やりたい事がないのは因果応報かも知れない、乗り越えていく克服策



人生を過ごしていると、やりたい事がないと感じることがあるもの。やりたい事が分からなかったり仕事が楽しくないなど、そんな悩みを抱えている人は珍しくありません。

やるべき事をやるという意見もありますが、自分のしたいことややりたい事が分からない時に、無理に探したり頑張り過ぎれば、返ってストレスともなりかねません。

またやりたい事がないという人に見られるのが、何かを始める前の段階で、無理とか無駄という壁を作ってしまうということです。

こうしたことを避けるのは、大変だったり辛いことに遭遇しないためですが、始める前に否定する癖がつけば、やりたい事までしない可能性もあります。

やりたい事もやりたくない事も生きて行く上ではありますが、見つけるやり方を知っておくと先々役立つこと請け合い。

ここでは、やりたい事がないのは因果応報かも知れない、乗り越えていく克服策を紹介しています。

 

 

 


やりたい事がないのは因果応報かも知れない、乗り越えていく克服策


 

| 1.ないのは、自己分析が不足している可能性があるという

客観的に自分を見つめ直すということ。自分自身にやりたい事がないのは、自己分析が不足している可能性があるというもの。

自己分析というのは、過去の体験を詳しく振り返っていくことで、そこから自らの価値観をはじめ長所や短所といった傾向を洗い出すことです。

自分のやりたい事が分からない時は、時間を忘れ熱中したことなど、自己分析を通じ将来のビジョンを考えるのも乗り越えていく克服策の一つ。

 

| 2.何となく気が向くことに前向きに取り組むというものです

何となく気が向いたことからスタートするということ。自らのやりたい事がわからない場合、何となく気が向くことに前向きに取り組むというもの。

日常の何気ないことが切っ掛けで、その行為の面白さが分かることもあり、少しでも面白いとか興味が湧けば継続するのが乗り越えていく克服策の一つ。

将来の直接的な仕事には繋がらなくても、人生の楽しみだったりやり甲斐を発見できる、そんな可能性も大いにあります。

 

| 3.あまり自らのハードルを高く設定し過ぎることがあるもの

理想のハードルを下げるということ。自分のやりたい事がわからない人は、理想を求めるあまり自らのハードルを高く設定し過ぎることがあるもの。

完璧な結果を追い求めるのは悪くはありませんが、自分自身が進むべき道ややりたい事がわからない状況なら、理想を下げてみるのも乗り越えていく克服策の一つ。

簡単にできそうなことを見つけ、それを突き詰めていくようなやり方もあるので、肩の力を抜いて生きるよう心掛けます。

 

| 4.友人や家族などの第三者の意見を聞いてみるというもの

第三者の意見を聞いてみるということ。考えてみてもやりたい事がわかからない時は、友人や家族などの第三者の意見を聞いてみるというもの。

自らにやりたい事がないのは心身の健康に良くないので、自分自身を良く知る人物に、どんなことに合っていそうかとか向いているかなどを尋ねるようにします。

何気ない会話などから、新しいアイディアが思い浮かんでくることもある、乗り越えていく克服策の一つ。

 

| 5.いる場合、その環境自体が合っていないこともあるもの

環境を変えてみるということ。現在いる環境で壁にぶつかり、自分のやりたい事がわからなくなっている場合、その環境自体が合っていないこともあるもの。

無理に我慢を続けていると、心身の不調に繋がる怖れもあるので、転職を検討して現在いる環境を変えてみるのも、乗り越えていく克服策の一つ。

但し、その職場に入ったばかりなどの経験が浅い時は、単に仕事に慣れていないだけの可能もあり、少し様子を伺うようにします。

 

 

 


やる事ないという意見もある、知っておきたい分からない人の特徴面


 

| 1.経験が足りてなく、自らの方向性を考え難くなっていると

人生の経験が不足しているということ。やりたい事がないは人生の経験が足りてなく、自らの方向性を考え難くなっているというもの。

人生では楽しいことだったり大変なことや辛いことなど、様ざまな経験を積むことで、初めて自分のやりたいことが分かってきます。

やりたい事がないと感じる時は、まだ経験を積めていないと考えて、積極的に挑戦していくことが大切。

 

| 2.結果として自分自身のやりたい事がわからなくなるもの

失敗を過剰に怖れているということ。ミスを過度に恐れているような人は、物事に対して消極的になりやすく、結果として自分自身のやりたい事がわからなくなるもの。

常に失敗をした時はどうしようという気持ちが強く、新しいことに挑戦するのを避けてしまいがちになります。

失敗やミスを過多に怖れるのではなくて、自分自身の選択肢を広げるような行動も時には必要です。

 

| 3.考えたり行動に移す以前に他人に頼ってしまうというもの

人に頼ることが多いということ。やりたい事がない人に見られるのが、考えたり行動に移す以前に他人に頼ってしまうというもの。

誰か他の人に頼りっきりになってしまった場合、深く考えることなく言われたまま行動することにもなりかねません。

自分自身の気持ちや意見を最優先にして、考えて行動する癖をつけることが重要なポイント。

 

| 4.新しいことに挑戦して一度の失敗で諦めているというもの

一度の挫折で諦めているということ。やりたい事がない人に見受けられるのが、新しいことに挑戦して一度の失敗で諦めているというもの。

何事も慣れない間は失敗することが多いもので、諦めてやりたい事がわからないと悩むことにもなりかねません。

一度の挫折で諦めずにチャレンジし続けることで、自分自身の向きや不向きがわかることも多々あります。

 

 

 


やれる事をやるという声もあるもの、注意しておきたい分からない原因


 

| 1.考え過ぎているケースでは、自分の本音が分かり難くなる

考え過ぎているということ。行動を起こす前から計算し過ぎたり考え過ぎているケースでは、自分の本音が分かり難くなるというもの。

あらゆる行動を損得勘定で判断すると、他に湧き上がる感情を満たせなくなるので、徐々に自分自身のことが分からなくなってしまいます。

完璧な結果が出ないようなら行動に移せない、そんな考えが頭の中を駆け巡り、やりたい気持ちを抑え込むことにもなりかねません。

 

| 2.読み過ぎている状態で、常に自分を押し殺しているという

周りの人たちに合わせてしまうということ。人間関係で言えば空気を読み過ぎている状態で、常に自分を押し殺しているというもの。

自分がやりたい事よりも、浮かないようにとか、周囲と対立しないようにということを優先します。

周りに合わせることは、スムーズなコミュニケーションに必要なことですが、自分が分からなくなることにもなりかねません。

 

| 3.自分自身のことを考える余裕がなくなることがあるもの

ストレスを抱えているということ。ストレスを抱え続けている場合、自分自身のことを考える余裕がなくなることがあるもの。

精神的にも時間的にも追い詰められていると、目の前のことに向かうだけで精一杯になることにもなりかねません。

疲労が溜まった状況では、自らのことを振り返る余裕がなくなり、やりたい事がないということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

悩みを抱えている人は珍しくありません。ここでは、やりたい事がないのは因果応報かも知れない、乗り越えていく克服策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。