追い詰める人はサイコパスかも知れない、堅実に向き合っていく具体策



身近なところにも、追い詰める人がいるもの。こうした人を追い詰める人は、正論を振りかざすことも多く、厄介な人ということにもなりかねません。

追い詰める人は男性にしても女性にしても、すぐに頭に血が上るような人が多く、理不尽な理由を持ち出して相手を責める行為で人を困惑させかねません。

ほかにも職場や家庭などのストレスを、相手を追い詰めることにより解消に繋げる人もいます。

但し、追い詰められている状況が長く続いた場合、集中力だったり論理的思考の低下から、仕事のパフォーマンスも下がることにもなりかねません。

なので、側にそんな人を追い詰める性格の人がいるときは警戒が必要です。

ここでは、追い詰める人はサイコパスかも知れない、堅実に向き合っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


追い詰める人はサイコパスかも知れない、堅実に向き合っていく具体策


 

| 1.辛さかったり寂しいという気持ちに向かって寄り添うと

相手の気持ちに寄り添うということ。追い詰める人は心に闇を抱えているケースも多く、辛さかったり寂しいという気持ちに向かって寄り添うというもの。

難しいこともあるかも知れませんが、そうした心の機微を感じ取っていくのも、堅実に向き合っていく具体策の一つ。

こうすることによって、相手も己自身の気持ちを受け止めてくれた、そんな具合に安心して敵ではないと判断するので、段々と攻撃的言動が減ることも期待できます。

追い詰める人との間の人間関係というだけではなく、己自身が聞き上手になって理解力を高める練習だと思い取り組みます。

 

| 2.原因を突き止めていくことが課題の最優先になるという

原因を突き止めていくということ。追い詰める人がどういったことを追求しているのが、原因を突き止めていくことが課題の最優先になるというもの。

現実には、その責任感から逃れることができなくても、問題をじっくり考えることが、ストレスになるのを防止していくことに結び付きます。

追い詰める人の言い分が大きなプレッシャーになっているケースでは、原因を手に負えるものに変えて解決していくのが、堅実に向き合っていく具体策の一つ。

 

| 3.口調をしてきた場合、右から左へとスルーするというもの

上手に聞き流すということ。上手に聞き流すのも賢いやり方の一つで、相手が攻撃的態度をしてきたり責めるような口調をしてきた場合、右から左へとスルーするというもの。

精神的に追い詰めてくる人物の言葉をあまりに真剣に受け止めたケースでは、己自身の精神面が先にやられてしまうことになりかねません。

心の優しい人からすると、少し冷たい感じがして気が引けるところですが、そうですかと一声かけて冷静に対処するのが、堅実に向き合っていく具体策の一つ。

己自身の身を守るのを最優先に考えて、これから先に向かっての互いの関係性を良いものに変えていくためにも、ぜひ試してみるよう心掛けます。

 

| 4.問題がある時は、職場の上司や専門家などに相談すると

職場の上司だったり専門家等に相談するということ。己自身の能力ではどうしても対処できないような問題がある時は、職場の上司や専門家などに相談するというもの。

相手の態度が余りにも執拗で仕事に差し障りがある場合、上司だったり専門家に相談するのも一手で、攻撃的態度をしている追い詰める人も、第三者が入ると冷静になれるかも知れません。

但し、いらないことをされたと更に拍車が掛かる可能性もあり、そこには充分な警戒が必要になって来ることにもなりかねません。

相手の言動や表情を上手に読み取りながら、最良のタイミングを把握するようにして、誰かに向かって相談するよう心掛けまます。

 

 

 


他人を追い詰める人には様々な面が見られるもの、注意したい心理状態


 

| 1.追求するのが楽しい、心の中にそういった気持があると

追い詰めることが楽しいという心理状態。追い詰める人に多々見られるのが、他の人を追求するのが楽しい、心の中にそういった気持があるというもの。

本来なら人間の脳の機能というのは、他者に親切にしたり結び付きを持つことで、幸福を感じられるようにできあがっています。

但し、何らかの切っ掛けによりそういった機能が低下して、本来なら楽しさとして認識できないような行動を錯覚することがあります。

 

| 2.その振る舞いが相手にとって必要不可欠と思い込んでいる

相手にとっては必要という心理状態。追い詰める人に見受けられるのが、その振る舞いが相手にとって必要不可欠と思い込んでいるというもの。

職場では己自身が上司という立場を利用して、相手にとって責めること自体が必要である、そんな風に正当化していることも多くあります。

但し、そこにどんな理由があるにしても、相手を故意に傷付けるような言動は、大人としては慎んでおきたい態度です。

 

| 3.弱い部分を他者に投影して、苛立って相手を追い詰めると

己自身の弱い姿を他の人間に投影しているという心理状態。追い詰める人に見られるのが、弱い部分を他者に投影して、苛立って相手を追い詰めるというもの。

投影というこの仕組みは心理学では有名なものですが、これを己自身が理解しているような当事者は滅多にいません。

こうしたケースでは、人を攻撃的に責める人物は、己自身の中に弱いという自己イメージも広がっています。

 

| 4.己自身の言動が常に認められるべきと思い込んでいると

己自身の言動が認められるべきという心理状態。追い詰める人に見受けられるのが、己自身の言動が常に認められるべきと思い込んでいるというもの。

こうした思考パターンからすれば、己自身のことを理解できないとか疑問に思う相手は、間違った人間に目に映ります。

結果として、本人からすると何故分からない、そういった気持ちから相手を責めるという攻撃を繰り返すことにもなりかねません。

 

 


鬱病の人を追い詰めることもあるもの、覚えておきたいそんな特徴面


 

| 1.考えから、過多に攻撃的になり相手を責め立てるという

負けず嫌いな人間ということ。追い詰める人の中に見られるのが、他者に負けたくないという考えから、過多に攻撃的になり相手を責め立てるというもの。

己自身のスキルや人間性を高める目的から、ある程度は周囲の人たちと己を比較するということも大切なポイントです。

但し、こうした態度も度を越えれば、相手にとっては単なる攻撃的行為ともなりかねず、注意することが必要になります。

 

| 2.構築に躓き、他人との関わり合い方を見失ったというもの

他者との上手い関わり合い方を分かっていないということ。人生のどこかの時点で人間関係の構築に躓き、他人との関わり合い方を見失ったというもの。

但し、他人と繋がりたいといった本能はあるので、分からないなりにも何とか関係を持とうと、それが相手を責めることに繋がっています。

関わり方を分かっていないので、攻撃的な姿勢を通して、どうにかして目の前の相手と結び付こうとしかねません。

 

| 3.己自身が信頼できず、同様に相手のことも信用できない

己自身や相手のことが信用できないということ。追い詰める人の中に見られるのが、上手く己自身が信頼できず、同様に相手のことも信用できないというもの。

こうしたことが心の奥底にあり、相手に対して攻撃的な態度に出たり、追い詰めてしまうことになりかねません。

こうしたケースでは、己自身の人生に対しての信頼感や安心感を、ゆっくり育むことが非常に大事になります。

 

 

 

まとめ

性格の人がいるときは警戒が必要です。ここでは、追い詰める人はサイコパスかも知れない、堅実に向き合っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。