中身のない人は避けたいもの、用心深く先に向かって改善していく術



身近なところにも、中身のない人がいるもの。どこか薄っぺらいところがあり、話をしても言葉に重みがなく、中身がないと感じるような人。

他の人を過小に評価する割には自分を過大評価することもあり、上辺だけの話も多いので、周りの人たちからの信用も得られません。

中身のない人間は辛いと巷でも言われますが、分からないことをそうとは言えずに、なるほどと理解した振りをすることになりかねません。

但し、自らの能力のなさを偽った場合、一時的に人を騙すことはできても時限的なもので、露わになった時は中身がない人という心証を広めかねません。

なので、人と接する際は自然体を心掛けることも必要です。

ここでは、中身のない人は避けたいもの、用心深く先に向かって改善していく術を紹介しています。

 

 

 


中身のない人は避けたいもの、用心深く先に向かって改善していく術


 

|  1.良く相手の表情を見ながら、正確に話に耳を傾けるという

相手の話は正確に聞くということ。中身のない人と思われないためには、良く相手の表情を見ながら、正確に話に耳を傾けるというもの。

中身のない人は己自身の話は熱心にしても、他の人の話などは大雑把に聞いてしまうところが見られます。

基本的に人間は話すことが好きですが、嘘か本当か分からないような自慢話を聞かされるよもり、正確に話に耳を傾けてくれる姿勢が嬉しい、用心深く先に向かって改善していく術の一つ。

自慢話を得意そうに語るのではなく、相手の話を正確に聞く姿勢があれば、中身のない人間と認識されることはありません。

 

|  2.思いつきで発言したり根拠のない話はしないというもの

根拠のない話を控えるということ。人間として信頼される人や深みを持つ人は、物事を深く考えているので、思いつきで発言したり根拠のない話はしないというもの。

そうした発言をすれば他人を混乱させるばかりか、己自身の信頼も失ってしまう、そうした可能性があることを認識しているからです。

発言には責任を持つことが重要で、思ったことを口にした後に取り消す行為をなくしていくのも、用心深く先に向かって改善していく術の一つ。

何か一つでも精通している物事を持つことも必要で、そうした人間は言葉に重みが出てくるので、努力を繰り返し経験値を増やしていくよう心掛けます。

 

|  3.必要なのが、己自身が夢中になれる物事を探し出すという

夢中になれるものを探すということ。中身のない人と思われないのに必要なのが、己自身が夢中になれる物事を探し出すというもの。

中身のない人は言ってみれば、行動がまったく伴っていない人間で、反対に言えば伴ってくると薄っぺらさがなくなります。

仕事であれば得意なことや専門性を身に付けられれば、周りの人たちの評価も当たり前に変わってくることに結び付きます。

取り組む対象は仕事でも趣味でも構わないので、知識や技術を身に付けたりと夢中になれるものを探すのが、用心深く先に向かって改善していく術の一つ。

 

|  4.必要になるのが、普段から余裕を持てるよう心掛けると

普段からゆとりを持つよう心掛けるということ。中身のない人と思われないため必要になるのが、普段から余裕を持てるよう心掛けるというもの。

中身のない人は何となく焦りを感じて落ち着かないことも多く、自信がないところを隠すかのように、必要以上に己自身の行動を大袈裟に言い触らしかねません。

但し、反対に考えて心にゆとりが生まれれば、己自身を大きく見せる必要もなくなるので、普段から余裕を持って生活するように心掛けます。

心身共に落ち着いてくると自然と物事を深く考えたりでき、結果として中身ある人間に近寄れる、用心深く先に向かって改善していく術の一つ。

 

 

 


中身のない人とは何かを知ることも大事、覚えておきたいその特徴面


 

|  1.中身のない人ほど己自身の意見を豹変させるというもの

意見が豹変しやすいということ。状況に応じて計画や行動を変えることは大切なことですが、中身のない人ほど己自身の意見を豹変させるというもの。

口ばかりが先行し後の努力が全然見られない人など、行動が伴っていないような人は、どれほど立派なことを言っても説得力はないと言うことになりかねません。

言動や振る舞いに統一性はないと感じた場合、その人物は中身のない人といった可能性が高くなりかねません。

 

|  2.欲しいなど、異常に自己顕示欲が強いところがあるという

時間にはルーズということ。中身のない人は、周りの人たちから良く思われたいとか尊敬して欲しいなど、異常に自己顕示欲が強いところがあるというもの。

中身のない人かどうかを判断する時は、言葉より行動に着目することが大事で、約束の時間などはルーズな面があります。

逆に、有言実行が普通で、言葉だけではなく実践が伴う人は、当然ですが信頼できる人物と言うことになります。

 

|  3.ステータスや肩書きに対して非常に弱い傾向にあるという

人を肩書きにより判断するということ。中身のない人と呼ばれる人物というのは、ステータスや肩書きに対して非常に弱い傾向にあるというもの。

その人が持っているものではなくて、学歴や仕事上の役職等で判断しがちで、相手の肩書きだったりステータスが凄ければ、無条件に尊敬してしまいかねません。

普段からこうした行動をしていれば、結果として口先だけの中身のない人といった烙印を押されてしまうことになりかねません。

中身のない人は、その時々の場面や状況で流されることもあり、そういった意味ではまったく信頼はできません。

 

 

 


中身のない人間の診断も見かけるもの、注意しておきたいその心理状態


 

|  1.自己顕示欲を持っていて、見栄っ張りな傾向があるという

見栄っ張りといった心理状態。中身のない人間は非常に理想が高くて、強い自己顕示欲を持っていて、見栄っ張りな傾向があるというもの。

実際には知識だったり経験も少なく実力不足など、何らかの劣等感を抱えていることも多く、本来の己自身はこうではないといった思いがあります。

周りの人たちに注目されたいといった欲求で、大きなことを口にし見栄を張ってしまうことになりかねません。

 

|  2.ところがあり、深い付き合いとなることはないというもの

極端に人に嫌われるのを恐れるという心理状態。中身のない人間は誰に対しても愛想良く、上辺だけで接してしまうところがあり、深い付き合いとなることはないというもの。

結果として、他人に嫌われ拒絶されることには人一倍の恐怖心があり、幻滅されたくないという気持ちが異常に強いことにもなりかねません。

己自身を守るために他者の悪口を言うこともあり、あの人物は性格が悪いなど、己自身が感じていることを他人の言葉の如く言うことになりかねません。

 

|  3.人たちの注目を集めるか、そんな風に一生懸命というもの

相手に関心が持てないという心理状態。中身のない人間は、基本的に己自身にしか関心がなく、いかに周りの人たちの注目を集めるか、そんな風に一生懸命というもの。

結果として、他人の話や気持ちに深く興味を寄せることもできないことも多く、感慨深い様子を見せていても、親身になり話に耳を傾ける己自身を演出している可能性もあります。

思い遣りを持ち相手の話に耳を傾けることができないので、心から共感することは稀で、さりげなく己自身の自慢話をすることになりかねません。

 

 

 

まとめ

そこは自然体を心掛けることも必要です。ここでは、中身のない人は避けたいもの、用心深く先に向かって改善していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。