やる気が出ないだるいのは因果応報かも知れない、そうした際の対処策



暮らしの中にも、やる気が出ないだるいという時があるもの。今しなければ不味いと分かっていても、やる気が起きないのは誰しも起こり得ること。

たった今やらないと後で自らの首を絞めることになる、そんなことも理解しているのに、だるい何もしたくないと動けません。

もちろんやる気が出なくてだるいのは頭痛や微熱など病気の場合もありますが、その多くは不規則な生活が一因とされています。

そうした規則正しくない生活パターンは、メンタルの不調を導いてやる気を減退させかねません。

なので、決まった時間に起床や就寝をしたり、食事が偏っている場合はバランスの良い食べ物を摂ることを心掛けることが必要。

心と身体は繋がっているので、体調を整えることがやる気の改善に結び付きます。

ここでは、やる気が出ないだるいのは因果応報かも知れない、そうした際の対処策を紹介しています。

 

 

 


やる気が出ないだるいのは因果応報かも知れない、そうした際の対処策


 

| 1.責任感がある人ほど、休日も気に懸かって仕方がないもの

ONとOFFを明確にし、きちんと休息をとるということ。仕事に対し生真面目で責任感を持つ人ほど、休日も気に懸かって仕方がないもの。

但し、仕事は長距離走にも似ていて走り続けることができる、そういったタイプはそれほど多くはありません。

完全に仕事から離れて気分転換し、心身を労わる時間を持つことも、毎日のパフォーマンスを上げる上で重要なポイント。

若い頃は睡眠不足でも体力勝負で乗越えることもできますが、年齢を重ねていくと体力も落ちるので、戦略的に考えていかなければなりません。

 

| 2.今日は何だかやる気が出ないだるいと思うこともあるもの

とにかくスタートするということ。朝起きた際、今日は何だかやる気が出ないだるいと思うこともあるもの。

そんな日はあれこれ考えず、とにかく動き始めることが大切で、いつものルーティーンを思考停止に近い形で黙々とこなします。

そうすると脳が活発に動いているからやる気がある、そんな判断をするので、自然にやる気が湧き上がります。

 

| 3.やる気が出ずだるいと感じる、そうした人も中にはいる

仕事と割り切ってプライベートを充実させるということ。働くこと自体にやる気が出ずだるいと感じる、そうした人も中にはいるもの。

そんな時は思い切って仕事は仕事と踏ん切りをつけ、友人や家族に趣味の時間など、プライベートタイムを充実させるのも対処策の一つ。

副次的効果にこうしたプライベートタイムを充実させるため、仕事を頑張ろうと前向きな気持ちになることも珍しくありません。

 

| 4.マンネリ化からやる気が出ないだるいと思うこともある

主体的に行動するということ。日々が同様の繰り返しで、マンネリ化からやる気が出ないだるいと思うこともあるもの。

そんな時は自分なりのテーマや目標を決め、当事者意識を持ってゲーム感覚で取り組むようにします。

人に言われたことをするのではなく、漫然と仕事に取り組むより達成感が味わえる上、モチベーションもアップすること請け合い。

 

| 5.自分なりに工夫をしても変えられない時もあるものです

働く環境を変えるということ。やる気が出ないだるいのを払拭するため、自分なりに工夫をしても変えられない時もあるもの。

例を挙げると、土日出勤が多くて休めなかったり残業が多いほか、仕事自体に関心が持てないというようなこと。

そうした際は異動や転職など、働く環境を転換することが選択肢になるので、我慢し過ぎず現状打破の行動を起こします。

そんな異動や転職を目指すこと、そのこと自体が新たな目標となって、モチベーションアップに繋がることもあります。

 

 

 


やる気が出ないだるいの後に眠いが続くもの、知っておきたい原因面


 

| 1.そうした気持ちは仕事に対する原動力の一つというもの

働く人間関係が悪いということ。周りの人たちやチームに貢献したい、そうした気持ちは仕事に対する原動力の一つというもの。

但し、尊敬できない上司の下で働いていたり同僚でやる気がない人がいるなど、職場の人間関係が悪いこともあります。

こういった職場環境や一緒に働く人たちが、やる気が萎える一因となることも珍しくありません。

 

| 2.身体的な疲労が溜まっているとやる気も湧き起らないもの

疲れているということ。仕事量が多く休む暇がなかったりと、身体的な疲労が溜まっているとやる気も湧き起らないもの。

身体が疲れを溜め込んでしまうとエネルギーが枯渇することになり、やる気を出そうにも出てきません。

こうしたやる気が全く起きないのはバッテリーが底をついた状態で、休息を取り充電しなければ再起動するのは困難です。

 

| 3.やり甲斐が持てなかったり、向いてないように感じると

仕事に興味が持てないということ。現在の仕事にやり甲斐が持てなかったり、向いてないように感じるというもの。

人間は楽しいと思える活動ややり甲斐を感じる仕事は意欲的に取り掛かれるものの、反対はやる気も起きずだるいことにもなりかねません。

こういった状況の場合、一過性の意欲の低下ではなく、長期間に渡ってやる気がでないだるい状況が続きます。

 

| 4.困難な業務であっても、応じた実入りがあれば頑張れる

成果に対し適切な報酬や評価が受けれないということ。困難な業務であっても、成果に応じた実入りがあれば頑張れるもの。

但し、給料が少なかったり努力が認められないなど、成果に対し適切な報酬や評価が得られないこともあります。

そうした際は、何のために努力しているのかが分からなくなり、仕事へのモチベーションが減退してしまいます。

 

| 5.悩みが気に掛かり、仕事に没頭できないというときもある

大きな悩みをプライベートで抱えているということ。個人的な悩みが気に掛かり、仕事に没頭できないというときもあるもの。

そのことばかりが頭に思い浮かび、勤務中にどうしても意識がそちらを向いてしまうことにもなりかねません。

こうしたことが続くと、仕事に取り組むモチベーションが低下することも珍しくありません。

 

 

 


やる気が出ないだるいのはスピリチュアルに関係?感じやすい人の特徴


 

| 1.タイプの人は、前向きな意欲も低いのでやる気が起き難い

目標や好きなことがないということ。熱中できる趣味や目標がないタイプの人は、前向きな意欲も低いのでやる気が起き難いもの。

メリットがあると思えたり魅力や価値感を感じたりする物事があれば、それがモチベーションの源となります。

但し、普段の日々の生活のどこにも値打ちを見出せない時は、やる気を湧き上がらせるのは困難です。

 

| 2.考えるタイプは、前向きに取り組めない局面も多くなる

自信がないということ。常に自分なんて駄目人間と否定的に考えるタイプは、前向きに取り組めない局面も多くなるもの。

自己肯定の低い状態が基本的な自分自身の姿になってしまうと、やる気を湧き上がらせるのは難しくなります。

自信がない時ほど失敗したくない気持ちが強くなりますが、努力の末に失敗すると、精神的なダメージははかり知れません。

 

| 3.中途半端に物事を終わらせてしまうのは苦痛というもの

完璧を求めるということ。何でも完璧に仕上げたい人からすると、中途半端に物事を終わらせてしまうのは苦痛というもの。

問題が発生しないよう努力しますが、何に対しても上手くできない状況が続いた場合、やる気を失ってしまいかねません。

完璧主義は生真面目な人や責任感が強い傾向の人に見られますが、ときには差し障りがない程度に手を抜くことも大事。

 

 

 

まとめ

やる気が起きないのは誰も起こり得る。ここでは、やる気が出ないだるいのは因果応報かも知れない、そうした際の対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。