなもので、ほぼ何もできない状態に対して、ハード過ぎるタスクいきなりを設けてしまいます。

こういったハードルが高過ぎるケースでは、行動すること自体も億劫になり、更に挫折しやすくなることになりかねません。

 

| 3.周りの人たちに否定されることに恐怖心が湧くというもの

周りの人たちに否定されることに恐怖心があるということ。行動に移せないパターンにあるのが、周りの人たちに否定されることに恐怖心が湧くというもの。

昔から挑戦する人が否定されるのは、どういった分野にも見かけられる王道パターンです。

変化を追及したり見たことのない新企画を始める人は、否定されたり拒絶されることにもなりかねません。

行動で得られるメリットよりも、周りの人たちに拒絶される恐怖心が勝ってしまうと動けません。

 

 

 

まとめ

迅速には行動に移せないようなパターン。ここでは、行動に移せない人は因果応報かも知れない、上手く対処していく方策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。