人生つまらないから大逆転したいもの、積極的に面白くしていく対処策



日々を過ごしていると、人生つまらないと思うこともあるもの。毎日に刺激などというものはなく、何となく人生が楽しくないと感じることがあります。

同じような仕事内容だったり同じ交友関係に同様の環境など、同じことの繰り返しで安心感はありますが、つまらない人生という言葉が頭に思い浮かびます。

更に、飲み会などを上司に配慮して断れなかったり、嫌われたくないなどから、本当は気が進まないのに参加することにも。

こうした自分がやりたくもないことをしている場合、ストレスも溜まり本来したいことに時間も割けず、何も楽しくない疲れたという感情が湧き上がりかねません。

但し、人生に不満があっても考え方を転換しなければ、現状のままで何も変わることはありません。

ここでは、人生つまらないから大逆転したいもの、積極的に面白くしていく対処策を紹介しています。

 

 

 


人生つまらないから大逆転したいもの、積極的に面白くしていく対処策


 

| 1.新たな発見があるだけでなく、人生経験も深くなるもの

これまでしたことがない物事に挑戦するということ。楽しく生きるにはポジティブに行動することが必要で、新たな発見があるだけでなく、人生経験も深くなるもの。

人生を楽しく謳歌している人は、幾つになっても好奇心旺盛で、関心が湧いたことには年齢に関係なくチャレンジすることができます。

人生は一度きりと考えれば、何に対しても意欲も起こってくる積極的に面白くしていく対処策の一つ。

 

| 2.自分に嘘を吐かず、自らを最優先に考えて行動するという

自らの思い通りに振舞うということ。人生つまらないから逆転していくには、自分に嘘を吐かず、自らを最優先に考えて行動するというもの。

他の人のことを気に掛けて自分自身の行動に制限をかければ、いつまで経っても人生が楽しいと思うことはありません。

これをしてみたいという気持ちに素直になり行動することが、人生が楽しくなるのに繋がる積極的に面白くしていく対処策の一つ。

 

| 3.湧き上がらせることが、楽しく生きられる秘訣というもの

一日一つ楽しいと感じることをするということ。小さなことでも良いので、凄く楽しいという感情を湧き上がらせることが、楽しく生きられる秘訣というもの。

楽しい気分が心に芽生えることで、日常生活で起こる些細な出来事も、素敵と感じるようになる積極的に面白くしていく対処策の一つ。

楽しい感情を湧き上がらせるというのは、一見難しく感じますが、馬鹿馬鹿しいことを楽しめる人が幸せに人生を送れる人です。

 

| 4.様ざまな人に出会うことで価値観を広げていくというもの

多くの人と接し価値観を広げるということ。人生つまらないから逆転していくためには、様ざまな人に出会うことで価値観を広げていくというもの。

凝り固まった考え方を別の角度から見ることで、自らが持っているこれまでの価値観を変えてくれる切っ掛けにもなります。

人生を謳歌している人は、幾つになっても人との出会いを大事にしている積極的に面白くしていく対処策の一つ。

 

| 5.人生つまらない、そんなネガティブな思いに捉われやすい

健康を維持するということ。寝不足だったりストレスが蓄積していると、どうしても人生つまらない、そんなネガティブな思いに捉われやすいもの。

人生を楽しく生きるには健康でいるのが大前提で、それが新しいことに挑戦できたり、アクティブな思考パターンに繋がります。

身体が不調では楽しく生きることはできず、乗り越えていくには健康体を維持するのが、積極的に面白くしていく対処策の一つ。

 

 

 


人生つまらないのは30代にもあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.それがなければ面白味が薄くなってしまうというものです

人生に目標がないということ。目標とは生きる意味にも繋がるので、それがなければ面白味が薄くなってしまうというもの。

欲しい物があればお金を貯めたり、職場ではリーダー的な存在になるなど、何らかの目標がなければ人生つまらないということにもなりかねません。

仕事にしてもプライベートにしても達成する目標がない場合、自分が今後何をしたいのか分からず行動は起こせません。

 

| 2.見られるのが、ネガティブな思考パターンになりがちと

ネガティブ思考ということ。人生がつまらないと感じる人に見られるのが、ネガティブな思考パターンになりがちというもの。

ネガティブ思考パターンの場合、運が悪かったのひとことで済むシチュエーションも、しばらく気に病んで引き摺ることにもなりかねません。

ネガティブ思考は事柄の良い面に目が向かず、近くにある幸せなことや楽しいことに気づかず、日々がつまらないものと感じかねません。

 

| 3.出世する同僚など、自らと比べて華やかに見えるという

周囲と比較してしまうということ。SNSで楽しそうな人だったり自分より先に出世する同僚など、自らと比べて華やかに見えるというもの。

周囲の人たちと比較してしまう癖がある人は、このような姿を見て他者の人生を羨ましく感じることにもなりかねません。

そもそも幸せの基準は個々で違うので比べられないはずですが、他人の生活をみることで自分の人生つまらないということにもなりかねません。

 

| 4.プライベートにしても、常に100点満点を目指して行動

完璧主義ということ。完璧主義と呼ばれる人は、仕事にしてもプライベートにしても、常に100点満点を目指して行動するもの。

もちろん満点を目指すのは良いことですが、結果が95点だった際は、5点の失点が気に掛かり自らを責めてしまうことにもなりかねません。

常に完璧でなければならないというプレッシャーから、窮屈を感じ人生がつまらないということにもなりかねません。

 

 

 


楽しくない人生を感じることは多々あるもの、注意しておきたい理由


 

| 1.一人でいることが多い場合、居場所がなく面白くないもの

周りの人たちとの人間関係が良くないということ。周りの人たちとの人間関係が悪く一人でいることが多い場合、居場所がなく面白くないもの。

自分自身の気持ちを他の人と共有できなかったり、意見を主張できなくなることにもなりかねません。

更に、否定するばかりの人がいると最悪で、自己承認欲求も満たされず、自信を失ってネガティブな思考に陥りかねません。

 

| 2.感じられず、社会貢献をしている気にならないというもの

したくない仕事を続けているということ。仕事にやり甲斐をまったく感じられず、社会貢献をしている気にならないというもの。

もちろん生きていくには働かなくてはならず、自分のやりたい仕事だけができるという訳ではありません。

仕事は人生の中で大半の時間を占めているので、やり甲斐を感じられなければ、人生つまらないと感じることにもなりかねません。

 

| 3.プライベートの時間も充実し、仕事にも張り合いが出る

趣味がないということ。大好きな趣味は人生を豊かにしてくれる上。プライベートの時間も充実し、仕事にも張り合いが出るもの。

但し、全くの無趣味という場合、プライベート時間にも何をすれば良いかが分からず、つい無意味な日々を過ごしてしまいがちです。

そうなると何が楽しくて生きている、そんな思いが頭の中に湧き上がり、生きる楽しみ自体を見いだせなくなることがあります。

 

 

 

まとめ

つまらない人生という言葉が浮かんできます。ここでは、人生つまらないから大逆転したいもの、積極的に面白くしていく対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。