女性でも自力からできる、足の踏み場もないほどのゴミ屋敷の片付け方


しばらく見ないうちに実家がゴミ屋敷に変容していたリ、日々の生活が多忙で片付けをサボっていたら、気が付けば足の踏み場もないほど部屋が散らかるなど。ごみ屋敷を争点に思い悩む人が、このところ増大する方向にあります。

もちろんマイホームでなくても、隣接する家がゴミ屋敷のため、害虫や悪臭などが頭痛の種となっている人も多くいます。もとよりゴミ屋敷というのは、家の中やその周囲が言葉そのまま、ゴミで埋め尽くされている住居のこと。

住民が日常生活をする上で生じたゴミはもとより、付近ののゴミ集積所からゴミを収集して溜め込んでいる例すらあります。ひどくなると建物からゴミが溢れ出て、敷地全部がゴミで一杯になっているような家屋もあります。

ここではゴミ屋敷にせざるを得ない住民の心理や原因をはじめ、女性でも自力からできる、足の踏み場もないほどのゴミ屋敷の片付け方を紹介しています。最近よく見かける片付け動画などとともに、ブログもご覧ください。

 

 

 


片付けが苦手な人など、ゴミ屋敷にせざるを得ない住民の心理や原因


 

| 1.あらゆるものをもったいないと保存、やがてゴミ屋敷に

年配の方に多く見られるのが、もったいないという思いから、物を溜め込んでしまう事例。いつか使うかもやもしものときのため、そんな気持ちから、あらゆるものを保存してしまいます。

こうして段々と、家の中に物が積み重なることになります。結果的に、住居の収納空間に収まり切れなくなり、部屋中に溢れることでやがてゴミ屋敷に。

 

| 2.常識的な作業習慣、大量の生活ごみを長い間捨てずに放置

ゴミを捨てることができないということ。日常生活をしていると、毎日のようにゴミは出るもの。そして、それを捨てるという常識的な作業習慣がなくなることで、ごみ屋敷に変わってしまうというものです。

これまでゴミ捨てを自分でまったく行わず、任せていた配偶者に先立たれた片付けが苦手な高齢者に多い事例。この場合、最初はペットボトルや食材容器、空き缶や空き瓶など、大量の生活ごみを長い間捨てずに放置することで、ゴミ屋敷が発生します。

 

| 3.さらなる収集癖、収集したものが寂寥感を紛らわせる材料

何かを収集したいという思いは多くの人にあるもので、コレクションを整えて飾っている人もいます。そういった人が疎外感や孤独感に苛まれた場合、収集したものが寂寥感を紛らわせる材料となり、さらなる収集癖になることがあります。

この心理は、部屋を色々な物で埋め尽くすことにより、不安を消し去っていることなど。ゴミ屋敷は、そこに住んでいる人だけの問題ではありませんが、当の本人には本質が見えなくなっています。

 

| 4.ゴミ屋敷誕生、家庭内不和や仕事の忙しさによるストレス

女性に多いのが買い物により、ストレス解消に繋げる買い物依存症。これは物を買うという行為自体がストレス発散のため、購入したものにはさほど興味がありません。結果的に、段々と物が溜まります。ほかにも家庭内不和や仕事の忙しさによるストレスで、ゴミ屋敷が生じてしまう事例も多くあります。

ストレスを背負い込んでいると、いつも普通にしていることが面倒に感じることに。最終的に、部屋の片付けが後回しになり、溜まりにたまった物によって、知らないうちにゴミ屋敷が誕生します。

 

 

 

 


自力で掃除できる要件を満たしている場合の、片付けるための準備方法


 

広さが3DK以内で、キッチンやお風呂、洗面所などの水回りが役割を果たしていること。どうにか住人が生活できてるなどの要件を満たせば、素人でも頑張ればかろうじて片付けができます。ただ、常識的な掃除とは桁が違うのが、ゴミ屋敷の片付けなので、入念な事前の準備が必要です。ポイントをチェックしましょう。

 

| 1.人手集めとスケジュールの確保、家族をはじめ友人など

ゴミ屋敷の片付けとなると、とても1日では終わりません。自分1人の手で成し遂げるのもほぼ不可能です。
なので最初にすることは、人手集めとスケジュールの確保。家族をはじめ友人などに声をかけ、少なくても人手は3人以上集め、3日ほどスケジュールを押えておきます。

まとまっってある連休などに一息に済ましてしまうのが、やる気も下がらないので効率的。一息で困難な難しい場合は、人手を集まった日に各自1部屋ずつといった段取りで進めます。

 

| 2.軍手などの掃除の恰好から、大量にゴミを積める車両まで

・【軍手やマスクにエプロン】 片付けをする人たちの作業効率や衛生面を考えると必須。これは各人数分の3倍程度用意しておくと安心です。

・【蚊取り線香やゴキブリ駆除剤】 生ごみが多くあれば、言うまでもなくハエやゴキブリの巣窟。
ゴキブリ駆除剤は殺傷能力の高いスプレー式タイプと、部屋全体に効果がある霧状タイプを用意すると作業の効率化が向上。蚊取り線香は小バエを弱らせる効能と、ゴミの悪臭を緩和する効果があるので、作業をしている時は焚いておきます。

・【ゴミ袋100枚以上】 自治体指定ゴミ袋ならそれを、なければ耐久性に優れた大きなゴミ袋を準備。
割れた物のなどの処分もあるので、衝撃を和らげる新聞紙や土嚢袋も用意しておくこと。

・【梱包資材のガムテープ、紐など) 割れたガラスや古い包丁など、捨てると危険なものがあるかも知れません。そういったものを新聞紙を包む際必要なのはガムテープ。雑誌や本を括るため紐などの梱包資材もあると重宝します。

・【掃除用具一式】 片付けが終了した後、部屋を掃除するための道具一式です。掃除機をはじめ、ほうきやモップ、雑巾、バケツ、洗剤など基本的な掃除用具で大丈夫。

・【大量のゴミが積載できる車(軽トラックなど)】 これはゴミ処理センターやゴミ収集所に、ゴミを運搬するため必要。

 

| 3.手数料も数百円程度、ゴミ処理センターの受付時間を確認

ゴミ処理を業者に頼まない場合、片付けたゴミをほったらかしにしないためには、集積所でのゴミ回収日の注意が必要です。しかし、スケジュールとゴミの回収日が合わないときは多いもの。しかも、大量のゴミを集積所に置くと、付近の人に迷惑がかかります。

そういう時は、自治体にあるゴミ処理センターに持ち込みます。ほとんどの自治体が平日であれば受け付けているので、最寄りにあるゴミ処理センターの受付時間を確認。ゴミ処理手数料も数百円程度。

 

 

 

 


ゴミ屋敷の片付けは段階を踏んで、手際よく短い時間で終わらせること


 

| 1.規定量よりも多め、掃除の前の日に霧状タイプの殺虫剤

ゴミを移動するにハエが飛んできたり、ゴキブリが現われたりしていては、不気味な上に片付けに一生懸命になることもできません。なので、掃除の前の日に霧状タイプの殺虫剤を使用して、室内すべての害虫を駆除します。殺虫剤は、部屋の奥側に1-2つ、入口側にもう1つ設置します。

もとより殺虫剤は、1部屋に1つの消費量になっていますが、ゴミ屋敷の部屋は害虫の棲家になっているので、規定量よりも相当多めでかまいません。これで小バエとゴキブリは、ほぼ全滅するはずです。

 

| 2.部屋全部を考えず、1m四方単位にすると片づけやすく

掃除をするのは、入口付近から。一目見てゴミとわかる物を処分することから始めます。ペットボトル、紙類、缶、食品が入っていたプラスチック容器など、次々ゴミ袋に入れて、とにもかくにもゴミの分量を減らします。

この段階において捨てるか捨てないか、迷いがでた物はとりあえず放置。このとき、スプレー型の殺虫剤を手に携えて片付けます。何故ならゴミの下に害虫が残存しているからで、姿が見えなくても噴射しながらの作業で効率UP。部屋全部を考えず、1m四方単位にすると片づけやすくなります。

 

| 3.迷いがでた物の仕分け作業、仕分けのルールですっきり

部屋中の大半のゴミを処分した後は、とりあえず放置していた迷いがでた物の仕分け作業。ただ手当たり次第ゴミを捨てるのと違い、いちいち考えるのは面倒に見えますが、ルールを決めてしまうとほぼ単純作業です。以下のような仕分けのルールですっきりします。

①貴金属や現金などと生活必需品は除き、ほかのものは基本的に処分。
②親族の形見やアルバム、手紙などは段ボール1箱。
③いつか使うかも知れないというものは、迷わず捨てる。

 

| 4.続いて清掃作業、基本的な掃除をいつもより入念に行う

部屋からすべてのゴミを運び出したら、続いて清掃作業に入ります。ほうきや掃除機を使ってホコリを取り除いた後、洗剤を使用して雑巾がけやモップがけをするなど、基本的な掃除をいつもより入念に行います。

特に注意すべきなのは、生ゴミからにじみ出た液体など。害虫を呼ぶ原因にもなるので、強力な洗剤を使って清潔な状態に回復。また、床や壁が腐食していたり、水回りの損傷が大きいい場合は、リフォームの依頼を考えます。

 

 


軽トラックに積み込める場合や、複数の車両を要する場合の片付け費用


 

ゴミ屋敷の掃除を業者等に依頼する場合、気になるのがその費用。不用品を積み込むのに必要な車両のタイプにより、別途費用が設定されています。また、家の広さに加え不用品のによっても金額が違ってくるので、依頼する前に適切に見積もりを取ります。多くの業者は、見積もり自体は無料です。

 

| 1.2トントラックが搬入に必要な時、5万円から8万円程度

ワンルームマンションや一軒家でも一部屋なら、出てくるごみは軽トラックに積み込める場合がほとんど。この場合の相場平均は、3万円相当から4万円程度です。

さらにワンルームといっても、不用品がうず高く積み上げられているときもあります。そんな時は、2tトラックが搬出に必要になる場合が多数。こういった場合は、5万円から8万円程度が相場平均になります。

 

| 2.複数の車両を要する場合、状況次第では50万円以上も

一軒家やワンルームより広い、マンションの全ての部屋がゴミで埋め尽くされているケースだと、搬入に2トントラックが2台以上必要になってきます。この場合、ゴミの処分費用や人件費なども余分にかかるため、かなりの金額になることを覚悟。

2tトラック2台でゴミが収束する場合、相場平均は20万円から30万円ほど。なお大量のゴミがあり、さらに複数の車両を要する場合、状況次第では50万円以上掛かってしまうこともあります。

不用品片付け。

不用品回収なら【不用品片付けセンターAチーム】

 

まとめ

見ないうちに実家がゴミ屋敷に変容ということもあるもの。ここでは女性でも自力からできる、足の踏み場もないほどのゴミ屋敷の片付け方を紹介しました。明日のために、ぜひお役立てください。