僻みの意味をしっかり把握することが大事、妬み嫉みと合せて治す方法


世の中を見渡してみると、僻み根性の酷い人がいるもの。僻みの読み方はひがみで、意味はと言うと物事を素直には受け取らず、曲げて考えるということ。

僻み根性が強い人というのもよく聞くことですが、これも簡単にいえばひねくれ者ということ。偏向した考え方を持った歪んだ性格の人物なので、自身を不利なように不利なように捉え、被害妄想を激しくします。

ネガティブなイメージの僻みですが、妬みというものが似た言葉にあり、こちらは他者が自らより優れている状態を羨ましく思って憎むこと。

更に嫉みという言葉も混同されやく、意味合いは妬みと同じく、自らにないものがある人に対し嫉妬することを指します。ここでは、僻みの意味をしっかり把握することが大事、妬み嫉みと合せて治す方法を紹介しています。

 

 

 


僻みの意味をしっかり把握することが大事、妬み嫉みと合せて治す方法


 

| 1.治そうと思わなければ始まらないので、たった今から意識

周りの人たちと自らを比較する癖をやめるということ。そもそも比較対象となる人間がいなければ、僻む気持ちも姿を現さないもの。そうは言っても、世の中に一人ぼっちで生きるのは不可能というものなので、比較する癖を止めるのが最善の策です。

僻んでしまう一瞬というのは、周囲の誰かに対して劣等感を抱いたときなので、比較するのを止めれば自身が劣っているとは思いません。

癖というのは直すのにかなり苦労しますが、治そうと思わなければ始まらないので、たった今から意識することがポイント。

 

| 2.ポジティブな感情を表に出して、僻みっぽい人からも脱却

凄いと思った瞬間は、素直に褒めるようにするということ。他人の素晴らしいところを褒められない人物は、周りから僻みっぽい人だと思われるもの。目の前で起こる何かが凄いと感じた時は、言葉にして口に乗せ褒めるようにします。

誰しも褒められれば嬉しいもので、少々悔しい気持ちが沸き起こったとしても、一旦ぐっと堪えて褒めるようにします。そうしたポジティブな感情を表に出していくことで、僻みっぽい人からも脱却できることに。

 

| 3.気持ちよく生きていくためにも癖にすることがポイント

周りの人々に感謝する癖をつけること。他人に対する感謝の心を忘れた瞬間、人は僻みっぽくなるもの。
これまで当然だと思っていたようなことにも、一つ一つ感謝してみることが大切。

ありがとうという5文字を伝えるだけでも、人間関係がよりスムーズに流れます。コミュニケーションで重要なのは、謝罪と感謝が大切と言われ、互いに気持ちよく生きていくためにも癖にすることがポイント。

 

| 4.負けずに頑張ろうと考えてみることが最善の手法の一つ

嫉妬するときは、前向きな気持ちへと転換するということ。羨ましさが嫉妬に変化した際、ネガティブに考えるのは僻みっぽい人の最たるもの。悔しい気持ちを感じた場合、心の中で転換し、負けずに頑張ろうと考えてみることが最善の手法の一つ。

僻みはマイナス感情ですが、プラスに変え悔しい気持ちを原動力にすると、いくらでも頑張れるのが人間というものです。僻みっぽい人は負けず嫌いなところも持ち合わせているので、転換すればどんどん自分を高めることに。

 

 

 


僻みは妬みや嫉みと本質は似かよったもの、そんな人への上手な対処法


 

| 1.下手な受け答えをすると、ヒートアップにもなりかねず

適当に相槌を打って聞き流すということ。少しでも気に障ることを言うと、ネガティブな雰囲気になるので、面倒臭いときもあるもの。そんな際は取って置きのスルースキルで対処することに。

僻みっぽい人は聞いて欲しいだけなので、適当な相槌でも特には気にしません。下手な受け答えをするとヒートアップにもなりかねず、なるべく刺激しないようにするのがコツ。

 

| 2.仲良くなればなるほど、気持ちを全面に出し僻み度も上昇

必要最低限度の会話だけにし、できる限り関わらないようにするということ。思い切って、明快に関わりを避けるのも手段の一つ。

僻みっぽい人間は仲良くなればなるほど、気持ちを全面に出してくるので僻み度も上昇しますが、最低限の会話しかなければ深い関係にもなりません。プライベートでも仕事でも、なるたけドライな関係を意識すれば、僻み根性の人に悩まされることもなくなります。

 

| 3.小さな子供だと思って相手、上手く対処できることが多く

上手に煽てあげコントロールするということ。先方を小さな子供だと思って相手をすると、上手く対処できることが多くなるもの。

僻みっぽい人物は認められたい願望が強く、煽てれば気を良くするので、良いところを見つけ積極的に褒めるようにします。当人に自信がついていくと僻む機会も減り、平和な毎日が訪れるので、それまでこちらが大人になり上手くコントロール。

 

 

 


僻み妬みがことさら強い人もいるもの、色々と胸の内も複雑なその心理


 

| 1.負けたくないと思うほど悔しい気持ちも強くなることに

自身より優れている人物を見ると、純粋に悔しいということ。僻みっぽい人は自らより優れている人を見た際、羨ましさの反面悔しい気持ちになるもの。

自らの理想像を体現している人に対しては、凄いと思われたい気持ちが人一倍強い僻み根性の人間は、憧れるよりも嫉妬が先に立ちます。

悔しい気持ちをにして頑張れることができればいいのですが、負けたくないと思うほど悔しい気持ちも強くなることに。

 

| 2.自らを高めることで自信を持っているわけではないので

他の人よりも優位に立ちたいということ。元来の自らには自信がないので、人より優位に立つことにより安心感を得ているもの。

凄いと言われたり褒められるのが大好きなのは、人から認められれば全てが自信に繋がるからです。自らを高めることで自信を持っているわけではないので、僻みっぽい人は周りからも煙たがられてしまいます。

 

| 3.悔しい気持ちが強過ぎた結果、嫉妬というネガティブ感情

見栄っ張りで、他人を素直に褒められないということ。僻み根性のある人は、良く見られたいという願望が強く、少しでも良く思われようと見栄を張るもの。

見栄っ張りなだけならいいのですが、他の人を素直に褒められないというのは、僻みっぽい人のデメリット面。自身より凄い人に対しては褒めずに嫉妬することが多く、悔しいという気持ちが強過ぎた結果、嫉妬というネガティブ感情が生じることに。

 

 

 


僻みがすごいと言われる女の人もいるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.僻みっぽい女性がいるだけで、人間関係が拗れてしまう

気にしやすい性格で、嫉妬深いということ。他人からの評価や人の目を気にしやすいのは、僻みっぽい人によく見られる特徴の一つ。

周囲の人たちからどう思われているのか気になって仕方なく、周りの評価が高い人物対しては羨ましい気持ちになります。

そんな気持ちが強くなり、嫉妬という否定的な感情と変化。僻みっぽい女性がそこにいるだけで、人間関係が拗れてしまうこともあります。

 

| 2.プライドが高い傾向にある男性は、素直になれないことに

プライドが高く、自らの過ちを認められないということ。男性に多く見られますが、僻み根性のある人は自らの過ちを認めたら負けだと思っているもの。

過ちを認めるのは至らないところを認めていることと一緒で、プライドが高い傾向にある男性は、素直になれないことに。自尊心はなくてはならないものの一つですが、高過ぎればデメリットとなります。

 

| 3.疑いながら生きている姿は周囲の人々にマイナスイメージ

ネガティブ思考で、相手を疑う見方をしやすいということ。不安感が強く出る僻みっぽい人物は、自分以外の人を信じないもの。

先ずは相手を疑ってかかりますが、過去に裏切られた体験のある人は、こういった思考形態に陥りやすいことに。もし裏切られた際は納得できますが、疑いながら生きている姿は周囲の人々にマイナスイメージを持たれます。

 

| 4.他の人が話題の中心に、途端に不機嫌になってしまいます

自己中心的に事柄を考える傾向にあるということ。男性や女性を問わずに、僻みっぽい人物は自分が非常に大切なもの。

どんなことがあっても自分自身が優位に立てるよう進めたいので、他の人が物事の中心になるのを許せません。よくあるシーンでは数人での会話中、他の人が話題の中心になると、途端に不機嫌になってしまいます。

引き寄せの法則で、僻みを拭いさる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

物事を素直に受け取らず曲げて考えること。ここでは、僻みの意味をしっかり把握することが大事、妬み嫉みと合せて治す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。