無能な働き者は日本人に多いとされるもの、逆転に繋げていく改善方法



身の回りを見渡すと、無能な働き者が日本人にもいるもの。間違えた判断を勝手にして、多くの不利益を組織に与えてしまうような人物。

こうした無能な働き者の原因は様ざまなところにありますが、被害を受けることも多く、その対処や扱いに困ることにもなりかねません。

例えば職場内でこのやり方が正しいと思い込み、自信満々で始めた挙句に大失敗、それを協力がないから失敗したと自らは悪くない口振りが典型例。

自分自身の非を認められないで、他人に責任転嫁する姿勢は、周りから無能な働き者としてレッテルを貼られることに繋がります。

なので、無能な働き者と一瞬でも認識した場合、将来を考えて早々に対応していく必要があります。

ここでは、無能な働き者は日本人に多いとされるもの、逆転に繋げていく改善方法を紹介しています。

 

 

 


無能な働き者は日本人に多いとされるもの、逆転に繋げていく改善方法


 

| 1.早くして欲しい事柄が先延ばしになることもあるものです

優先順位を決定してから仕事をするということ。何も考えずに手当たり次第に仕事に手を付けたケースでは、早くして欲しい事柄が先延ばしになることもあるもの。

仕事をする時は何から始めるのが良いか、優先順位を決定してから職務に取り掛かるようにすることが何よりも重要。

優先順位の高い物事を強弱をつけて片付ける態度を見せることで、周囲の人たちも安心して依頼することができます。

 

| 2.業務を請け負ったり、処理できない仕事量を抱えて失敗

己の力量を正確に把握するということ。己を過大評価している場合、能力に見合わない業務を請け負ったり、処理できない仕事量を抱えて失敗するもの。

その原因に本来の能力を理解していないことが上げられ、周りの人たちにアドバイスなどの協力を求め、実力がどれほどかを正確に把握します。

己自身の力量を知ることで、できる事とできない事が分かるようになり、結果として無能な働き者の脱却に結び付きます。

 

| 3.上司や同僚と連携するチームプレーを心掛けるというもの

周りの意見に耳を傾けるということ。職場で働いてる以上スタンドプレーは評価されず、上司や同僚と連携するチームプレーを心掛けるというもの。

己に対しての指摘や助言があった時は、反抗心を覚える以前に耳を傾け、真摯に受け止める態度が何よりも大事。

周囲の人たちの指摘に耳を貸すことで、同じミスを繰り返すこともなくなり、信頼も得て無能な働き者の脱却に結び付きます。

 

| 4.取り掛かっても、無意味に作業時間が長くなって非効率

徹底してスケジュール管理をするということ。仕事に無計画に取り掛かっても、無意味に作業時間が長くなって非効率というもの。

夜遅くまで残業したり休日返上して出社するなど、そうしたことは止め、仕事では徹底してタイムスケジュール管理をするようにします。

長く働くと妙な充実感だけはあり満足しがちですが、当たり前のように成果は低くなりがちで、効率を上げ仕事をこなす意識を持って毎日の業務に取り組みます。

 

| 5.自己判断で進めると後戻りできない失敗に繋がることも

不明点は周囲の人たちに尋ねるということ。判断に迷ったり理解できないことがあるケースでは、自己判断で進めると後戻りできない失敗に繋がることもあるもの。

不明な問題点や選択に迷った場合、遠慮せず周りの人たちに質問をする習慣をつけることが肝要で、するとミスやトラブルは格段に少なくなります。

自分勝手な行動を取られるより、逐一確認するようにされた方が、上司や同僚から見ると有難いもの。

 

 

 


無能な働き者はうざいと言われることも多い、注意したい害悪な理由


 

| 1.仕事に対する判断力の欠如とか理解不足があるものです

判断ができないのに独善的に行動するということ。無能な働き者に見て取れる最たるものが、仕事に対する判断力の欠如とか理解不足があるもの。

己で判断して正しい回答を選ぶことはできないものの、働き者であるという点で意欲だけはあり、己で仕事を探して独善的にやりかねません。

完了と考えた業務も実際は済んでおらず、二度手間になることが頻繁にあり、サポートの無駄な作業は同僚たちの気力を奪いかねません。

 

| 2.気分になり、満足して納得するのが無能な働き者という

迷惑をかけたことが分からないということ。身勝手に行動し仕事を済ませた気分になり、満足して納得するのが無能な働き者というもの。

己自身はきちんと仕事をし、一生懸命にやっている考える無能な働き者は、他の人たちに迷惑をかけているなど全く気付きません。

人間というものは生きているという事実のみで、他の誰かに迷惑をかけていると言っても過言ではありません。

そうしたことを認識して迷惑をかけた際は謝罪をして、問題を再び起こさないよう努めていくのが大人というもの。

 

| 3.指摘しないケースでは、問題は浮き上がってはこないもの

己の過ちを認めないということ。当人が気付いていないで周りの人たちも指摘しないケースでは、問題は浮き上がってはこないもの。

但し、職場というのは利益を追及する組織なので、将来を考えると無能な働き者は会社に対して不利益をもたらしかねません。

物理的な損害が出てしまった場合、まとめる立場の人間は指摘せざるを得ませんが、その時は猛烈な勢いで反論して責任回避に必死になります。

 

| 4.なりかねませんが、どこの職場でも同じことを繰り返す

どこにいっても同じ事を繰り返すということ。問題を起こせば解雇されることにもなりかねませんが、どこの職場でも同じことを繰り返すというもの。

一見すると表面上は働き者なので、人間の中身が分からないと好印象で、疑うことなく採用される職場も多くなります。

これが最大の被害ということかも知れませんが、受け入れた組織は損害を振りまかれ排除するまで続きます。

 

 

 


無能な働き者は多く日本人に見られるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.良く見られる傾向に、働いている態度から入るというもの

時間を潰すのを重視しているということ。無能な働き者に良く見られる傾向に、働いている態度から入るというもの。

効率的に仕事を進行させるためには、作業のコツを掴んだり要点を絞ったりする必要があり、工夫をしながらしていきます。

なのに、無能な働き者は仕事の秘訣や要点を覚えることもせず、ただ時間を浪費するだけでその日が終わってしまいます。

 

| 2.判断できないタイプも、無能な働き者になりがちという

能力に似合わない仕事ということ。適切に己自身の能力を判断できないタイプも、無能な働き者になりがちというもの。

能力に向いた仕事に就いたケースでは、職場でも即戦力として重宝されますが、似合わない職種を選ぶと頑張っても全く成果は上がりません。

最終的に仕事をしていても虚しさだけが残るので、無能な働き者を脱却していくためには、己の能力を正しく判断することが重要。

 

| 3.人物は、無能な働き者としての評判が高くなるというもの

軽率に仕事を引き受け過ぎるということ。気軽に何でも引き受けてしまう人物は、無能な働き者としての評判が高くなるというもの。

周囲から仕事を頼まれた時、軽率に深く考えずに引き受けてしまうと、能力を超えた仕事量になり極端に質も落ちてしまいます。

更に、己自身の能力を過大評価し過ぎているケースもあり、正しい判断もできず無能な働き者扱いになりかねません。

 

 

 

まとめ

不利益を組織に与えてしまうような人物。ここでは、無能な働き者は日本人に多いとされるもの、逆転に繋げていく改善方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。