人の目が気になるのは病気かも知れない、その心理を知り改善する方法

 


周りを見渡してみると、人の目が気になるという人もいるもの。長所はあるものの人の目が気になるので、恋愛にしても仕事にしても積極的になれない男性や女性がいます。

こうした人たちは会話が苦手だったり人見知り等で、意思疎通が不得手だったり、人と関わりたくないなどの人が多くいます。人の目が気になるのは中学生の頃に始まるとされ、できるだけ人目のない所に行きたいとか一人になりたいなどの考えが芽生えることに。

ただこうした思春期の自意識過剰は大人になるにつれ段々と収まっていくものですが、成長した後も引き摺っている人も珍しくありません。

逆から見ると人の目を気にするからこそ、その場の空気を読んだり、相手側が欲していることを察したりできるのは長所になります。ここでは、人の目が気になるのは病気かも知れない、その心理を知り改善する方法を紹介しています。

 

 

 


人の目が気になるのは病気かも知れない、その心理を知り改善する方法


 

| 1.自身より他人の考えや気持ちを尊重してしまうというもの

自らの気持ちに正直になることを大切にするということ。人の目が気になる要因は、自身より他人の考えや気持ちを尊重してしまうというもの。一番の改善法は、他者ではなく自らの気持ちを大切にし、素直な振る舞いをすることです。

己の人生は己のものですし考えや行動も自分のものなので、周囲の目や反応ではなく自身がしたいと思った気持ちに従い行動します。

 

| 2.割り切ってしまえば、感受性の違いについても腑に落ちる

人は人で、自分は自分という考え方で、比較することをやめるということ。自分と他の人は異なると割り切ってしまえば、感受性の違いについても腑に落ちるもの。

人間というものは個人個人の持っているものが違い、他者が成功している分野で自身も成功するとは限りません。比べることをやめることで、何故できないのかと考えるストレスからも解放され、自らが本当に関心のある分野に取り組むことができるもの。

 

| 3.自分自身の存在を肯定された、そんな安心感が湧き上がる

見栄を張らず、すべてを曝け出せる友人を持つということ。人の目を気にせず自分らしく生きるには、生き方を迎え入れてくれる人物を持つことが重要。

気が許せない友達仲間ばかりだと、どうしても本来の自分が出せなくなるもの。反対に、自らの汚い部分を曝け出しても受け入れられると、自分自身の存在を肯定された、そんな安心感が湧き上がることに。

 

| 4.人間は自ら口にする言葉により人格も変わってくるもの

すいませんという言葉を、ありがとうに変換するということ。例え悪いことをしていなくても、すいませんを連発する人がいるもの。人間は自ら口にする言葉により人格も変わってくるので、知らない間に自己肯定感を下げてしまいます。

改善するためには、すいませんという言葉をありがとうに変えるのが良く、自らを下げず相手を上げる姿勢は自信も付き、人の目もさほど気にならないことに。

 

| 5.不安感や怖れを感じる気持ちも、段々と薄れていくことに

楽観的に物事を考える癖をつけるということ。考え方自体が後ろ向きなタイプの人物は、人付き合いにしても心配や不安を抱えやすいもの。

多少の失敗は許容範囲と楽観的に考えれば、他人の視線や表情に対しての不安感や怖れを感じる気持ちも、段々と薄れていくことに。嫌われたくないという気持ちではなく、ちょっとでも仲良くなれたらという前向きな気持ちがポイント。

 

 

 


人の目が気になるのは本などになっているもの、そうしたことの原因面


 

| 1.周りの人たちに自分がどう映るかが不安になったりする

周りの人に嫌われるのが怖いということ。自身の評価を下げたくない、良い面だけを他人に見せていたいなどの心情も、人の目が気になるファクトの一つ。

周りの人たちに自分がどう映るかが不安になったり、嫌われたくないという気持ちが強過ぎる点も、人の目が気になることに。こういった人に嫌われるのを恐れるタイプの人物は、常に他の人の顔色を伺ってしまいます。

 

| 2.他人に心を開くのが苦手で単独行動をしたい人もいるもの

警戒心が強く、他人を信用できないということ。人と接するのを不得手としている人の中には、他人に心を開くのが苦手で単独行動をしたい人もいるもの。

仕事の合間の休憩時間も、強い警戒心から人目を避け、なるべく人目につかない場所を選ぶことに。人そのものを信用できないため、関わりたくないという気持ちが全面に出て、一人でいたくなるのが人目が気になる人物というもの。

 

| 3.他人の表情や言動に、自身を見ている視線も気になって

高いプライドを持ち、周りから称賛されたいということ。常に注目を集めていたい人物は、凄い自らの姿を周りに見せたいので、人目が気がかりになるもの。

自分の評判や評価が落ちていないか不安になり、他人の表情や言動に、自身を見ている視線も気になってしまいます。上から目線の話や自慢話など、自尊心を満たしたい言動の多い人は、実際は人の目が気になる小心者も多いことに。

 

| 4.ネガティブ思考に陥ってしまいやすいのが自信がない人

自己肯定感が低くて、自らに対し自信がないということ。他人と接した際、不快感を与えるのではないかなど、ネガティブ思考に陥ってしまいやすいのが自信がない人というもの。

自己肯定感が低いので、声が小さくなったり下を向きがちになるなど、他の人に相対するときも存在感のある振る舞いができません。また、自らの対応により先方が不愉快になっていないか心配するので、人の目が気になってしまうことに。

 

 

 


人の目が気になるのはもちろん短所ということ、知っておきたい特徴面


 

| 1.先方に変な印象を与えていないかが気になり、すぐに緊張

臆病な性格ですぐに恥ずかしがるということ。臆病者と呼ばれる人物は、先方に変な印象を与えていないかが気になり、すぐに緊張してしまうもの。

人を目の前にすると上手く応対できない、恥ずかしがり屋のタイプの人も同じく人の目が気になる特徴があります。普段の自分自身を出すことができず、上手く応対できない気まずさから、人と接することに苦手意識を感じたり人の目が気になったりします。

 

| 2.喋った本人がそう思っていなくても、悪い方向に捉える

ネガティブで被害妄想が激しいということ。被害妄想が激しいタイプの人物は、他人の悪口に敏感で喋った本人がそう思っていなくても、悪い方向に捉えるもの。

こういった人物は殊の外、他の人からの感情に敏感で、批判されて自身が傷つくことを怖れています。自らが傷つかないことを優先するため、できる限り他人に噂される話題を作らないので、誰かに対して楯突くことは滅多にありません。

 

| 3.自己主張が苦手な人物は、人目を気にする傾向があるもの

引っ込み思案で目立つことが不得手ということ。もともとが引っ込み思案な性格で自己主張が苦手な人物は、人目を気にする傾向があるもの。

恥かしがり屋ともいえるタイプは注目を浴びることを嫌うので、そうしたことに敏感ということに。結果的に少しでも注目されないように、相手側の意見に同調し自らの持っている意見には蓋をしてしまいます。

 

| 4.他人の成功を素直に喜べない、嫉妬してしまうというもの

嫉妬心が強く、コンプレックスを抱きやすいということ。他人の成功を素直に喜べないで、嫉妬してしまうというもの。

特に同性に対して嫉妬心を抱きやすく、成功している人物に向かって、同じような人なのに何故といったような気持ちを抱くことに。ただ妬んでいる人物にはその心を隠したいという思いもあり、嫉妬している事実を隠すため人目を気にします。

 

 

 


人の目が気になるのはhspなどから来ていることも、そんな人の心理


 

| 1.村八分にされることが怖いからこそ極端に気にするもの

嫌われることがとにかく怖いということ。世間体を気にする人というのは、身の回りから村八分にされることが怖いからこそ極端に気にするもの。

一般的な常識から外れてしまうと、誰かに嫌われてしまうのではと考え、自身で自身の行動を抑制することに。こういった人物は己は己で、他人は他人と割り切った考え方ができない傾向にあります。

 

| 2.こういったタイプは常に身なりも小綺麗で、話し方も丁寧

自意識過剰でいつも周りに見られていると感じるいうこと。誰も見ているはずがない頭ではと分かっていても、職場や公共の場所で見られていると感じることに。

人目を気にする心理の自意識過剰状態で、こういったタイプは常に身なりも小綺麗で、話し方も丁寧です。常に背中に視線を感じているので、家の外に出ると他人を不快にしない振る舞い方をする長所があります。

 

| 3.悪い印象を与えたくなかったり、良い人と見られたい心理

先方ががどう感じているが、不安に思うということ。相対している人に対し悪い印象を与えたくなかったり、良い人と見られたいという心理があるもの。

なので誰かと接する際には、自らのことを悪く思ってないかや、不快感を与えてないか不安になることに。人に嫌われるのが怖いという気持ちが心の底にあり、自身の評価などに不安感が生じ人の目が気になります。

 

| 4.相手側に同調するのは無論のこと望むことを言ったりも

他人に叱責されることを怖れているということ。誰でも叱られると、不愉快な気持ちになるもの。相手との関係性が表面的な弱いものであるため、怒らせてその関係が崩れることを警戒しているということ。

叱られることを回避し機嫌を損ねないよう、相手側に同調するのは無論のこと望むことを言ったりもします。

引き寄せの法則で、人の目が気になることを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

成長した後も引き摺っている人も多くいる。ここでは、人の目が気になるのは病気かも知れない、その心理を知り改善する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。