新しいことを学ぶことから、苦手や不安を拭い去りスタートする方法


これからの将来のためにも、新しいことに挑戦したいと思うこともあるもの。ただ現実に決めたとしても、新しいことに取り組むには何をしたらと二の足を踏むことにもなりかねません。

更に、いざスタートラインに立ったとしても、苦手意識や不安感が先走って、せっかく沸き起こった気持ちが尻すぼみになることもあります。

ただ反対の意見では、そんな憂鬱な気持ちが沸き上がっている時ほど、成長に向かう大きな機会ともされています。そもそも、新しいことを始めたいということが頭に思い浮かんだ自体、何か切っ掛けがあり折角の成長のチャンスは逃さないようにしたいもの。

ここでは、新しいことを学ぶことから、苦手や不安を拭い去りスタートする方法を紹介しています。

 

 

 


新しいことを学ぶことから、苦手や不安を拭い去りスタートする方法


 

| 1.気にし過ぎた場合、新しい挑戦に没頭することができなく

自らにスポットをあてるということ。周囲の人たちがどう思うかを気にし過ぎた場合、新しい挑戦に没頭することができなくなるもの。

失敗したらどうしようなど、新しいことを始める自分自身に対してでなく、意識を周りの人に向けてしまっている事例も多くあります。

意識を自分に集中することが大切で、不首尾に終わってしまったときも、他の誰かと比較するのでなく過去の自分と比べます。

 

| 2.モチベーションも上がり愉しんで新しいことに挑戦できる

目的を明確にするということ。手間を惜しまず新しいことを始めると決定した場合、目的を明確することがポイントの一つ。

目的なり目標なりをはっきりせず新しいことをスタートするのは、TVや動画を眺めているような状態になりがち。最終的に到達したい目的をきちんと決めることで、モチベーションも上がり愉しんで新しいことに挑戦できることに。

 

| 3.最初から完璧には無理だと、失敗を恐れる気持ちとは無縁

完璧でなくても大丈夫ということ。新しいことを始めるとき多くの人は、失敗したくないだったりと不安が起こるというもの。そういう気持ちが湧き上がるのは、何かをスタートするとき完璧にこなす自らを、頭の中にイメージするから。

やったことがないことは完璧にできないのが当たり前で、最初から完璧には無理だと考えていれば、失敗を恐れる気持ちとは無縁に。

 

| 4.切っ掛けとなった事柄を、思い起こすことが成功への秘訣

どうして新しいことを始めるのか、記憶しておくということ。時間に余裕があり過ぎる人も多くいるものの、切っ掛けとなった理由が重要。

未来への不安感が生じたり、仕事上でストレスが溜まっていたり、何事かの悩みがあるなど新しいことを始める出発点があったはず。悩み事の解決に向け新しいことを始めたときは、切っ掛けとなった事柄を常に思い起こすことが成功への秘訣。

 

| 5.成長している過程と、心の奥底で理解することから始める

不安感は成功へのサインと考えるということ。何一つやっていなければ、不安な気持ちの一つも心に生まれることはないもの。こんな不安感が沸き起こる時こそ、自らが成長している過程と、心の奥底で理解することから始めることが重要。

不安な気持ちを乗り越えたその先に、自身の成功があることがイメージできると、ポジティブな思考に転換して前進できることに。

 

 

 


新しいことを始めることは仕事にも役に立つ、覚えておく最初の理由


 

| 1.新しい刺激が欲しいと考える人も決して珍しくありません

同じことの繰り返しということ。職場や学校で同じ人間と毎日のように顔を合わせ、帰宅した後はTVを見てと日々がマンネリ化している人も多いもの。

こんなルーティーン化した日常生活に、新しい刺激が欲しいと考える人も決して珍しくありません。何か新しいことをスタートすることで日々のルーティーンも変化、違った行動をするだけで気持ちも晴れることに。

 

| 2.先に漠然とした不安感を覚えている人も多いというもの

将来に対して不安を感じるということ。今のままの将来的な生活に、漠然とした不安感を覚えている人も多いというもの。

現在の仕事をいつまで続けられるか分からない、そんな悩み事だったり、老後のことを考えた時に不安感が芽生えるという人も。

新しいことをスタートする中には将来的な心配を少しでも減らせるよう、何かに手を付けたいと考える人もいます。

 

| 3.ストイックで、努力型と呼ばれ新たな自分を目指す傾向

現状の自身に満足感がないということ。新しいことを始めたいと思い浮んだ時、現状の自分に満足していないと感じる人も多くいるもの。

こんなタイプの人物は己に対しストイックで、努力型と呼ばれ新たな自分を目指す傾向にあります。なので必然的に己を変えられるような、新しい見識が取り込める趣味だったり、勉強だったりを選んで始めることに。

 

| 4.仕事のことは考えなくていい、新しい何かを始めたいと

仕事上のストレスが蓄積しているということ。新しいことをスタートしようという人物は、仕事関係でストレスが溜まっている人が多くいるもの。

休日にも関わらず勤務先からの仕事の電話など、自分自身の時間をリラックスして過ごせない、そんなことも多くあります。

そんな人物は自らの時間を趣味などに没頭することを望み、仕事のことは考えなくていい、新しい何かを始めたいと思うことに。

 

| 5.SNSを覗いたりTVを見たりするだけで日々が終わる

時間に余剰があるということ。新しいことをしたい思い立ったとき、最初の理由で最も多いのが時間が余っているというもの。

夜になり自宅で過ごしているとき、時間があるのにSNSを覗いたりTVを見たりするだけで日々が終わるのが、もったいない感じがする人はとても多くいます。

時間に余剰がある時期だからこそ、それを使い何か有意義な新しいことをしたい、そんな思いがスタート地点にあります。

 

 

 


新しいことをスタートするとき不安な感情も沸き起こる、その根拠など


 

| 1.先延ばしにするほど面倒臭くなり、憂鬱な気分が生じる

面倒臭く感じるということ。新しいことをスタートする際、失敗が思い浮かんだり不安な気持ちが湧き起こったりと、重い腰が上がらなくなるもの。

行動しようという思いだけが先走りますが、後回しにするほど面倒臭くなり、憂鬱な気分が生じることに。

 

| 2.本来なら次のステージに上がるのは、心躍ることですが

変化対して怖れを抱いているということ。何かを始める際に憂鬱な気分が沸き上がるのは、状況が変化するのが恐いというもの。

子どもより大人の方が変化が苦手で、本来なら次のステージに上がるのは心躍ることですが、不安や恐怖を最初に感じます。

 

| 3.焦る気持ちばかりが急ピッチで自らを追い込んでしまう

短期的な見方で物事を捉えているということ。これは新しいことを始める際、その成果や結果などをすぐ手にしたいというもの。

そうした態度で物事を求めるのは、焦る気持ちばかりが急ピッチで自らを追い込んでしまい、憂鬱な気持ちに繋がることに。

 

| 4.自身が完璧でなければならない、そんな完璧主義が原因

失敗をしたくないということ。新しいことをスタートするとき、不都合が生じたらと不安で胸が一杯になることもあるもの。

そんな失敗を怖がる憂鬱な気持ちは、自分自身が完璧でなければならない、そんな完璧主義が原因の一つ。

 

ユーキャンの通信講座で新しいことを学ぶ。

ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

 

まとめ

沸き上がる時は成長に向かう大きな機会。ここでは、新しいことを学ぶことから、苦手や不安を拭い去りスタートする方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。