思考を変えるとは行動を変えること、意味を知り大逆転に繋げる方策



日々を過ごしていると、思考を変える必要性を感じることがあるもの。明確な目標と言うことではなく、現在の自分ではない新しい自分自身に変わりたいと思う時。

但し、変わることに対しての周りの反応が怖かったり、すぐに効果を求め苛立ったりと、狙い通りの成果に結び付かず思い悩む人も珍しくありません。

そんな人は、自らが変わる何かの切っ掛けを探していて、それさえあれば自分は変われると思い込むことになります。

しかし、そんな局面が目の前に突如現れたとしても、その切っ掛けを見過ごして、現在の現状に甘んじようとする習慣が身に付いています。

なので、思考を変えるには、それ相応のトレーニングをしたり訓練をしたりがとても重要。

ここでは、思考を変えるとは行動を変えること、意味を知り大逆転に繋げる方策を紹介しています。

 

 

 


思考を変えるとは行動を変えること、意味を知り大逆転に繋げる方策


 

| 1.なりたいイメージを口に出し、言葉にすることが有効と

どうなりたいかを言葉にするということ。思考を変えるために、己がなりたいイメージを口に出し、言葉にすることが有効というもの。

前向きな言動ができるようになりたいなど、己が目指すイメージを明白にし、家族や友人に聞いて貰ったりし形に近づけます。

更に、現実に行動を起こし変化したことや感じたこと、それらを記録することで、思考が変わったのを可視化できます。

 

| 2.これが限界などの先入観は邪魔というしかないものです

思い込みは邪魔と理解するということ。どんなイメージで行動が変わるというケースでは、これが限界などの先入観は邪魔というしかないもの。

例を挙げると、好きな事柄を仕事にしたいと思った場合、己は良いと考えていても一般的には受けないという先入観。

そうすると公言すること自体を抑えるようになり、己の潜在能力を縛るブレーキということになりかねません。

 

| 3.周りの人たちと比べる己自身の考え方のパターンを知る

思考の癖を感じ取るということ。思考を変える第一段階は、周りの人たちと比べる己自身の考え方のパターンを知るというもの。

ネガティブ思考に結び付く思考が癖となっているケースでは、思考を変えるために重要なことが、生じたことを事実として受け止めることが要点。

気持ちは感情的なものに過ぎず事実のみに目を向けて、否定的感情や比べてしまう思考パターンを切り離すことを癖付けます。

 

| 4.日常生活にある中の些細な変化を意識していくというもの

行動を変化させるということ。唐突に大きな変化を求めていくのではなく、日常生活にある中の些細な変化を意識していくというもの。

普段より少しだけ早寝早起きをしてみたりするほか、通勤ルートを変えてみたり休日に散歩をしたりします。

付き合う相手の行動や価値観がストレスになっているケースでは、それを変えていくことは難しいので、対応できる思考パターンを持つようにします。

 

| 5.人の話からは、思考や価値観を変える切っ掛けが掴める

尊敬する人物の話を聞くということ。成功している人物や尊敬する人の話からは、思考や価値観を変える切っ掛けが掴めるもの。

己自身にはない思考方法や価値観に触れることで、なりたい理想像を明確化したり、思考を変えるチャンスを発見できたりします。

他者の一言が思考を変えることは少なくありませんが、人により胸に響く言葉というのは異なります。

 

| 6.学んだケースでは、そうした物事をすぐ実践に移すという

学びはすぐに実践するということ。他者から聞いて刺激を受けたり本を読んで学んだケースでは、そうした物事をすぐ実践に移すというもの。

インプットを行っただけで満足してしまうのではなくて、アウトプットしてこそ己自身の知識や経験に変えることができます。

現実に行動に移すことで自信も湧き次回への糧ともなりますが、苦痛に感じる際はネガティブ感情に結び付くので警戒が必要

 

 

 


思考を変えるには本なども有用になるもの、変化ができない人の特徴面


 

| 1.見受けられるのが、勢いをつけ何事も突破しようとする

論理的思考が不得手ということ。思考を変えることができない人に見受けられるのが、勢いをつけ何事も突破しようとするもの。

そうした人物の多くは筋道を立てて考えないで、論理的思考パターンが不得手なので、思考そのものを避けてしまう傾向もあります。

結果として、人任せになることも多く他人の判断に頼っているので、目の前の物事を的確に掴んみ論理的に捉えることができません。

 

| 2.見られるのが、己から何とかしようとする意欲がないと

基本的には指示待ち人間ということ。思考を変えることができない人に見られるのが、己から何とかしようとする意欲がないというもの。

当然のように己自身から行動を起こすことはせず、普通にすべきことややって当たり前のことでも指示がないかぎりやりません。

基本的には指示待ち人間の傾向があり、言われた以上のことはせず、己で考えていないので同様の失敗を繰り返します。

 

| 3.見受けられるのが、最初から考えず結論を尋ねるという

結論をすぐに聞くということ。思考を変えることができない人に見受けられるのが、最初から考えず結論を尋ねるというもの。

こうした態度に出るのは、己より詳しく知っている人物に教えて貰うと、そちらの方が己が思考するより確実で早いと思うから。

なので、モチベーションが低いのは当然で、己から学ぶことや思考することを放棄すれば、とても進歩は望めません。

 

| 4.苦手で、理解できないまま思い込んで行動するというもの

理解できないまま行動するということ。思考を変えることができない人物は、集中して相手の言葉を聞くことが苦手で、理解できないまま思い込んで行動するというもの。

こうしたことの結果で問題が起こることになれば、仕事の関係からすると大きな致命傷ということになりかねません。

語尾だけを捉え何も考えないで行動に移してしまうのは、誠実さにも欠けるところがあり非常に無責任な人と周りの人たちに映ります。

 

| 5.例え知っている事柄でも聞いてないと言うことがあるもの

柔軟な応対ができないということ。思考を変えることができない人は、例え知っている事柄でも聞いてないと言うことがあるもの。

頭が固いところがあり柔軟性もないので、些細な物事でも知らないとか分からない、そうした思考が先に立ってしまいます。

融通を利かせて知識を役立てるつもりがないか、柔軟な応対ができないか、発想そのものがない事例もあります。

 

 

 


思考を変えることが将来に結び付くもの、なかなかできない人の理由


 

| 1.反応が怖い、そんな気持ちから思考を変更できないという

変わることで周囲の反応が怖いということ。己が変わったことに対しての周囲の反応が怖い、そんな気持ちから思考を変更できないというもの。

どうしたのなどの反応に、思考が変わった己自身が周囲の人たちの目に、妙に映っているのではという不安を感じます。

こうした変化による反応が怖いという気持ちは、ネガティブ思考の切っ掛けにもなるので気にしないことが重要。

 

| 2.なかなか最初の第一歩の行動を起こせない人もいるもの

行動に移せないということ。思考パターンを変化させたいと考えていても、なかなか最初の第一歩の行動を起こせない人もいるもの。

自信がないとか行動に移せない理由は人それぞれで違いますが、思考を変えるのに行動を起こせない場合、ネガティブ思考から抜け出すのは難しいと言えます。

 

| 3.してしまうのも、思考方法を変更できない理由の一つと

結果をすぐに求めるということ。できる限り早く結果を出そうとしてしまうのも、思考方法を変更できない理由の一つとなるもの。

こうしたすぐに結果を追及する考え方は、失敗した時にネガティブな思考パターンから抜け出せなくなるので警戒が必要。

 

 

 

まとめ

新しい自分自身に変わりたいと思うとき。ここでは、思考を変えるとは行動を変えること、意味を知り大逆転に繋げる方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。