生きる自信がない末路も厳しいもの、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策



日々過ごしていると、生きる自信がないという想いが浮かぶことがあるもの。自分自身を信じ切ることができず、もう生きていく自信がないと感じるような時。

自信を持って生きるのは理想で、文字通りどういった状況になっても、自らを信頼できている状態を示しています。

自らに信頼を置いているからこそ、そこに過多な優越感や劣等感などはなく、失敗しても素直に受け取ることができ、少しずつ前に向かって歩んでいくことができます。

生きる自信がないという人はまったく正反対で、自己肯定感が低いのは無論のこと、自らの心の声に耳を傾けることもできません。

それでは先々を考えても重い空気は拭えず、立ち止まり対処する必要があります。

ここでは、生きる自信がない末路も厳しいもの、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策を紹介しています。

 

 

 


生きる自信がない末路も厳しいもの、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ


 

| 1.感覚など、どの程度に渡って理解しているかというもの

己自身の内面についての理解ということ。己の内側にある価値観をはじめ世界観や感覚など、どの程度に渡って理解しているかというもの。

これに関しては、他者のフィードバックなしに意識するのは難しく、己では当たり前と考えていることばかりだから。

結果として、認識していくには己を充分理解してくれている人と、連携して見つけ出すのが先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ。

どういう具合に世界を見ているのかとか何を大切にしているのかなど、様ざまな問題が立てられ生きていく自信に結び付きます。

 

| 2.そうではなく己への愛というのは非常に重要というもの

己を好きになるということ。己自身が好きといえばナルシストを想像しがちですが、そうではなく己への愛というのは非常に重要というもの。

飽くまでも極端過ぎるナルシストが迎え入れ難いだけであり、己に対して公平な好意を抱くことは、むしろ必要な先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ。

好きという表現自体に抵抗感がある人は、己の中に気に入っている部分がある、そんな具合に言い替えても良いかも知れません。

 

| 3.己自身を他人のように眺めて、認めることと同様という

他の人への信頼ということ。己を信頼するという行動は、ある意味で己自身を他人のように眺めて、認めることと同様というもの。

逆から言うと、他人を信頼できる人間は、己を信用する素地は充分に心に持っていることになります。

結果として、どういった人が信頼に値するのか、そんなことを思考するのも切っ掛けになる、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ。

更に、他者から認められるのも、己を信じるための大事な要素の一つで、己自身のポジティブな箇所について友人などに聞いてみます。

 

| 4.積み重ねるのも、己自身を信頼する上で重要な要素という

些細な達成感を積み重ねるということ。些細なことで良いので、成功体験や達成感を積み重ねるのも、己自身を信頼する上で重要な要素というもの。

こういった時のポイントは、高過ぎる目標を掲げないということで、段階よって己の小さな変化に気づくことも先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ。

何を成功させたかというより、己自身が設定した目標を達成した成功体験を、段々と増やしていく方がポイントです。

 

| 5.否定する人物や、ネガティブ発言ばかりの人と距離を置く

己を否定する人とは距離を置くということ。生きる自信がない時は、己のことを否定する人物や、ネガティブ発言ばかりの人と距離を置くというもの。

いくら己自身に対してポジティブな言葉を投げ掛けても、ネガティブな言葉がすぐに耳に入るような環境はいけません。

そうした場合、段々とネガティブな感情に向かって、気持ちが引っ張られていく恐れがあるからです。

距離を置くことが難しい人が相手の時は、できる限り顔を合わせる機会を減らすのが、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つ。

 

 

 


1人で生きていく自信がないと感じる時もある、覚えておきたい原因面


 

| 1.不安を覚え生きる自信がない状況になるというものです

経験不足ということ。仕事に関する体験やスキルが不足しているケースでは、不安を覚え生きる自信がない状況になるというもの。

経験不足は時間が経ってしまえば解決できることも多く、諦めずに継続していくことが改善策の一つにもなります。

成功体験と失敗を交互に繰り返すうちに、次第次第に自信を抱けるようになっていきます。

 

| 2.切っ掛けとなり、不安が湧き上がり前進できないという

大きな失敗を過去に犯したということ。生きる自信がない人に見受けられるのが、過去の失敗が切っ掛けとなり、不安が湧き上がり前進できないというもの。

また、大失敗という訳ではないにも関わらず、他者から酷く責められた経験があると、自信を失ってコンプレックスを抱きやすくなりかねません。

過去に犯した失敗から立ち直れない人は、詳しく原因を調べて対処していくのが大切なポイント。

 

| 3.人と己を比較することにより思い悩んでしまうというもの

人と比較してしまうということ。生きる自信がない人に見られるのが、人と己を比較することにより思い悩んでしまうというもの。

比較すると己自身のできない箇所ばかりが目について、自信を失いって気持ちが落ち込んでしまうことになりかねません。

劣っている部分にだけ注目するのを避け、己にはこれができると前向きに考えれば、自己肯定感も高められます。

 

| 4.仕事に対しての完璧主義的なところがあるというものです

完璧主義者ということ。生きる自信がない人に見られるのが、仕事に対しての完璧主義的なところがあるというもの。

満点の成果を目標に対して求める余り、少しのミスでも完璧にできなかったと、己自身を責めてしまうことになりかねません。

物事に対して真摯に向き合う姿勢は必要ですが、それにより自信を失くしているケースでは、己に対する評価基準を下げてみることも重要。

 

 

 


生きる自信を失うこともあるもの、注意しておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.見られるのが、視野が狭いといった傾向があるというもの

その視野が狭いということ。生きる自信がない人に見られるのが、視野が狭いといった傾向があるというもの。

結果的に、嫌なことばかりが目に付いてしまい、そのせいで憂鬱な心境で過ごすことが多くなりかねません。

視野が狭い人は、目先のことしか考えられないのはもちろん、他人の意見に耳を貸さないということになりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、何をしても無駄とかどうせできない

思い込み自体が強いということ。生きる自信がない人に見受けられるのが、何をしても無駄とかどうせできないというもの。

こうしたネガティブな思い込み自体が強いので、他人からどのような言葉を投げ掛けられても受け入れません。

ネガティブな思考が頭の中を駆け巡り、どんどん己自身の評価を下げてしまうことになりかねません。

 

| 3.見られるのが、周囲の人目を気にしてしまうというもの

人目が気になるということ。生きる自信がない人に見られるのが、周囲の人目を気にしてしまうというもの。

生きる自信のない人は普段から人の顔色を伺って、更に周りの人たちの評価なども気にしてしまいかねません。

特に他人から受ける威圧的な言葉だったり批判などには、より一層敏感になることになりかねません。

 

 

 

まとめ

心の声に耳を傾けることもできません。ここでは、生きる自信がない末路も厳しいもの、先に向かい乗り切り打ち勝つ方策の一つを紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。