コミュニケーションの一つでも?顔色を伺うのに疲れたときにとる方法



身の回りの人たちの顔色をうかがう人もいるもの。この顔色をうかがう意味というのは、その相手がどういう心理状態かを推し計るということ。他の人間が何を考えているとか己がどう思われているかなど、気になった体験は誰しもあるもの。

また育ってきた家庭の環境などにより、顔色を伺う癖が染みついている場合もあります。実際に目の前にいる人が、どんなふうに感じ何を考えているかを知らないと、相手を傷付けるような振る舞いをして、人間関係そのものを壊してしまうことにもなりかねません。

なのでこの相手の顔色を伺いその考えや気持ちを知ろうとすることは、まるきり悪いことではありません。ただあまりに度を超えると、ネガティブに捉えられてしまうことも度々あります。

様子を伺うのをはじめ、機嫌を伺ったりするのが日常生活で当たり前になっていると、ストレスも溜まりもう辞めたいと思うことにも。

ここでは、コミュニケーションの一つでも?顔色を伺うのに疲れたときにとる方法を紹介しています。

 

 

 


コミュニケーションの一つでも?顔色を伺うのに疲れたときにとる方法


 

| 1.どんな気持ちでも構わないので、感情をを声に出すこと

自らの気持ちを声に出すということ。顔色を伺ってしまうタイプの人は、多くが自分自身の気持ち口にしてはいないもの。

人間の脳は頭の中で考えれば考えるほど、ネガティブ思考的なものが強まるとされています。なので頭の中で考えるほど、先方の顔色を伺いやすく。これを払拭するには、どんな気持ちでも構わないので、感情をを声に出すことがポイント。

 

| 2.主語を自分にすることで、望む行動をとれるようになる

ぬいぐるみ等を利用するのが効果的ということ。前述の発声には擬人的なものを活用すると、一層上手くいくというもの。自らの気持ちを口にした後は、自分を主語にどうしたいのかと問い掛けるようにします。

主語を自分にすることで、望む行動をとれるように。誰かの顔色をうかがっている時ほど自らを主語にはできず、それは自身よりも先に誰かのことを考え、気持ちを押さえ付けているため。

 

| 3.意見や気持ちが俎上に乗ったという事実、肯定的な実感に

自身の譲れない部分を明確にするということ。人間は誰しも自分自身の判断基準や価値観があり、大切な譲れないところがあるもの。

そうした部分を確認した後、健全な関係であれば親や友人、上司や先輩などにも意見を対等に闘わせます。もしこれまでと同じ様な結果としても自身のの意見や気持ちが俎上に乗ったという事実が、肯定的な実感に繋がることに。

 

| 4.プライベートにしても仕事にしても、人間関係に疲れて

一人になれる時間を持つということ。顔色を伺う癖がついている人が、それを止めるというのは口で言うほどあっさりとはいかないもの。

人の顔色を伺うこと自体は悪いことではないものの、プライベートにしても仕事にしても人間関係に疲れてしまいます。なので、人の顔色を伺わなくてすむ状況、つまり一人でいる時間を持つように、心掛けることが必要になります。

 

| 5.必ずしも嫌われていることではないと理解することが重要

嫌われないよう振舞うことをやめるということ。すぐ怒る親のもとで育った子供は、顔色を伺うのが上手になるもの。その体験が大人になった今も影響を及ぼし、周りの人に嫌われないような行動をすることに繋がっています。

現実に全ての人に好かれるのは無理な話しで、周囲の全員に好意を持たれなくても、必ずしも嫌われていることではないと理解することが重要。

 

 

 


顔色を伺うのには長所や短所のほか原因があるもの、知りたいその特徴


 

| 1.傷付けるような言動を、避けることができるというもの

その場の空気が読めるという長所。顔色を伺うことで、相手を傷付けるような言動を、避けることができるというもの。

顔色が伺えない人物は周りの人たちの気持ちに関係なく、身勝手に好きなことを言ってみたり、相手を平気で傷付けるような振る舞いを。そんなことで人間関係にも支障をきたしがちですが、場の空気が読める顔色を伺える人はそんなことはありません。

 

| 2.癖がついている人、他人の気分を害さないようにと考える

常にストレスを抱えてしまうという短所。度を越して人の顔色を伺ってしまう人は、常にストレスが蓄積するという悪い側面があります。

幼児期に親の顔色を伺うのが上手になるのは、いい意味でそうなったわけでなく、自身のおかれている環境が不安定で身に付いてしまったもの。こんな癖がついている人は、他人の気分を害さないようにと考えることで、ストレスをいつも抱え込むことに。

 

| 3.感じとり、口にしない要望も提供することができるもの

よく気がつく人だと認められる長所。顔色がうかがえるタイプの人は、相手が何を欲しいかを感じとり、口にしない要望も提供することができるもの。

ある意味では接客業向きともいえる人で、自身がして欲しいことを遠慮して言えないような人にはうってつけ。こんな人の顔色を伺える人物は、そういうところでも良く気がつく人と評価されます。

 

| 4.何事も自らを後回しにする、自身の予定を相手の都合で

都合がいい存在という短所。周りの人たち優先し自身の言動を決めるため、それに気づかれた場合、都合よく扱われることがあるもの。

例を挙げると、何事を言っても反論しないので、かなり傷付くことを言われたりもします。また、何事も自らを後回しにするので、自分自身の予定を相手の都合で決められたり、約束を簡単に破られたりもすることに。

 

| 5.頼まれなくても譲って上げることができるのがその理由

自分勝手だと思われにくいという長所。空気が読めることと似ていますが、相手の気持ちを察知することができ、身勝手とはされにくいもの。

これは、相手側が譲って欲しいというときには、頼まれなくても譲って上げることができるのがその理由。こうした振る舞いは、日常生活で大いに役立ち評価が上がることに繋がるもの

 

| 6.周囲からは自分を持っていないなど陰口を叩かれることも

自分の思い通りできないという短所。度を越して顔色をうかがう人は、周りの意見を優先して自分の立場を決めるもの。なのでやりたいこともやれず、言いたいことも言えないなど、自分の思い通りにできないということになります。

当人としては、相手のことを思い遣っているにもかかわらず、周囲からは自分を持っていないなど陰口を叩かれることも。

 

 

 


相手の反応や機嫌に怯えるところも、顔色をうかがうその詳しい心理面


 

| 1.他から意見が出た途端、自らの意見を変えることもある

嫌われるのを恐れるという心理。人間には誰しもごく自然に、悪く思われたくないとか嫌われたくない、そんな感情があるもの。

ただ極端に他者から嫌われるのを怖れている人物がいて、それが世の中で言われる顔色をうかがう人。他人にどう見られるかをいつも気にしていて、他から意見が出た途端、自らの意見を変えることもあります。

 

| 2.自身の判断基準や価値を他人に委ねてしまうことが多く

他の人に基準を置いて承認を求めるという心理。人間は一人ひとりが別の選択基準を持っていて、その価値観は千差万別というもの。

更に自分の価値観の中で正しくありたいと行動するものですが、それが個々で違うのは当たり前。顔色をうかがう人は己に自信がないので、自身の判断基準や価値を他人に委ねてしまうことが多くなります。

 

| 3.叱責を受けたりとマイナスにならないように、心理が働く

責任回避のための心理。先方の意向を踏まえ選択すれば、自分の責任で間違えることはないもの。これは過ちを避けることをはじめ、叱責を受けたりとマイナスにならないように、そんな心理が働くのが理由。

車の運転に例えるなら、始めからブレーキを踏んでいるようなもので、事故を起こさない変わりに望む展開も生まれません。

引き寄せの法則で、顔色を伺うのを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

相手の心理状態を推し計るということ。ここでは、コミュニケーションの一つでも、顔色を伺うのに疲れたときにとる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。