仲良くなる方法を把握して人間関係を良好にしたいもの、具体的対処術



人生を過ごしていると、仲良くなる方法を探すこともあるもの。異性のみならず同性でも、自分と共通点がある人に出会えば仲良くなりたいと自然に思います。

もちろんそうした人は会社や職場などにもいますが、接点がまったく見当たらない場合どうすれば良いかが分からないということにもなりかねません。

但し、心理学などもあるように人生の悩みの一つに対人関係があり、そうした人間関係の問題に集約されることも多くあります。

また仲良くする方法を知ったところで、自分自身が行動を起こさなければ関係はいつまで経っても発展せず、実践していくことが必要不可欠。

ここでは、仲良くなる方法を把握して人間関係を良好にしたいもの、具体的対処術を紹介しています。

 

 

 


仲良くなる方法を把握して人間関係を良好にしたいもの、具体的対処術


 

| 1.見つけることで、自分と似ていると親近感が湧くという

互いの共通点を探すということ。仲良くなる方法にあるのが、互いの共通点をより多く見つけることで、自分と似ていると親近感が湧くというもの。

まったく知らないような人と話をした場合でも、偶然に同じ趣味をしていたり出身地が同じなら、一気に相手に対して親しみを覚える具体的対処術の一つ。

自分と相手に同じ共通点があることが分かれば、俄然相手に対して興味や関心を持つことになります。

反対にまったく共通点が見出せなければ、話しも合わないと感じてしまうので、徐々に無関心ともなりかねません。

 

| 2.最良ともいえるのが、相手と接触する機会を増やしていく

接触の回数を増やすということ。仲良くなる方法として最良ともいえるのが、相手と接触する機会を増やしていくというもの。

シンプルに接触回数を増やすことにより、無意識のうちに側にいることが当然のように感じることになる具体的対処術の一つ。

目に入る回数が増えれば相手に対して親近感を覚えるので、その分だけ警戒心も薄くなっていきます。

人間は同じことを繰り返せば段々と慣れが生じますが、こうした感じは男女関係なく安心感を自分に与えてくれるものでもあります。

 

| 3.最善ともいえるのが、回数でなく長い時間を一緒に過ごす

過ごす時間を長くするということ。仲良くなる方法として最善ともいえるのが、回数でなく長い時間を一緒に過ごすというもの。

毎日会う人でも挨拶する程度の関係なら、一向に親密になることはできませんが、月に一度でも丸一日一緒の機会があれば一気に仲良くなることができます。

人間はどれほど一緒の時間を過ごしたかにより親密度に差が出るので、頻繁に連絡を取り合う以上に一度に過ごす時間を長くするのが具体的対処術の一つ。

 

| 4.体験をした人に対し、特別な感情を心の中に抱くことが

共同作業をするということ。人間は自分と同様の苦労や体験をした人に対し、特別な感情を心の中に抱くことがあるもの。

なので、相手と仲良くなる方法としては、できる限り相手と一緒に作業をするよう心掛け、同じ経験を積み上げることが具体的対処術の一つ。

自分と同様の苦労を重ねた人に対しては、苦しみだったり辛さを分かち合うこともできるので、特別な関係を構築することができます。

 

| 5.心の中にある、相手に対する壁を壊すことが重要という

心に秘めている自分自身の話をするということ。相手と仲良くなりたい場合、先ず自分の心の中にある、相手に対する壁を壊すことが重要というもの。

仲良くなりたいからと、相手に向かって根掘り葉掘り尋ねるようなことは、返って相手の警戒心を強めてしまうことにもなりかねません。

表面では伺えない自らの中に秘めていることを、先ずは相手に話すことで、特別と思わせることが具体的対処術の一つ。

普通に接していては知れない面を敢えて露わにすることで、相手の警戒心が解け仲良くなる一歩になります。

 

 

 


仲良くなる方法は社内の距離の縮め方にも、注意したい人間関係の段階


 

| 1.簡単な挨拶を交わしているような初期の状態というもの

出会いの段階ということ。 知らない者同士が出会ったばかりの頃で、簡単な挨拶を交わしているような初期の状態というもの。

様ざまな理由を鑑みて、これから人間関係をどう進めていくかの判断が行われます。

 

| 2.表面的な世間話や他愛もないお喋りなどの状態というもの

実験的な段階ということ。簡単な自己紹介をしたり、表面的な世間話や他愛もないお喋りなどの状態というもの。

まだ互いのことを良く知らないので、手探りで探り合っている依然として初期の段階。

 

| 3.価値観など、内面的な情報を交換し始める状態というもの

関係強化の段階ということ。性格をはじめ家族だったり価値観など、内面的な情報を交換し始める状態というもの。

心の中にある気持ちのコミュニケーションが行われ、親密な関係へと発展していきます。

 

| 4.親密なお互いの人間関係の深さを認める状態というもの

統合の段階ということ。自分たちのみならず周りの人たちも、親密なお互いの人間関係の深さを認める状態というもの。

この段階までくれば、気心も知れており相手の気持ちを察して、様ざまな事柄を代わって判断することがある程度できます。

 

| 5.最も濃厚で親密な人間関係を結んでいく状態というもの

結束の段階ということ。結婚に至ったり契約などによって、最も濃厚で親密な人間関係を結んでいく状態というもの。

この段階に至るには、相当に密度のあるコミュニケーションを取っていく必要があります。

 

 

 


仲良くなる方法を相手に取ってもらいたいもの、思われる人の特徴面


 

| 1.話しかけれた場合、普通の人は戸惑ってしまうものです

笑顔を絶やさず話し掛けやすい雰囲気を出すということ。陰気な顔をした人から話しかけれた場合、普通の人は戸惑ってしまうもの。

仲良くなりたいと思われるには、なるべく笑顔を絶やさず接することが大切です。

そうした雰囲気を持っていれば、相手の方が会話を振ることも期待できるので、仲良くなりたい人の近くにいる時は、常に笑顔でいるようにします。

 

| 2.問題が身だしなみにあれば、常識を疑われてしまうもの

清潔感溢れる身だしなみを心掛けるということ。いくら笑顔で話し掛けても、明らかな問題が身だしなみにあれば、常識を疑われてしまうもの。

汚れた服や靴などを身に着けている場合、相手に不安を湧き上がらせ、無視されることにもなりかねません。

好感を抱いて貰えるよう、仲良くなりたい人と話す際は、できる限り清潔感溢れる身だしなみで臨むことがポイント。

 

| 3.聞き上手であれば積極的に話してくれるかも知れないもの

聞き上手になるということ。会話が苦手という人も、相手が聞き上手であれば積極的に話してくれるかも知れないもの。

仲良くなりたい人が話好きではない場合、こちらが聞き役になって、相手側に話させるという意識で臨むようにします。

自らが気兼ねなく話せる相手に対して、多くの人は好感を持つので聞く姿勢は大切です。

 

| 4.仲良くなりたい相手から、遊びに誘ってくれることもある

誘われた時は基本的に断らないということ。何かの機会に仲良くなりたい相手から、遊びに誘ってくれることもあるもの。

そんな時に断っていては、相手の方が嫌われていると感じ、距離を置いてしまうことにもなりかねません。

結果として、仲良くなるには基本的に誘いを断らないことが大事になります。

 

 

 

まとめ

実践していくことが必要不可欠となる。ここでは、仲良くなる方法を把握して人間関係を良好にしたいもの、具体的対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。