無視される側の特質を掴むこと、相手にされない時の応急的な対応策


生活している中で唐突に無視されると、もの凄く辛い気持ちになるもの。何があったのかも分からないで、友人や仕事の仲間などに無視されてしまうと困惑の頂点に。

そんな不安は無視される夢となって表れたり、スピリチュアルな原因面を探すことにも繋がります。ただ、無視される人にも原因というものがあり、知らず知らずの間に人から嫌われたり、遠ざけてしまうような振る舞いをしている可能性もあります。

ただ自らがそんな状況に置かれると、無視されているのを右から左に受け流したり、どこ吹く風と知らん顔をするのはなかなか難しいもの。なので、そういった際の対応などを覚えておけば、将来に対しても役立ちます。

ここでは、無視される側の特質を掴むこと、相手にされない時の応急的な対応策を紹介しています。

 

 

 


無視される側の特質を掴むこと、相手にされない時の応急的な対応策


 

| 1.感情を抑え先ずは自ら折れるようにすると気持ちも収まる

ちゃんと謝罪して仲直りをするということ。理由がり相手が怒って無視している場合、ちゃんと向き合って対応するというもの。

意識しないで何かをやってしまい、そのことに対し先方が怒っているのであれば、先ずは素直に謝ることが重要。無視することに腹が立つかも知れませんが、災いの原因がこちらにあれば、感情を抑え先ずは自ら折れるようにすると気持ちも収まることに。

 

| 2.内面に向ければ冷静にも、外に向かうと落ち込むだけです

自らのやるべきことを考えるということ。無視されているのを気にしないのは無理な相談ですが、嫌な気持ちを軽くするのはできるもの。

自分を無視してくる人物は外的要因なので、意識を自身の内面に向ければ冷静にもなれますが、外に向かうと落ち込むだけ。

コントロールできないことを考えるのではなく、ネガティブな自分に気づいたときは、自らのやるべきことだけにフォーカスします。

 

| 3.相手が悪いと考えると敵愾心が、怒りの感情を抱いたまま

自身も相手も悪くないと考えるということ。自らが悪いと思う必要はないし、相手が悪いとするメリットもないというもの。

自らが悪いと考えると罪悪感が出て結果として萎縮、相手が悪いと考えると敵愾心が起こり、怒りの感情を抱いたまま物事に取り組むことになります。

なので相手を悪者にしないことは、その人のためでなく自分のためで、そうすることで自然体を取り戻せます。

 

| 4.過多に避けたりすると、相手と同じランクになってしまう

無視された際は、大人の対応を心掛けるということ。相手のテンポに巻き込まれず、、自らコミュニケーションをとるようにするというもの。

無視をしてくるからと無視をし返したり、無視をしてくる人のことを過多に避けたりすると、相手と同ランクになってしまいます。

なので、敢えて大人の対応をとり、先方が無視をしてきた際は何も気にしていない、そんな態度で話し掛けるなどの意思疎通を図ります。

 

| 5.気持ちを引き摺ったままでいれば周囲の人にも伝わるもの

他の人に好かれる努力をするということ。無視してくる人に不機嫌にさせられ、気持ちを引き摺ったままでいれば周囲の人にも伝わるもの。なので、できる限りネガティブな話はせず、外的要因に左右されない自然体で接するようにします。

そうすると一部の人を除き、嫌われることはありません。人間関係で生ずる悩みは、コミュニケーションスキルではなく、メンタルスキルで解決します。

 

| 6.結果自体を仕事で出し続ければ、やがては風向きも変わる

職場で無視されたときは、圧倒的努力で仕事で成果を出すということ。特に思い当たる節がないのに、職場で無視をされている場合、できることは一つというもの。

無視というプレッシャーに屈せず、与えられた仕事をちゃんとして、仕事上の成果を挙げ相手側を黙らせる方が効果的。嫌がらせのように無視をされていても、結果自体を仕事で出し続ければ、やがては風向きも変わりなくなることに。

 

 

 


無視される夢占いなども巷にはあるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.他人の欠点が目につきます、優越感を態度に現すようだと

他人対し高圧的な態度を取りやすく、上から目線ということ。相手のことを馬鹿にしたり、見下すような態度の人も嫌われるもの。

露骨にマウンティングをしたり、上から目線で威圧的な態度を取るような人も、不愉快な思いをさせるので周りの人たちは避けることに。自らに自信があると他人の欠点が目につきますが、優越感を態度に現すようだと間違いなく嫌われます。

 

| 2.周りも避けるようになり、挙句には相手にされず無視され

極度のネガティブ思考で、常にテンションが低く暗いということ。前述の反対で、いつも尻込みして暗い性格の人も、一緒にいたいとは思えないもの。

いつ会っても活力というものが低く、否定的な発言ばかりを繰り返しす人物だと、一緒にいても気分が盛り下がってきます。自己否定などのネガティブ発言は、周りも避けるようになり、挙句には相手にされず無視されていくという流れに。

 

| 3.最低限度の身だしなみを整えられない人、相手が不愉快に

髪型や服装など、身だしなみに清潔感がないということ。生理的に受け入れられないという場合、相手方から距離を置かれるもの。

目に映る印象は大きく、髪型や服装などの身だしなみに清潔感がなく、いつも張りのない服を着ていたり、髪が乱れたままだと近づきたいとは思いません。最低限度の身だしなみを整えられない人物は、相手が不愉快に思い、関わらないようにと無視をされがちに。

 

| 4.無視をされるという結果に結びつくことにもなりかねない

自己中心的な性格で、自らの話ばかりするということ。キャッチボールが大切な会話ですが、自分が自分がと自らの話に熱中する人もいるもの。

相手の気持ちに思いを馳せず、自分さえ良ければといった自己中な振る舞いが目立つと、周囲の人たちから避けられてしまいます。

挙句の果てに、改善する余地もないと判断されると、無視をされるという結果に結びつくことにもなりかねません。

 

| 5.真っ向から反論ばかりされてしまえば、話しても無駄に

何を言われても、すぐ反論をする傾向にあるということ。他人のアドバイスなどを、素直に受け入れない人も嫌われがちというもの。

相手のことを思い遣って助言しているにも関わらず、真っ向から反論ばかりされてしまえば、話しても無駄ということに。このように、気が強くて他人の助言を素直に聞けない人は、段々と相手にされなくなって、無視をされることに繋がります。

 

 

 


無視されるのは職場などでも良く起こること、無視する側の心理面など


 

| 1.顔を見ること自体不愉快で、近くに寄りたくないと感じる

怒り心頭で謝るまで話す気がないということ。相手に対し憤まんやるかたない感情がある場合、顔を見ること自体不愉快で、近くに寄りたくないと感じるもの。

原因が明確にあり、そのことに対しきちんと謝罪して貰うまでは見逃さない、そんなことを心に決め主張の仕方として無視をしています。

こんな謝罪があるまで許すつもりはないと考えている人物は、無事に元の関係に戻るまで無視する姿勢を貫くことに。

 

| 2.嫌がらせに近い対応で嫌っているという自らの気持ちを

嫌いなことを示したいということ。無視する態度を露骨にしてくるという場合、相手側からの意思表示のアピールというもの。嫌いな感情を先方に伝えたいとき、もっとも判りやすい振る舞いが先方に対して無視すること。

簡単に言えば、話し掛けられた際あからさまに無視をする、そんな嫌がらせ行為に似た対応で、自身の嫌っているという心情を表わすというもの。

 

| 3.ならないよう、気に入らない人物は無視をして突っぱねる

嫉妬していて気に食わないので、無視しているということ。相手に対しコンプレックスを持っていたり、面白くない感情が表に出るのが無視という態度。自らにないものを持っていると感じているので、相手のことが気に食わなくて嫉妬をしています。

そんな時、声を掛けられ応じると、自らの負けを認めているような気がします。そうならないよう、気に入らない人物は無視をして突っぱねることに。

 

 

 


無視されると好きになることも、逆効果のしてはいけない立ち振る舞い


 

| 1.悪い振る舞いをしたら、悪い結果で返ってくるのが当然

苛立って復讐しようとするということ。無視をされたら辛くもあり憤慨もするところで、この苛立つ気持ちを何とか相手に返したいと思うもの。

但し、相手に対し復讐することは考えてないようにします。なぜなら悪い振る舞いをしたら、悪い結果で返ってくるのが当然だから。

復讐が思い浮かぶようでは、更に状況が悪化してしまうことにもなりかねないので、懲らしめるようなことは考えないようにします。

 

| 2.自らにあると決めつけ、必要以上に責めるのをやめること

自己嫌悪に陥り自分を責め続けるということ。無視をされた原因が自らにあると決めつけ、必要以上に責めるのをやめるというもの。

無視をされること自体には、何事か理由らしきこともあるはずですが、自身に原因の一端があるとは限りません。なので理由がはっきり分かる前から、自己嫌悪に陥り自らを責め続けてしまうと、辛さも倍増し余計に負の連鎖に陥ることにも。

 

| 3.知らないところで言い触らされ、窮地に追い込まれる恐れ

無視し返すということ。無視をされたときに、目には目をという精神で奮い立つのも危険というもの。無視をされた際、無視を仕返すというのは凄く単純な方法ですが、それではいつまで経っても解決には程遠いことに。

それどころか、知らないところで向こうが無視をしてくると言い触らされ、余計に窮地に追い込まれる恐れも出てきます。

引き寄せの法則で、無視されることから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

知らず知らずの間に人から嫌われたりと。ここでは、無視される側の特質を掴むこと、相手にされない時の応急的な対応策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。