生きるって難しいのは因果応報かも知れない、具体的に打ち勝つ対処術



日々を過ごしていると、生きるって難しいと感じることがあるもの。思ったよりも普通に生きることが難しい現代社会では、苦悩してしまうことにもなりかねません。

生きていくためには数多くの障壁があり、そんな中で否応なく生きていかねばならず、生きるのは難しいと心底思うことがあります。

生きることは非常に難しいものですが、どれほど体裁よく言ったところで、暮らしていくためには金銭的なものが必要になります。

もちろん基本的には働くこととなりますが、これが思ったよりも悪戦苦闘することになり、生きていくのが難しいということにもなりかねません。

日々身体と精神的な面をすり減らしながら働くのは、生きる難しさを覚えます。

ここでは、生きるって難しいのは因果応報かも知れない、具体的に打ち勝つ対処術を紹介しています。

 

 

 


生きるって難しいのは因果応報かも知れない、具体的に打ち勝つ対処術


 

| 1.冷静に理由を分析して、整理していくことが大切という

辛い気持ちを整理してみるということ。生きるって難しいと感じているケースでは、冷静に理由を分析して、整理していくことが大切というもの。

辛いと感じる気持ちを詳しく整理してみると、意外に簡単に解決できるもに気付くこともある、具体的に打ち勝つ対処術の一つ。

こうして整理をして己自身の現状を客観的に把握できると、物事に対して落ち着いて対処できるようになり、状況も好転しやすくなります。

 

| 2.支配されているケースでは、他のことは何も手に付かなく

好きな物事に没頭しリフレッシュするということ。心が生きるって難しい心境に支配されているケースでは、他のことは何も手に付かなくなるもの。

こうした時は無理してでも気持ちを切り替えなければストレスは溜まるばかりで、毎日が同じことの繰り返しになりやすいタイプの人は要注意です。

時間を忘れて好きな大好きな趣味などに没頭するのが良く、半ば強制的に楽しいことのみを考えることが具体的に打ち勝つ対処術の一つ。

 

| 3.本当に己自身にとって大事なものかを考える余地もある

己が大切にしたいものを再度見直すということ。生きるって難しいと感じさせている要因が、本当に己自身にとって大事なものかを考える余地もあるもの。

その時々の苦しみだったり悩みの元となるものは、長い人生から見ると、ほんの些細な物事である可能性も大いにあります。

些細かどうかを見極めていくには、己自身が大切にしたいものが何であるかを、再度見直すのが具体的に打ち勝つ対処術の一つ。

 

| 4.気持ちは、他の人に話しをすることで一旦は和らぐという

信用できる相手に相談するということ。生きるって難しいという苦しい気持ちは、他の人に話しをすることで一旦は和らぐというもの。

苦しさだったり辛さを理解して共感してくれる人物がいると、孤独感も薄くなって安心感が芽生えることになります。

言葉にして外側に向かって発することで頭の中も整理されるので、自然に解決法や問題点も見えてくる、具体的に打ち勝つ対処術の一つ。

 

| 5.断ち切っていくには、リセットする必要性があるという

身の回りを整理整頓して断捨離するということ。生きるって難しい状況を断ち切っていくには、リセットする必要性があるというもの。

職場などの人間関係のリセットは簡単にはできないので、身の回りを片付けるのが具体的に打ち勝つ対処術の一つ。

断捨離などは最高の気分のリセットにも繋がるので、新鮮な気持ちが湧き起これば、生きるって難しい苦しい時を乗り越えていくい切っ掛けが得られます。

 

 

 


生きることは難しいと思うことは多々ある、覚えておきたい感じる瞬間


 

| 1.それは己自身が期待する対価が得られるときだけという

どれほど努力しても思い描く成果を残せない時。目標に向かって努力できるのは尊いことですが、それは己自身が期待する対価が得られるときだけというもの。

その努力したことに対して思い描いた成果を残せなければ、無意味な頑張りを感じることにもなりかねません。

人生の大半を費やして努力してきたときは、今までの時間が無駄に過ぎ去ったと感じ、生きるって難しいということにもなりかねません。

 

| 2.ケースでは、振られてしまえば心の痛手は非常に大きな

大好きな人に振られてしまった時。大好きな人に告白した時や、結婚を考えている相手と交際中のケースでは、振られてしまえば心の痛手は非常に大きなもの。

己自身の人生の中で恋愛の重要度が高い人ほど、生きることは難しいと感じる度合いが強くなりかねません。

生き甲斐でもある大好きな人がいなくなってしまえば、生きる意味さえ見失ってしまうほどの喪失感に襲われかねません。

 

| 3.騙されていたとか嘘を吐かれていたと痛切に感じるもの

信用していた友達に裏切られた時。友人に裏切られたケースでは、騙されていたとか嘘を吐かれていたと痛切に感じるもの。

信用していた相手と一緒に過ごした期間は、全て偽りのものだったと悲みが込み上げてくることになりかねません。

大事な時間と思っていたものが壊れてしまった時、己の人生まで崩れてしまった気がして、生きるって難しいという感情を持ってしまいます。

 

| 4.タイプは、一番でなければ値打ちがないという人もいる

周囲の人達との明らかな差を感じた時。勝ち負けに固執したり負けず嫌いのタイプは、一番でなければ値打ちがないという人もいるもの。

そうでなくても組織の中で己だけが役立たずだと感じたときは、居てはならない存在と苦悶することにもなりかねません。

こうした人物は、仕事関係で多少の努力では届かない差を周囲の人たちに感じた時、存在意義を持てず生きるって難しいということになりかねません。

 

 

 


普通に生きる難しさを感じることも、注意しておきたい前向きなヒント


 

| 1.感じている時は、ネガティブな方向ばかりに目が向くと

物事を視点を変えて見るという考え方。多くの事柄には良い面も悪い面もありますが、生きるって難しいと感じている時は、ネガティブな方向ばかりに目が向くというもの。

例を上げると好きな相手に振られたとき、そのことのみに捉われていれば気分は最悪ですが、物事を視点を変えて見れば様々な点に気付けます。

現在は仕事に専念すべきとか、もっと己自身に相応しい相手を探すべきなど、一つの物事への捉え方は無限にあり、そこに前向きに生きていくヒントがあります。

 

| 2.人生で生きるって難しいと感じているのは思い違いという

他人と比べないということ。誰かと比較してコンプレックスを覚え、人生で生きるって難しいと感じているのは思い違いというもの。

勝ち負けというのが幸せに対しての絶対的尺度ではなく、己自身が幸せになるために、人の優秀さというのは全然関係がありません。

過去の己自身よりも成長して、幸せに近づくよう努力を考えるのが、前向きに生きていくヒントになります。

 

| 3.あるケースでは、物事を全否定してしまうような人もいる

完璧を目指さないということ。少しでも上手くいかないことがあるケースでは、物事を全否定してしまうような人もいるもの。

学生時代に成績が優秀だった人物は、こういった完璧主義に嵌まり込みやすくなりますが、世の中での100%の成功は滅多にありません。

完璧を目指すと生きることが苦しいとなりかねず、それなりの結果で満足するようにすれば、現在よりも前向きに生きていけるヒントの一つ。

 

 

 

まとめ

苦悩してしまうことになりかねません。ここでは、生きるって難しいのは因果応報かも知れない、具体的に打ち勝つ対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。