世渡り下手な特徴をしっかり把握、今日から世渡り上手へと変わる方法



世の中には世渡り下手と呼ばれる人もいるもの。一生懸命やっているのに、人付き合いが上手くできず、世渡りが下手で認めてもらえないタイプ。この手の人物は要領よく動くことができず、世間に対して上手く自らを合わせることができない傾向。

また正直者が多く、周囲の人たちが嘘を吐いて合わせている場面でも、自らの心のままに動いてしまうので、巧みに振る舞うことができません。

更に周囲の空気が読めないので、自分自身が正しいと思ったことをしても、それが不首尾に終わることもあります。なので最終的に上手く生きられないと感じたり、何をしても楽しくないという状況に陥ることもあります。

ここでは、世渡り下手な特徴をしっかり把握、今日から世渡り上手へと変わる方法を紹介しています。

 

 

 


先ず自分自身を確認しておく、世渡り下手かどうかのシンプルな診断表


 

|  1.「Yes」or「No」で回答。迷ったときには直感で!

 

①嘘がばれたとき、謝ってもなかなか許して貰えない
②独力では解決できない問題があるとき、相談できる人がいない
③異性には、緊張してしまい上手く話せない
④自慢話を聞いた際は、あまり褒めることがない
⑤危険な状況になりそうだと感じたとき、本当に何かが発生するまで何もしない

 

「Yes」が3つ以上あれば、残念ながら世渡り下手の疑いが濃厚になります。次に述べてある特徴面を細かい所まで見極めて、世渡り上手に変わっていく対処方法へと繋げます。

 

 

 


先ずは最初に理解しておきたい、世渡り下手と呼ばれる人の特徴的な面


 

| 1.嘘を吐いたり、疲れたときにも手を抜くことができません

真面目過ぎて、常識に縛られがちということ。世渡り上手な人というのは人間関係を円滑にするため、必要なら嘘を吐くなど、見方によれば不真面目な行動を取ることもあるもの。

反対に世渡り下手の人は、真面目な上に正直者のため、嘘を吐いたり、疲れたときにも手を抜くことができません。その真面目さは時としてマイナスに働き、常識に沿っていれば間違いないという姿勢とともに、世の中を生きにくくしています。

 

| 2.面倒くさいからと円滑な人間関係を構築することを怠る

周りの人達に合わせるのが面倒くさいという面。世渡り上手といわれる人は、コミュニケーション能力が高く、周囲の空気を読むのが得意なもの。なのでその場の雰囲気に合わせ、振る舞いを変えたりします。

反対に世渡り下手の人というのは、空気が読めないで自分中心的な行動をすることに。周囲に合わせる努力をしないで、面倒くさいからと円滑な人間関係を構築することを怠った結果、上手く馴染めず生きづらくなってしまいます。

 

| 3.自分にとって不本意な方向に物事が進んでしまうことも

口数が少ないということ。口数が多く話し上手なのが世渡り上手と呼ばれる人の特徴の一つ。反対に世渡り下手な人というのは話下手で、口数が少ない人が多いもの。自身の気持ちのほんの一部しか言葉にできないので、さまざま人に誤解を与えてしまいます。

複数で話していても発言しないこともあるので、自分にとって不本意な方向に物事が進んでしまうこともあります。

 

| 4.咄嗟の判断が不得手なので、その場で考えたやり方が裏目

同様の失敗を何度も繰り返すということ。世渡り上手なタイプの人は、改善策を見つけるので、一度した失敗を何回も繰り返すことがありません。反対に世渡り下手とされる人は融通が利かないので、同じような誤りを何回も繰り返す傾向があります。

咄嗟の判断が不得手なので、その場で考えたやり方が裏目に出てしまうことが多々あります。できればマニュアル通り、決まったことだけをしたい気持ちに。

 

| 5.言葉を選び会話をしますが、上手く流れに乗れないことも

ネガティブ思考で臆病ということ。基本的にポジティブ思考な世渡り上手な人に比べ、後ろ向きな考えをしがちなのが世渡り下手のタイプ。臆病になりやすく、どうせ上手くいかないなどの考えが先立ちます。

これが生きづらさを助長させる原因の一つ。また相手を傷つけないように、気を遣って言葉を選び会話をしますが、上手く流れに乗れないことも多くあります。

 

| 6.心から思っていないことを、口にすることが出来ません

調子よく人を煽てられないということ。世渡り上手の人は胸の内は違っても、建前上は他の人を上手に煽てられるもの。反対に世渡り下手のタイプは、良きにつけ悪しきにつけ自らに正直で真面目。

なので、世渡り上手な人のように、心から思っていないことを、口にすることが出来ません。なので、職場などで上司の受けも悪く、出世も遠のくことに。

 

| 7.傷付く言葉を言われたり、意地悪をされやすいことも特徴

人間関係が不得手ということ。世渡り下手の人の大きな特徴が、人と付き合うのが苦手で、円滑な人間関係が構築できないというもの。格段に他者からの攻撃性や悪意に曝されやすく、それに伴ない傷付く言葉を言われたり、意地悪をされやすいことも特徴の一つ。

世渡り下手で辛い経験をしている人は、他人が関わる人間関係が上手くいかず、生きづらさを感じることも多くなります。

 

 

 


将来のために今日から試したい、世渡り上手に変わっていく対処方法


 

| 1.犯してしまった失態には改善策を考え実行、信頼関係継続

どんな場合でも周りの人たちとの信頼関係を崩さないということ。世渡り下手の人の中には、自ら生き方が不器用になるような状況を作っている人もいるもの。

些細なミスを繰り返したり、約束の時間を忘れて遅刻するなど、信頼関係を自分自身の失態で失ってしまっています。

世渡り上手に生まれ変わるためには、一度犯してしまった失態には改善策を考え実行し、信頼関係を継続していくことが重要。

 

| 2.基本的ルールが守れていれば、理解も得やすく世渡り上手

周りの人に自分らしさを理解してもらうということ。飾り立てのない自分独自の個性を発揮し、生きていくのは大切なもの。人と話すのが億劫なので送別会は欠席するなど、身勝手な自分らしさを出すと、自己中心的な印象しか与えません。

自分らしさを理解して貰うのに、基本的ルールが守れていれば、周りからの理解も得やすく世渡り上手に繋がっていきます。

 

| 3.世渡り上手に生きるためには、丁度良い適切な態度を習得

丁度良い適切な態度を身につけるということ。世渡り下手と呼ばれる人は、生真面目で一生懸命な印象の人が多いもの。

何事に対しても一生懸命なことは悪いことではないですが、世渡り上手に生きていくためには、丁度良い適切な態度を習得することも必要。適切の言葉には、要領よくしっかりやる意味もあり、世渡り上手に一歩近づくことができます。

 

| 4.他に目を向けないようにする、世渡り上手にまた近づける

他者の容認できないところには、目を向けないということ。世渡り下手とされる人は、他人の看過できない部分に気が付きやすいもの。

なので、何故あんなに仕事がいい加減なのに、上司に気に入られているなど、世渡り上手な人に不満を抱いてしまいます。自分は自分、他人は他人なので、自分の得意分野を伸ばし、他に目を向けないようにすると、世渡り上手にまた近づけるもの。

 

| 5.すぐにその場で早期解決を図るようにすることがポイント

問題を後回しにしないということ。嫌な事柄と向き合うことは、誰しも辛く目をそむけたいたいところ。嫌だからと問題を後回しにしていると、向き合う場面で取り返しのつかない状態になっていることも。

世渡り上手になるための要点として、問題は後回しにすることなく、すぐにその場で早期解決を図るようにすることがポイント。

 

| 6.自分に自信がつけば、他の人との関わり方にも変化がでる

他の人と不必要に比較しないということ。世渡り下手の人というと、つい自分を周囲の世渡り上手な人と比べて、落ち込むことがあるもの。他人と比較することで、どうして自分はと余分に自信を失っていきます。

先ずは自らの長所を見つけ、自身を認めていくことから始めます。自分に自信がつけば、他の人との関わり方にも変化がでてきます。

 

| 7.きちんと知ることで相手の立場が理解でき、世渡り上手へ

関わる人すべてに興味を持つということ。世渡り上手なタイプの人は、人間関係を構築するのが上手く、また関係を円滑に回すことに長けています。

これをするには個々人がどんな性格で、どんな考え方を持っているかなど、興味を持って知ろうとすることが大切。きちんと知ることで相手の立場が理解でき、人間関係を差し障りなく回せ、世渡り上手へと繋がっていきます。

世渡りを引き寄せる。

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

 

まとめ

自らを合わせることができない傾向に。ここでは、世渡り下手な特徴をしっかり把握、今日から世渡り上手へと変わる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。