自分から話さない人は因果応報かも知れない、上手に相対していく術



身の回りを見渡すと、自分から話さない人もいるもの。どんな職場にも一人くらいはいるような、普段から無口で話し掛けたら話してくれるようなタイプ。

女性にも男性にもいる自分から話さない人は、内気で人見知りなところがあり、気軽なお喋りは苦手というところがあります。

こうした人物は病気の場合もありますが、気心が知れた家族だったり昔からの友達でもない限り、何を話せばいいのか分かっていない様子が見て取れます。

何ということもない話題やテーマで盛り上がる人たちの姿を見ても、不思議に思ってしまうことにもなりかねません。

結果として、コミュニケーションを図ろうとする際は注意も必要です。

ここでは、自分から話さない人は因果応報かも知れない、上手に相対していく術を紹介しています。

 

 

 


自分から話さない人は因果応報かも知れない、上手に相対していく術


 

| 1.からと言って、決して無視をしているという訳ではない

話さないのを無視と受け止めないということ。自分から話さないからと言って、決して無視をしているという訳ではないもの。

職場内でも本人は上手に話すことができなくて、仕事の伝達がスムーズにいかず、相手に対して申し訳ないと思っていたりすることもあります。

秘かにコミュニケーションを図るような努力をしていることがある、その姿勢を無視と決め付けたりしないのが、上手に相対していく術の一つ。

 

| 2.必要以上に体力を消耗することになり簡単にはいかない

無理に喋らそうとはしないこと。自分から話さない人が喋ろうとするのは不慣れなことで、必要以上に体力を消耗することになり簡単にはいかないもの。

他者が普通にできることでも、無理して頑張ろうとするのは、自分から話さない人には一大事ということになりかねません。

誰でも不得手なことは存在するので、己のスタイルを押し付けず、相手のタイミングを待つのも上手に相対していく術の一つ。

 

| 3.仕事上の伝達は、メールなどを使用してやり取りすると

仕事上の物事は、できるだけメールでやり取りするということ。自分から話さない人に向かっての仕事上の伝達は、メールなどを使用してやり取りするというもの。

顔を合わせることがないコミュニケーションは、自分から話さない人には非常に気楽なもので、冷静に仕事上の伝達をすることができます。

どんなこともメールではいけませんが、こうしたことから段々と距離を縮めていくのも、上手に相対していく術の一つ。

 

| 4.寡黙と思っていても、現実には非常にお喋りだったことも

関心があることを掴み、そのテーマを振るということ。自分から話さない人が寡黙と思っていても、現実には非常にお喋りだったこともあるもの。

全く知らない話題なので無言になっているかも知れず、己自身の得意分野や関心のある物事であれば、つい口が止まらなくなることもあり得ます。

先ずはどういうものに関心や興味を示すのかを探って、反応を伺ってみるのも上手に相対していく術の一つ。

 

| 5.話さない寡黙な人もいる、そんな風に受け入れるという

こういう風な人と割り切るということ。お喋りの人がいるように自分から話さない寡黙な人もいる、そんな風に受け入れるというもの。

自分から話さない無口な態度は悪いことと受取りがちですが、そういう態度もその人の個性と受け止めるのが、上手に相対していく術の一つ。

自分から話さないのも穏やかで良いところだと、ネガティブな見方をしないで、その人物の長所として注意を向けられるよう心掛けます。

 

 

 


自分から話さない人は恋愛でも疲れるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.話さない人は、無口で少し怖いような雰囲気もあるもの

極端な人見知りという心理状態。話しかけなければ自分のことを話さない人は、無口で少し怖いような雰囲気もあるもの。

人見知りの人は己が言うことが詰まらない、そんな風に思われないかなど、非常に気にしてしまうところがあります。

本当は周りの人たちと同じように和気あいあいと会話がしたいものの、何を話して良いかが分からず戸惑うことにもなりかねません。

 

| 2.理由の中に、過去の体験で心に何かの傷があるというもの

過去の失敗体験がトラウマという心理状態。自分から話さない人が寡黙な理由の中に、過去の体験で心に何かの傷があるというもの。

過去に己自身が発言したことで場のムードを壊したことがあったり、恋人や友人に嫌われてしまったなどの体験があり、発言すること自体を怖れています。

本質的に不愛想ということではなく、過去にそんな経験があり、トラウマから本来の己の姿を出せずにいます。

 

| 3.どういった話題を喋って良いのかが分からないからという

話すほどの内容がないという心理状態。自分から話さない人が黙っているのは、どういった話題を喋って良いのかが分からないからというもの。

思うままに喋って呆れられるのも嫌な上、何を話せば盛り上がるかなどと考えているうちに、疲れ果てることになりかねません。

決して喋らないということではなく、話題が何も思い浮かばず、接点のない相手では更に緊張してしまうことになりかねません。

 

| 4.最初から話す気もなく、無愛想な態度を見せているという

そもそも話す気がないという心理状態。自分から話さない人に見られるのが、最初から話す気もなく、無愛想な態度を見せているというもの。

何かを考えていてのことではなく、単に話し掛けてくるような人に向かって、相手をして話す気がありません。

その理由は話しかけてきた相手に興味がなかったり、話したくない気分の時など、身勝手な都合のことも多々あります。

 

 

 


自分から話さない人には様々な面があるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.話題やテーマを持ち掛けなければ会話にもならないもの

人を疲れさせるということ。常に受け身の自分から話さない人は、こちらから話題やテーマを持ち掛けなければ会話にもならないもの。

そんな話し掛けなければ話さない人のケースでは、いくら喋れない理由があっても、相手をするのに疲れてしまうことになり敬遠されてしまいがち。

普通はそうした人物を好んで仲間に入れようはしないので、気が付けば一人ぼっちということにもなりかねません。

 

| 2.寡黙になるので、話している相手側も嫌な気持ちになる

何を考えている分からず怖いということ。悪気がなくても自分から話さないケースでは、どうしても寡黙になるので、話している相手側も嫌な気持ちになるもの。

何を考えているかが分からないので怖くなり、ノリも悪くて気持ち悪いと受取られることにもなりかねません。

皆で盛り上がっているようなシーンでも、話さない人がいれば微妙な雰囲気になることも多く、敬遠されることになりかねません。

 

| 3.良いものの、職場内ではコミュニケーションが大切になる

仕事が進まないということ。黙々と単独でするような作業なら良いものの、職場内ではコミュニケーションが大切になるもの。

自分から話さない人は職場でも無口なので、仕事上の必要なコミュニケーションなども上手く取ることが不得手です。

決して悪い人というわけではありませんが、仕事も進まず面倒臭いと受取られることになりかねず、浮いた存在になってしまいかねません。

 

 

 

まとめ

気軽なお喋りは苦手というところがある。ここでは、自分から話さない人は因果応報かも知れない、上手に相対していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。