つまらない人生だった人の特徴をしっかり把握、そうはならない対処法


身近にもつまらない人生を送ったという人がいるもの。一緒にいても反応が悪かったり、態度も素っ気なかったりと過ごしていて楽しくありません。

つまらない人との会話は、投げ掛けた言葉に対して考えるような反応が返ってこなかったり、共感できなかったりと釈然としない心持ちが高まります。

そもそもこのつまらないという意味は、面白くないをはじめ、魅力がなかったり楽しくないということ。こうした、気持ちが滅入ってしまう感情が、一緒にいてもつまらないと思わせることにもなります。

ただ、他の人達から見て、自分がつまらない人だと思われてるという不安もあり、それは解決しておきたいもの。ここでは、つまらない人生だった人の特徴をしっかり把握、そうはならない対処法を紹介しています。

 

 

 


つまらない人生だった人の特徴をしっかり把握、そうはならない対処法


 

| 1.一緒にいても楽しくないだろうと思い込みやすくなること

相手との会話を自らが楽しむということ。つまらないと感じさせないためには、少なくとも相手との会話を自身が楽しむというもの。

周囲の人に遠慮して自らを抑えていると、こんな人間と一緒にいても楽しくないだろうと思い込みやすくなることに。楽しい人物と感じて貰うためには、相手との会話を自分が率先して楽しむことを心掛けるようにします。

 

| 2.自分は愛想がないという自覚がある人は、少し大袈裟に

少しリアクションを大きくするということ。反応が薄ければ周りに気を使わせることに繋がり、結果的に損をすることがあるもの。

自分は愛想がないという自覚がある人は、少し大袈裟にリアクションするくらいが丁度いいことに。身振り手振りをしたり相槌を打ったりする際は、体全体を動かして大きめに表現するようにします。

 

| 3.少しでも面白そうだな感じることがあれば先ずやってみる

話の引き出しを増やすということ。面白い人と呼ばれるには、話しができる話題を多方面に広げることがベター。さまざまな経験をしてみることが大切で、少しでも面白そうだな感じることがあれば先ずやってみること。

好きなことや興味のあることが増えていくと、その分だけ相手方と共有できるものも多くなり、つまらない人から脱却。

 

| 4.相手がどんなことに関心を持っているのか、興味を向ける

共通の話題を見つけていくということ。一緒にその場にいる人たちに共通する話題や、皆が知っていることについて話すというもの。

それほど親しくない相手との会話の場合、自身がしたい話ではなくて、先方が関心を持っている話題が盛り上がります。なので先ずすることは、相手がどんなことに関心を持っているのか、興味を向けるようにします。

 

| 5.最後に相手がポジティブな気持ちになれたかが影響する

会話の終わりは、前向きな方向にするということ。一緒にいてつまらないか楽しいかは、最後に相手がポジティブな気持ちになれたかが影響するもの。

話の流れは意識しながら、最後はきっと上手くいくと、相手を勇気づけるような発言で締めくくります。こうした前向きな言葉は、将来的に良い方向に進んでいくという雰囲気が出てイメージアップに。

 

 

 


つまらない人生と40代にして呼ばれたくないもの、そう思われる原因


 

| 1.反応が薄かったり、何を考えているのか相手に伝わらない

周りの人たちに気を遣わせるということ。表情が乏しい等、反応が薄かったりした場合、何を考えているのか相手に伝わらないもの。

そうすると、つまらないのかなと思われたり大丈夫かななどと、周りの人たちが気を遣うことになりかねません。理解できないものに対しては警戒心を抱くのが人間というもので、そんな状態では楽しく過ごすことは難しいもの。

 

| 2.周囲の人たちは話についていけず置いてけぼりになるもの

自らのことばかり考えているということ。内輪のことや自分のことばかり話していると、周囲の人たちは話についていけず置いてけぼりになるもの。

また、一見して自慢と見えないような自慢話をするのも、聞く側にとっては気分が晴れないことに。自分自身がが話したいことばかり話していると、周りのことを気に掛けない、つまらない人という印象を与えます。

 

| 3.共感することができない、そんな話題を気づかずに振って

共感できないということ。人間同士の会話はお互いに共感し合うことで盛り上がり、それを積み重ねることで親しくなるもの。

つまらない人物は否定的発言をしたり、話に目を向けなかったりと、共感できない会話をしていることが多い傾向。ほかにも、先方が同調することができない、そんな話題を気づかずに振ってしまっていることも。

 

| 4.会話自体が張り合いのないものに、盛り上がりに欠ける

自らが思っていることを言わないということ。自らの意見を主張せずに、当たり障りのない話ばかりしているというもの。嫌われたくないあまりに相手に併せてばかりいると、何を考えている人か判らないと思われることに。

会話自体が張り合いのないものになってしまい、盛り上がりに欠けることで、つまらない人と感じさせます。

 

| 5.話していても新しい発見がないと距離を置かれることにも

話の引き出しが乏しいということ。受ける印象がつまらないという人は、話の引き出し自体が乏しい傾向にあるもの。差し障りのない話ばかりをしていたり、文句や愚痴ばかりを言っていたりすると発展性に欠けることに。

人間というものは前進している感覚が大事になるので、話していても新しい発見がないと距離を置かれることにもなります。

 

 

 


つまらない人生だったなというのは避けたいもの、つまらない人の特徴


 

| 1.興味の無い素振りをしたり、何になるのと否定的な言い方

ネガティブな反応が多いという特徴。文句や愚痴が多かったり、ネガティブな反応が目につく場合も、つまらないと感じさせるもの。

会話の中で誰かが、こんなことがしたいと発言した際、興味の無い素振りをしたり、何になるのと否定的な言い方をします。こうしたネガティブな反応をする人物は、話の分からないつまらない人とされがちに。

 

| 2.距離がなかなか縮まらない感覚は、つまらない雰囲気を

差し障りのない話ばかりするという特徴。どうでもいい話ばかりをして、本題から逸れる人もつまらないと思われがち。

詰まる所、何が言いたいと思われたり、距離がなかなか縮まらない感覚は、つまらない雰囲気を感じさせることに繋がります。ただ本当に大人しい人の場合、相手に遠慮をし本当に言いたいことを言えない、そんなこともあるもの。

 

| 3.反応をしようがない話が続くと、共感することができない

頻繁に内輪のことを話すという特徴。話している内容が、ごく少数の人にしか通用しないというもの。話題に上った登場人物を皆が知っていれば良いのですが、そうでなときは聞く側には興味が持てません。

どうにも反応をしようがない話ばかりが続くと、共感することができないので、つまらなく感じることに。

 

| 4.いわゆる会話のキャッチボールというものが成り立たない

自分の話ばかりするという特徴。前述と似ていますが、他の人の話は聞かずに、自らのことばかりを延々と話してしまうというもの。

こんなタイプの人はも、いわゆる会話のキャッチボールというものが成立しないので、つまらないと思われます。さらにそういう人は、話に落ちというものがなく、一体いつまで続くのかと相手に感じさせてしまいます。

 

| 5.大人しい人は、こういうスタイルになりやすく誤解される

感情表現が乏しいという特徴。表情があまり変わらなかったり、喜怒哀楽の感情が表にでない人は、つまらないと思われがち。

喋っていても反応が薄いので、頭の中で何を考えているのか分からない、そんな風に受け取られます。性格が大人しいタイプの人は、こういうスタイルになりやすく誤解されることも多くあります。

引き寄せの法則で、つまらない人生から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

面白くなかったり楽しくないという事。ここでは、つまらない人が持つ特徴をしっかり把握、そう思われないための対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。