不貞腐れるとは何かをしっかりと把握すること、そんな人物への対処法


身の回りには子供でも大人でも、不貞腐れる人がよくいるもの。気に入らないことがあると取ってしまうこんな態度は、子供みたいな印象を持たれることも。

もちろん大人にも不貞腐れる人物はいて、職場などでも拗ねるような態度をとる人は、周囲に厄介な印象を与え場の雰囲気も壊してしまうことに。

もちろん不貞腐れるの意味合いはというと、注意や非難をされることで投げやりになったり、不平や不満から反抗的な態度をとるというもの。

ふてるは拗ねたり強情を張るという意味で、ふてぶてしいのふてと同様、太いからときていると考えられます。一方のくされるは腐るで、いばり腐るのように相手の振る舞いに対して軽蔑や罵りの感情を表わすもの。

ここでは、不貞腐れるとは何かをしっかりと把握すること、そんな人物への対処法を紹介しています。

 

 

 


不貞腐れるとは何かをしっかりと把握すること、そんな人物への対処法


 

| 1.気持ちが落ち着くまで放っておくのが上策、時間が経てば

少しの間そっとしておくということ。気持ちの整理がつかず、態度で怒りを表現している場合、話し掛けられることで怒りが倍増することがあるもの。

何故怒ってるなどと聞かれても自身で上手く返答ができず、説明できないところに声を掛けられると苛立ちがパワーアップします。

気持ちが落ち着くまで放っておくのが上策で、時間が経てば冷静になり、ふてくされていた気持ちも解消、今までの態度が他人事なることも。

 

| 2.きちんと謝罪する、相手も冷静になり納得して矛を収める

自らに非がある場合、素直に謝るということ。ふて腐れた態度を取られると、つい頭に血がのぼり素直になれないもの。

ただ、同じ土俵に登ってしまうと、相手も同様に素直にはなれないので、話が複雑化して何も解決しないことになりがち。こちらの悪いところをきちんと謝罪すれば、相手も冷静になり納得して矛を収めること。

 

| 3.声を掛けることが大切、叱りつけてしまうのは最悪の対応

話をきちんと聞いてあげるということ。不貞腐れてしまう人は、自身の気持ちを態度でしか表せませんが、内心は話を聞いて貰いたいもの。

なのでそんな人物には、話を聞くよなどと声を掛けることが大切で、叱りつけてしまうのは最悪の対応。柔軟性を持って優しく対応すれば、ふて腐れるのをやめ心を開いてくれることに。

 

| 4.怒りの表情は体調が悪いのではないかと心配している振り

体調を気にする言葉を掛けるということ。誰しも気を遣われ嫌な人はいないので、ふてくされている人も優しい声を掛けらるとどこか嬉しいもの。

その不貞腐れた態度の核心には触れないで、怒りの表情は体調が悪いのではないかと心配している振りをします。そんな優しい声を掛けられると相手は肩透かしをされた形になり、徐々に苛ついていた感情も吹き飛び冷静になれることに。

 

| 5.不貞腐れた態度を取る人間、逐一感情が振り回されがち

普段通りに接するということ。我が儘で不貞腐れた態度を取る人間には、逐一感情が振り回されがちになるもの。なので、どうしたんだろうとか何に怒ってるんだろうなどの反応を示さず、毅然とした態度で相対することも重要。

動揺するとエスカレートする可能性もあり、普段通りに接していれば不貞腐れていても無駄と、いつしか理解して貰えることに。

 

 

 


分かっているとその局面で役にたつもの、ふてくされる人物の心理面


 

| 1.自ら声を掛けるのではなく、周りの人たちに察して欲しい

かまって欲しいということ。周りの人たちの注目を集めたいので、アピールとしてふて腐れた態度を取るタイプがいるもの。そういう人物は自らが中心の立場でなくなると、ふてた表情になり無言で席を立ったりすることも。

こんな厄介なかまってちゃんタイプは、自ら声を掛けるのではなく、周りの人たちに察して欲しい一面があります。

 

| 2.それができないからこそ不貞腐れた態度になって現れる

無言の抵抗ということ。内心では言いたいことが沢山あるものの、上手く整理できなかったり伝えられないと、ふて腐れた態度にでるもの。

これは一種の無言の抵抗なので、、心の中ではふて腐れている自らの気持ちを察して欲しいと考えています。なら言葉にして口に出せばと多くの人が思いますが、それができないからこそ不貞腐れた態度になって現れることに。

 

| 3.拗ねたような態度を現すことぐらいしか行動できません

現実を直視したくないということ。すぐにふてくされてしまう人は、自らが置かれた状況や立場を冷静に判断するのが難しいタイプというもの。

思うような成果がでなかったとき、普通の人なら切り替えて次を考えますが、不貞腐れる人は自らの駄目な部分を認めることができません。正面からと問題に向き合うことができず、拗ねたような態度を現すことぐらいしか行動できません。

 

| 4.自己愛が強かったり自分中心な人はそうしたことが多い

不平等だと思っているということ。自分ばかりが責任のある仕事をしているとか、全部自身がやっていると不貞腐れる人もいるもの。

実際はそうではなくても、不機嫌な状態で仕事をしている人などはそう感じ、不平等な状況だとふてくされます。不平や不満は何処にでもあるものですが、自己愛が強かったり自分中心な人はそうしたことが多い傾向に。

 

| 5.周りの人たちからすると理由もなく不貞腐れて見えます

気持ちの整理をしたいということ。前述の逆に不平や不満がなく、誰かに対して怒っているわけでもなく不貞腐れるというもの。

これは自分の中の釈然としない心持ちや矛盾などを、どうにかしたいという心理状況からきています。なので、周りの人たちからすると理由もなく不貞腐れて見えますが、どうしたのと尋ねても明確な回答はありません。

 

 

 


不貞腐れる旦那というのもよく聞く話、覚えておきたい詳しい特徴面


 

| 1.部下という立場で上司の命令が気に入らないこともある

他人に指図されるのを嫌うということ。すぐにふて腐れるタイプの人は、自身が優秀で優れていると思っているもの。自分が正しく他の人間は劣っていると感じているので、他人の指示をどこか小馬鹿にして聞いているところがあります。

部下という立場で上司の命令が気に入らないこともあり、優秀な自身が人の指示で動くのに納得がいかず、ふてくされた態度で応対。

 

| 2.通常であれば反対の立場の場合、考え方を述べて自己主張

自らの気持ちを伝えるのが苦手ということ。言葉ではなく態度で自らの意思表示をする、ふて腐れる人物というもの。

通常であれば反対の立場の場合、態度ではなく意見はこうですと自身の考え方を述べることで自己主張します。たた、すぐにふて腐れるタイプは言葉にすることが苦手で、無口になって態度に出るのが特徴の一つ。

 

| 3.機嫌とりを待っていて、慰めたりするまで拗ねた振る舞い

我が儘で自己中心的ということ。ふてくされるタイプの人は周りに合わせるのが嫌で、協調性のない人物が多いもの。

自身の行動を制限されるのが非常に苦手で、相談し合って決めたことでも、自分は違うと平気で覆そうとします。周囲の人たちが機嫌をとりに来ることを待っていて、慰めたりするまで拗ねた振る舞いをし続けることに。

 

| 4.誰にどう思われても自らの気持ちを曝してしまうことに

上手くいかないとすぐに怒りだすということ。不貞腐れる人物は、自制心も利かず怒りの感情制御もできないもの。

自らの意に反することあるとすぐに態度に現し、気持ちがコントロールできないので、平気で人前であっても怒り出します。不貞腐れるのは恥ずかしいという考えも思い浮かばず、誰にどう思われても自らの気持ちを曝してしまうことに。

 

| 5.自身が間違っていたり謝るべきなのは分かっていますが

頑固でプライドが高いということ。不貞腐れる人物というのは、常に自らが優位でないと気が済まないというもの。夫婦喧嘩をしたり、上司から注意を受けたりしても、自らの過ちを素直に認められずに不貞腐れることに。

何処かで自分自身が間違っていたり謝るべきなのは分かっていますが、高いプライドが邪魔をして反抗的な態度に。

引き寄せの法則で、不貞腐れることから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

厄介な印象を与え場の雰囲気も壊してしまう。ここでは、不貞腐れるとは何かをしっかりと把握すること、そんな人物への対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。