自分のことを話さない人も気懸りなもの、上手く関わっていく具体策



身近なところにも、自分のことを話さない人がいるもの。職場にもいて皆で盛り上がっている時も、1人で離れて静かにしているような人。

自分の事を話さない人は男性にも女性にもいて、会話に参加してこないので、何を考えているか分からないということにもなりかねません。

自分のことを話さない人はつまらないとも言われますが、親しい人とは非常にお喋りという場合もあり、興味のない相手には話しをしないという人も多くいます。

どんな話題にもすぐに乗って行ける人もいますが、自分のことを話さない人は臨機応変に話をすることが苦手です。

なので、そうした人に向き合う際は注意も必要。

ここでは、自分のことを話さない人も気懸りなもの、上手く関わっていく具体策を紹介しています。

 

 

 


自分のことを話さない人も気懸りなもの、上手く関わっていく具体策


 

| 1.喋らないからと、無視をしているということではないもの

喋らないのを無視と受取らないということ。自分のことを話さない人が喋らないからと言って、決して無視をしているということではないもの。

職場でも本人は上手く話すことができないで、仕事の伝達が円滑にいかず、相手に対して申し訳ないと考えていたりすることもあります。

人知れずコミュニケーションを図る努力をしていたりもするので、その態度を無視と決めつけたりしないのが、上手く関わっていく具体策の一つ。

 

| 2.慣れないこと、必要以上に体力を消耗し簡単にはできない

無理に喋らそうとしないということ。自分のことを話さない人が喋ろうとするのは慣れないことで、必要以上に体力を消耗し簡単にはできないもの。

他の人が普通にできることでも、無理して頑張ろうとすることは自分のことを話さない人には一大事ということにもなりかねません。

誰でも苦手なことは存在するので、自分のスタイルを押し付けず、相手のタイミングを待つのが上手く関わっていく具体策の一つ。

 

| 3.仕事関係の伝達は、メールなどを使ってやり取りすると

仕事関係の物事は、できる限りメールでやり取りをするということ。自分のことを話さない人に対しての仕事関係の伝達は、メールなどを使ってやり取りするというもの。

顔を合わせることのないコミュニケーションは、自分のことを話さない人には非常に気楽で、冷静に仕事関連の伝達をすることができます。

どんなこともメールにしてははいけませんが、メールなどから徐々に距離を縮めていくのも、上手く関わっていく具体策の一つ。

 

| 4.思っていた場合、実際は非常にお喋りだったということも

興味があることを掴み、その話題を振るということ。自分のことを話さない人を寡黙と思っていた場合、実際は非常にお喋りだったということもあるもの。

知らない話題なので無言でいるのかも知れず、自分自身の得意分野や興味のある事柄なら、つい口が止まらなくなることにもなりかねません。

先ずはどういったものに関心や興味を示すのかを探り、反応を伺ってみるのも上手く関わっていく具体策の一つ。

 

| 5.話さない寡黙な人もいる、そんな風に受け止めるという

こういう人という風に割り切るということ。お喋りの人がいるように自分のことを話さない寡黙な人もいる、そんな風に受け止めるというもの。

自分のことを話さないような無口な態度は悪いことと思いがちですが、そういう姿勢もその人の個性と受け入れるのが上手く関わっていく具体策の一つ。

自分のことを話さないのも良いところだと、ネガティブな見方ではなく、その人の長所として目を向けられるよう心掛けます。

 

 

 


自分の事を話さない人には様々なところも、知っておきたい心理状況


 

| 1.話さない人は、無口で少し怖いようなイメージがあるもの

極度の人見知りという心理状況。話しかけないと自分の事を話さない人は、無口で少し怖いようなイメージがあるもの。

人見知りの人は、自分自身が言うことを詰まらないと思われないかなど、非常に気にしてしまうことが多々あります。

本当は周囲の皆と同じように楽しく会話がしたいものの、何を話していいかが分からないということにもなりかねません。

 

| 2.寡黙な理由の中に、実際に何かの心に傷を背負っている

過去の失敗経験がトラウマになっているという心理状況。自分の事を話さない人が寡黙な理由の中に、実際に何かの心に傷を背負っているというもの。

過去に自分自身が発言したことで場の雰囲気を壊したことがあったり、友人や恋人に嫌われてしまったなどの経験があり、発言することを怖れています。

本質的に不愛想なのではなく、そんな経験が過去にあり、トラウマから本当の自分の姿を出せずにいます。

 

| 3.どういった話題を振っていいのかが分からないからという

話す内容がないという心理状況。自分の事を話さない人が黙っているのは、どういった話題を振っていいのかが分からないからというもの。

思うままに話して呆れられるのも嫌な上、何を話せば盛り上がるかと考えている間に疲れ果てることにもなりかねません。

決して話さないということではなく、話題が思い浮かばず、接点のない相手では緊張してしまうことにもなりかねません。

 

| 4.最初から喋る気がなく、無愛想な態度を取っているという

そもそも喋る気がないという心理状況。自分のことを話さない人に見られるのが、最初から喋る気がなく、無愛想な態度を取っているというもの。

何か考えているということではなく、単に話し掛けてくるような相手に対して話す気がありません

その理由は話しかけてきた相手に関心がなかったり、話したくない気分など、自分勝手な都合の場合が多々あります。

 

 

 


自分の事を話さない人にはある傾向も、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.こちらから話題を振っていかなければ会話にならないもの

他の人を疲れ指すということ。常に受け身の自分のことを話さない人は、こちらから話題を振っていかなければ会話にならないもの。

そうした話し掛けなければ話さない人の場合、自分のことを喋れない理由があっても、相手をするのは疲れることになり嫌だと思われてしまいがち。

そうした人を好んで仲間に入れようは普通は思わず、気が付いたら一人ぼっちになっていたということにもなりかねません。

 

| 2.寡黙になってしまい、話している相手も嫌な気持ちになる

何を考えているか理解できず怖いということ。悪気がなくても自分のことを話さない場合、どうしても寡黙になってしまい、話している相手も嫌な気持ちになるもの。

何を考えているか理解できないので怖く、ノリも悪くて気持ち悪いと思われることにもなりかねません。

皆で盛り上がっているような場面でも、喋らない人がいれば微妙な空気になることも多く、嫌がられることになりかねません。

 

| 3.作業なら良いものの、職場ではコミュニケーションが大事

仕事が進み難いということ。黙々と1人でするような作業なら良いものの、職場ではコミュニケーションが大事になるもの。

自分のことを話さない人は職場でも無口なので、仕事関係で必要なコミュニケーション等も上手く取ることができません。

決して悪い人間ではありませんが、仕事も進まず面倒臭いと思われてしまうことになりかねず、職場でも浮いた存在となってしまいかねません。

 

 

 

まとめ

1人で離れて静かにしているような人物。ここでは、自分のことを話さない人も気懸りなもの、上手く関わっていく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。