どんな退屈かを知ることが第一歩、つまらない毎日を楽しくする方法


ふと、つまらない毎日を感じることがあるもの。それは言い方を変えると退屈ということで、個々の人間により感じ方もそれぞれ。

現在の仕事にやる気を失っっていたり、時間を持てあましたような状況に嫌気がさしていたりと、その置かれている局面よっても意味合いも変わります。

つまらない毎日を感じるのは10代の頃からとされ、もちろん40代や50代になっても引き摺って生きることに。もとより人間は物事に対して意味や楽しみを見つけないと、意識的に退屈だと思う傾向にあります。

このつまらないなと感じる行動が一時的な退屈状態ならいいのですが、問題はプライベートや仕事など、長期に渡って感じる継続的な退屈。これは何の希望もないとか、何をしてもつまらないといった、慢性的憂鬱な気持ちが続いている状態。

こうした状態が続くと、最悪のケースではうつ病など、悪影響を心身に及ぼす危険性も孕んでいるので注意が必要です。

ここでは、どんな退屈かを知ることが第一歩、つまらない毎日楽しくする方法を紹介しています。

 

 

 


どんな退屈かを知ることが第一歩、つまらない毎日を楽しくする方法


 

退屈でつまらない毎日が続くと、憂鬱な気持ちになってしまう人が多いかも知れません。但し、退屈にはメリットもあり、退屈さは創造力を高める効果があるという実験結果も出ています。

退屈極まりないほど、人間の脳はその状況から逃れるため、創造性を発揮するというもの。なので、恣意的に何も考えない暇な時間は、正しい退屈と言うこともできます。

 

| 1.大好きな物事の予定が入っていると、胸も踊り待ち遠しく

目的を持って行動するということ。同じような日々が続くことに物足りなさを感じている場合、目的を持つというもの。目標や目的を持つことで、現在やるべきことが明確となって、モチベーションが高まることに。

週末に大好きな物事の予定が入っていると、胸も踊り待ち遠しく感じます。こうした目的をきちんと持つと、日々の生活に充実感が得られることに。

 

| 2.簡単な創作活動を始めるだけで退屈から抜け出す切っ掛け

創作活動を始めるということ。前述したように退屈だと感じた後には、より一層と創造性が高まるもの。創作活動というと、難しい印象を持つ人も多いかも知れませんが、些細なものでも何かを生み出せば創作になります。

絵やイラストを描いてみたり、ハンドメイド作品を作ったり短い小説を書くなど、簡単な創作活動を始めるだけで退屈から抜け出す切っ掛けに。

 

| 3.ストレス解消などの効果に加え、つまらない毎日から脱却

軽い運動をするということ。意図的に運動をする時間をとらない限り、体を動かす機会というのは少ないもの。運動不足を感じている人こそ、ランニングやウォーキングなど、軽い運動を日常生活に取り入れることを考えます。

こうした運動をすることで、基礎代謝の向上や疲労回復、ストレス解消などの効果に加え、つまらない毎日からも脱却。

 

| 4.今とは違う行動や発想を、起こしていくことがポイント

人と会うということ。社会人になると、家族や職場以外の人に会う機会も自然に減るもの。出会いがないと思う人もいますが、社会人サークルなどに参加したり、新しい趣味を始めたりと交流の機会を積極的に作ります。

つまらない毎日から逃げ出すために、今とは違う行動や発想を起こしていくことがポイント。

 

| 5.自らの価値観を変えられるような一冊を探すことが重要

読書をしてみるということ。読書という行為には、脳を活性化させたり創造性を向上させたりなど、メリットが沢山あるもの。読書を通して視野を広げるのも、つまらない毎日から抜け出すために効き目のある方法の一つ。

漫画や小説などの場合、読み終わると再び退屈さが戻って来るので、自らの価値観を変えられるような一冊を探すことが重要。

 

 

 


つまらない毎日は20代や30代にも多いもの、感じてしまうその理由


 

| 1.平日だけでなく、週末なども特にやることがなく漫然と

日々がルーティン化しているという理由。起床した後は職場や学校へ行き、帰宅したら明日の準備をしてから就寝。このようなルーティン化してしまった毎日が、つまらないと考える人は数多いもの。

更に平日だけでなく、週末なども特にやることがなく漫然と過ごせば、つまらないと感じる理由に。

 

| 2.興味のない物事に対し、楽しさなどを見いだすのは難しい

したくないことばかりやっているという理由。したくもないことばかりを続けていると、退屈感が高まってくるもの。人間は自らが興味のない物事に対して、楽しさなどを見いだすのはなかなか難しいことです。

例を挙げると、接客がしたいのに事務職として働いていた場合、日々の業務を楽しいと思うことはできません。

 

| 3.成長を実感できる毎日があってこそ、達成感や充実感を

自らの変化や成長を実感できていないという理由。こういったことは、退屈を感じる機会が増えることに繋がるもの。人間は成長を実感できる毎日があってこそ、達成感や充実感を味わえます。

そうしたことがなく停滞していると、何のために生活しているのか分からなくなり、つまらない毎日に結びつくことに。

 

| 4.どんなことに取り組もうと、楽しいと感じることはない

気持ちがネガティブになっているという理由。衝撃的な出来事が起きたり、何となくやる気がでないなどというもの。

気持ちが落ち込んでしまっている状態では、どんなことに取り組もうと、楽しいと感じることはできません。結果的に漫然と過ごす時間が増え、退屈に感じつまらない毎日に繋がります。

 

| 5.友人の結婚など、周囲の環境が変わっていくことも要因

他人や友人との交流が少ないという理由。誰かと休日は過ごしたいという人にとって、付き合いが少ないのは退屈なもの。

仕事が忙しく休日が合わなかったり、友人の結婚など、周囲の環境が変わっていくことも要因の一つ。一抹の寂しさもありますが、他の人との交流自体が減るのは、つまらない毎日に結びつく大きな理由。

 

 

 


つまらない毎日を仕事などで感じた際、やってはいけない立ち振る舞い


 

| 1.ネガティブな感情が発生すると、何をしてもつまらない

夜ふかしをするということ。心や身体にとって良いことではないと、分かっていながらしてしまいがちなのが夜ふかしというもの。

心や身体への悪影響はもちろん、生活リズムの乱れはネガティブな感情を生じさせる要因にもなります。ネガティブな感情が発生すると、何をしてもつまらない、そんな状態が続き毎日を楽しいと感じられなくなります。

 

| 2.飲酒時間が伸びていく、体にとっても心にとっても悪影響

飲酒をするということ。退屈でつまらないという理由でお酒を飲むのは、それほど勧めることが出来ないもの。アルコールを暇をつぶすのに飲むだけだと、飲み終わった後はそれまでの退屈だった状態に戻るだけ。

飲酒時間が伸びていくのは、体にとっても心にとっても悪影響で、依存状態になり健康を害することにも繋がります。

 

| 3.眺めているだけでは一時的な退屈しのぎにしかなりません

SNSを見るということ。インスタグラムやツイッターなど、スマホには魅力的な情報が溢れているもの。時間を忘れ深入りするほど魅力的なSNSですが、ただ眺めているだけでは一時的な退屈しのぎにしかなりません。

しかも見終わった後は、以前の退屈な状態に戻るので、何かを得られるわけでもありません。

 

| 4.つまらない毎日だからとパチンコや競馬に手を染めない

ギャンブルをするということ。退屈しのぎにするには危険性も高く依存性も強いので、抜け出せない状態になると大変というもの。

更にギャンブルは金銭を失う可能性がとても高く、人生を壊してしまう原因になりかねません。また人間関係が悪くなることもあり、つまらない毎日だからとパチンコや競馬などに手を染めないようにします。

引き寄せの法則で、つまらない毎日から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

置かれている局面より意味合いも変わるもの。ここでは、どんな退屈かを知ることが第一歩、つまらない毎日を楽しくする方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。