怒られた時の対処法で落ち着きたいもの、逆転に繋げていく具体的な術



人生を過ごしていると、怒られた時の対処法が欲しくなる時もあるもの。仕事でミスを犯してしまい、注意を受けたことで深く落ち込んでしまったりするような時です。

昨今の若い人にはそんな打たれ弱いタイプが増えていると言われていて、社会人として成長を阻んでしまうことにも繋がっています。

もちろん親に怒られた時の対処法や先生に怒られた時の対処法などは、人それぞれのやり方がありますが、怒る人というのは必ずしも嫌な人ではありません。

怒るという行為は非常に労力が要ることなので、本当に嫌な人間であれば、敢えて失敗を指摘しないで放置するかも知れません。

なので、理不尽に怒られた時の対処法を掴んでおくなど、日常的な姿勢が重要にもなってきます。

ここでは、怒られた時の対処法で落ち着きたいもの、逆転に繋げていく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


怒られた時の対処法で落ち着きたいもの、逆転に繋げていく具体的な術


 

| 1.良く聞いて、見に覚えがある時は素直に謝罪するという

相手の意見は一旦全て受け止めるということ。相手の意見は一旦受け止めることが大切で、話を良く聞いて、見に覚えがある時は素直に謝罪するというもの。

また、怒られた際に言われたことに対して感情的に否定すると、相手との関係悪化にも繋がりかねません。

相手の意見を一旦全て受け入れた上で、不当に感じることは後から伝えるのが、逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 2.必要になるのが、次にまた同じような失敗を繰り返さない

内容をメモに取るということ。怒られた時の対処法で必要になるのが、次にまた同じような失敗を繰り返さないというもの。

怒られた時には、怒られた具体的内容やどうやれば改善できるかなど、再び同じ失敗を繰り返さないよう、メモに取って改善策を考えるよう心掛けます。

メモに書くことで気持ちが落ち着くだけでなく、客観的な視点が持てるようになる、逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 3.良いのですが、なかなか簡単にそう言う風にはならない

気分転換するということ。怒られた後ですぐに気持ちが切り替えられると良いのですが、なかなか簡単にそう言う風にはならないというもの。

怒られた時に1日中塞ぎ込んでしまうような人も少なくなく、そんな時には気分転換をして、少しでも早く気持ちを切り換えるのが、逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

一度反省し改善策を発見した後は、趣味に没頭するなど気分転換をすれば、気持ちも晴れその後の仕事もスムーズに進められるはずです。

 

| 4.成長できませんが、やっぱり気持ちは晴れないというもの

.成長のチャンスと捉えるということ。仕事で何かを失敗して怒られた場合、ただ落ち込んでいるだけでは成長できませんが、やっぱり気持ちは晴れないというもの。

一度指摘を受けたことでミスしないようにすれば、その分だけ仕事のパフォーマンスは向上したということです。

失敗は成功の元といった諺もあるように、怒られた時は成長の機会と前向きに捉えるのが、逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

| 5.身近な人に相談して、アドバイスを貰うというものです

相談するということ。怒られた時は落ち込んだり苛立つこともありますが、そんな時は身近な人に相談して、アドバイスを貰うというもの。

信頼できる先輩などに相談してみるのも良く、どう乗り越えてきたか意外な意見が聞けるかも知れません。

一層実践的なアドバイスを貰える可能性もあり、視野も広がり後の仕事のパフォーマンスも上がる、逆転に繋げていく具体的な術の一つ。

 

 

 


怒った時の対処法が気になるもの、注意しておきたい仕事での原因面


 

| 1.スピードが遅く、周囲の人たちの仕事に影響が出てしまう

仕事が遅いということ。怒られてしまう原因にあるのが、作業のスピードが遅く、周囲の人たちの仕事に影響が出てしまうというもの。

多くの仕事には締め切りがあり、約束を守れないケースでは、評判を落としてしまうことにもなりかねません。

作業スピードが遅くなってしまう原因を探し出し、徐々に改善していくような必要性があるかも知れません。

 

| 2.そうした状態では怒られても仕方がないというものです

依頼されたことができていないということ。依頼されたことと違う作業から進め期限に間に合わないなど、そうした状態では怒られても仕方がないというもの。

作業を進める時には優先順位を付けることが必要で、緊急性の高いものから片付けるよう習慣づければ、怒られるような機会も減るはずです。

指示された仕事ができないのは怒られる原因になり、依頼を受けた際は、落ち着いて余裕あるスケジュールを立てるようにします。

 

| 3.依頼された仕事とは違ったことをしてしまうというもの

違う仕事をするということ。怒られる原因として案外見られるのが、依頼された仕事とは違ったことをしてしまうというもの。

仕事の依頼内容だったり指示をきちんと理解していれば、正しく実行できるはずで、ミスが続くのは半分分かっていないからです。

心当たりがある場合、上司だったり先輩の指示を、素直な気持ちで受け入れられているかどうか意識するようにします。

 

| 4.異なった情報を、周囲の人たちに吹聴し広めてしまった

不正確な情報を広めるということ。怒られる原因に見られるのが、事実とは異なった情報を、周囲の人たちに吹聴し広めてしまったというもの。

わざとという訳ではなくても誤った情報を広めてしまえば、受けた側の人たちに迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

間違いに気が付いた時は、トラブルになる以前に謝罪と訂正の連絡を迅速にするようにします。

 

 

 


怒らせた時の対処法に注意したい、知っておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.遅刻したりと、期限だったり約束を守れない人がいるもの

時間や約束を守らないということ。仕事をしていく上で時間や約束を守るのは当然のマナーですが、中には平気で遅刻したりと、期限だったり約束を守れない人がいるもの。

仕事関連だけに関わらず、約束を守るのは相手に対しての最低限度の礼儀でもあり、守らない人とは良好な信頼関係などは築けません。

こうした人物は基本的に自己中心的な思考パターンをしていることが多く、根本的は考え方だったり意識から変える必要があります。

 

| 2.何度も繰り返し、反省していないと怒られてしまうという

同じミスを何度もするということ。一度指摘を受けたようなミスを、何度も繰り返し、反省していないと怒られてしまうというもの。

自分自身が失敗しがちな行動を把握すれば、事前にミスは防げるはずですが、改善に繋がらず同じミスを何度もしてしまいます。

何かのミスを犯してしまった時は、再び同じような失敗は繰り返さない、そうしたことについて熟孝する必要があります。

 

| 3.一緒に働く人間の身だしなみだったり態度が悪いのは嫌

態度が悪いということ。言葉遣いが乱暴だったりと、一緒に働く人間の身だしなみだったり態度が悪いのは嫌というもの。

腕組みや足組みをしたり返事をしないなど、このような態度では相手をする方を不愉快な気持ちにさせることにもなりかねません。

ビジネスマナーとは相手への思い遣りで、どんな相手に対しても良好な人間関係を築くためには、社会人として当たり前のマナーを身に付ける必要もあります。

 

 

 

まとめ

日常的な姿勢が重要にもなってきます。ここでは、怒られた時の対処法で落ち着きたいもの、逆転に繋げていく具体的な術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。