孤独感を感じる原因と特徴、思いも寄らずに襲われたときの対処方法


一人暮らしを始めた時など、一緒に過ごす人が居なくなり感じるのが「孤独感」。苦い経験をしたことがある人も多いのも、こうした孤独感を感じる心理。誰もが思いがけないときに襲われる、孤独感と向き合って日常生活を過ごしています。

孤独感というのは、よく対比される疎外感とは、一見似かよっています。ただ大きな違いがあり、疎外感は人だかりの真ん中にいても感じ、孤独感とは独りぼっちの際に覚えるところ。虚しさや寂しさを感じるのは疎外感と同様ですが、孤独感に襲われるとシチュエーションによってはなかなか消えません。

実際に部屋に一人きりになると感じる心理状態ですが、その起こりについてはさまざまな原因があります。ここでは、孤独感に苦しめられる人について、収まりがつかないその見解。さらに孤独感を感じる原因と特徴、ふとした瞬間に襲われたときの対処方法を紹介しています。

 

 

 


ストレスが溜まるなど、強い孤独感に苛まれることへの考えられる原因


 

| 1.ストレスが誘因で、自分には味方なんているはずがない

ストレスが溜まる生活を送ると、イライラしがちになり周りを見ることができなくなってしまいいます。これは近くに自分を助けてくれる人がいない、そんな空気をに繋がっていきます。

特に身近な人が原因のストレスの場合、自分には仲間なんて決していないと思い込んでしまうもの。こういったストレスが誘因になり、孤独感を自覚してしまいます。

 

| 2.一人で過ごす夜などには極度の孤独感が襲う、一人暮らし

極度の寂しがり屋なのに、家族から離れて一人暮らしが始まったことが原因。事情は人それぞれでも、一人暮らしになることもあります。

今まで家族がいることで、寂しさを紛らわせていたものの、一人で過ごす夜などには極度の孤独感が襲ってきます。こういった人は一人になると、平静な気持ちでいることができません。

 

| 3.恋人との想い出を忘れない限り、心が満たされない状態

恋人に去られた時は、誰しもが寂寥感や不安と思う感情を抱くもの。それは最愛の人のため、周囲に家族や友達がいても、自分の全部を失ってしまったような気持ちになります。この虚無感は孤独感へと繋がることが原因。

恋人との想い出を心から追い出さない限り、心が満たされない状態が継続。

 

 


切り離されたと思う気持ちが強い、孤独感に落ち入る人のよくある特徴


 

| 1.ネガティブ思考が癖、常にどこかに不安や寂しさを感じて

孤独感がなかなか消えない人は、ネガティブな思考をする人が多い傾向。他人の些細な発言で、悪口を言われているととったり、嫌われいてるかもと考えてしまいがち。

人間関係もいつもマイナス思考で考えるので、自分には味方がいないと思い込み孤独感を感じます。ネガティブ思考が癖になっている人は、始終どこかに不安や寂寥感を感じているので注意。

 

| 2.劣等感が孤独感へと変容、自己肯定感が低い特徴のタイプ

自己肯定感が低いので、自分に対して自信がないタイプ。こういう人は、周囲の人は誰も自分より能力が高く、自分一人が安っぽい存在だと思っています。それ故、その劣等感が孤独感へと変わってしまいがち。

なので、自分を肯定的に信用してくれる人が現れない限り、やすやすとこの孤独感は解消されません。自己肯定感が低い特徴を持つタイプは、孤独感を持ちやすくなります。

 

| 3.孤独感が消えない特徴、周囲の状況に左右されやすい性格

感受性が強いというのも、なかなか孤独感から解放されない人の特徴。感受性の強さは、自分を取り巻いている環境の変化や、刺激に敏感ということ。なので他の人にとって何気ないことで、孤独感を思い出すことがあります。

例えていえば、複数で会話をしているとき、何となく自分だけが空気感の違いを感じたなど。他の人では関係のないことで、孤独感を感じやる気が失せることもあります。

良きにつけ悪しきにつけ、周囲の状況に左右されやすい性格が、孤独感から肩の荷が下りない人の特徴ともなっています。

 

| 4.寂寥感や不安感を抱くのは、嫉妬心は孤独感を覚える誘因

強い嫉妬心がある人も、孤独感に苛まれる傾向にあります。何故なら充実している同僚や友達と、嫉妬心から自分と比較してしまうことが多いから。周りから見る限り、決して一人きりではないにも関わらず、満ち足りた他人と自分を比べることで、一人ぼっちと決めつけてしまいます。

嫉妬心は孤独感を覚える誘因。他者と自分を比べることで、寂寥感や不安感を抱くのはマイナスポイント。

 

| 5.執着心が強い特徴、身近に居てくれないと孤独感を感じる

執着心が強く、無意識に家族や恋人に依存しているタイプ。執着心が強いので、ひいては家族や親兄弟のような身近な人は、いつも自分の側に居てくれるのが当たり前。なので少しの間でも家族や恋人と離れただけで、もう不安な気持ちが頭をもたげます。

この執着心が強い特徴を持つ人は、家族や恋人の存在がとても大きいので、身近に居てくれないと孤独感を感じてしまいます。

 

 

 


埋めようのない空白などの孤独感を感じたら、早速取り入れたい対処法


 

| 1.家で1人での場合、週末の仕事終わりに大好きなスイーツ

お美味しいものを、お腹一杯食べるということ。人間の3大欲求はといえば、食欲と睡眠欲に性欲と言われています。なので、食事を取るということは、人間にとり大きな意味を持つことです。お美味しいものをお腹一杯食べると、幸せな気分になること請け合い。

かといって、食べ過ぎるのは過食の原因にもなるので注意が必要。友人と月に1度程度は外食をして、美味しいものを一杯食べることを習慣にします。1人で家で過ごすというときは、仕事終わりの週末に大好きなスイーツを買って帰るなどします。

 

| 2.寝るという選択肢は非常に大事、疲れがとれることで元気

部屋に一人でいて孤独感に襲われ仕方ないときは、とりあえず寝ることを選択。寝ることで身体の疲れも回復。疲れがとれることで元気になれば、前向きな心のあり様を取りもどすことができる可能性があります。

遅くまで起きていてばいるほど、夜の暗い雰囲気に心も滅入ってしまうので、寝るという選択肢は非常に大事です。

 

| 3.映画を見始めると、それこそあっという間に就寝する時間

1本見るのに1時間以上かかる、映画を観るという方法。楽しい映画なら集中できるので、見ている間は物寂しい感情から解放されます。仕事から帰った後、食事やお風呂などを済ませてから映画を見始めると、それこそあっという間に就寝する時間になります。

すぐに寝てしまうと、一人で時間を過ごしていても、孤独感に陥ることはありません。最近はやりのNetflixやAmazonPrimeなどに登録すると、何時間でも時間をつぶせます。

 

| 4.掃除をした後は、気持ちもすっきりして前向きな態度に

定期的に掃除をしない人は、思い切って掃除に没頭するというのも対処法の一つ。玄関の隅の汚れや、TVの上といったいつも気に留めない所に目を向けると、積もり重なった汚れに驚くもの。

掃除をした後は、気持ちもすっきりして前向きな態度になれます。何より清々しい気分になるので、孤独感など吹き飛んでしまいます。また綺麗になった部屋は、誰かを誘う口実にも。

 

| 5.意欲的でプラス思考、運動をして思いっ切り汗をかくこと

運動する習慣がない人は、身体はもちろん心にも影響を及ぼすということが分かっています。運動不足というだけのことで、体力は衰えるばかり。さらに不眠症状がでてきたり、憂鬱なったりと精神的に弱ってしまい、孤独感に陥る悪影響に波及します。

対処方法としては、運動をして思いっ切り汗をかいてみるということ。運動をすることは自律神経や副交感神経が働くことになり、意欲的でプラス思考になれるともされています。

 

 

 

 


外部だけでない、内なる意識が関係する孤独感のスピリチュアルな見方


 

| 1.現世での孤独感、前世での記憶や体験が関与というもの

心理学から見る孤独感の原因の一つが、インナーチャイルド。これは自分の心の奥にある、子ども時代の感情や記憶になります。具体的には、幼少期に被った親からのしつけや、学校や家庭での体験が関与しているとなっています。

視点をスピリチュアルにおくと、それは幼少期より更に深く、前世での記憶や体験が関与しているというもの。なので現世での孤独感は、前世で人から裏切られたなどの影響を受け継いでいるのかも知れません。

 

| 2.どんな人間にも課題があるので、辿り着くよう力を尽くす

生きる意味が分らないというのも、よく話されること。これは自分自身の存在が、薄っぺらく感じられる時に起こります。視点をスピリチュアルにおくと、前世で願いが叶えられなかったり、やりかけていたことが中途半端に終わったことが影響しています。

何のために生まれてきたのかが問題になると、人生をつまらなく感じ孤独感が芽生えるもの。ただ現世に生まれる際、どんな人間にも課題があるので、辿り着くよう力を尽くします。

お悩み相談。

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

 

まとめ

一緒に過ごす人が居なくなり感じる孤独。ここでは孤独感を感じる原因と特徴、思いも寄らずに襲われたときの対処方法を紹介しました。機会があるときは、ぜひお役立てください。