悠々自適を目指したい、自然体に似通ったところがある楽に生きるコツ


ふと振り返ると周囲には、自然体で楽に生きる人がいるもの。そんな人は自信に溢れて、ストレスがないようにも見えます。一方で自分はといえば社会の常識に当て嵌めようと、ストレスが多くなりいつもイライラして苦しい思いに囚われているもの。

つい、人に合わせた生き方をしてしまう人は、自然体なで生きる人が眩しく目に映ります。そもそも自然体の意味と言えば、武道おいて身構えたりせず先入観を持たない、気負いない自然な態度のこと。

攻撃を仕掛けるほか、相手の攻撃を回避するため、即時対応できる姿勢で居なくてはなりません。何があっても応じれるよう、適度に力を抜いた状態とも言えます。こうした自然体に似通ったところがある、楽に生きるというのは、気負ったり肩を張ったりすることなく、ありのままの自分でいる状態を指すもの。

これは誰しもがそうありたいと思いながら、日々忙しく過ごす現代社会では、実践がひと際困難なものです。ここでは、悠々自適を目指したい、自然体に似通ったところがある楽に生きるコツを紹介しています。

 

 

 


楽に生きるためには知っておきたい、自然体でいられる人たちの特徴


 

| 1.自然体でいる人は、ストレスや疲労を抱えることも少なく

無理はまったくしていないということ。自然体で過ごしている人というのは、仕事で出来もしないスケジュールを組んだりやろうとはしません。

無理をするということは疲れるだけでなく、当然良い結果もでないので、精神面でも大きな負担にになります。なので無理をしないで自然体でいる人は、大きなストレスや疲労を抱えることも少なくなります。

 

| 2.人との間で競争意識がないため、見栄を張ることがない

見栄を張ることがないのも特徴の一つ。自分を大きく見せるため、見栄を張る人がいるもの。これは他人に負けたくない気持ちや、今以上に良く思われたいという気持ちが強く、概して自分に自信がないタイプに見られる傾向。

しかし、自然体で過ごしている人は、まず見栄を張ることはありません。人との間で競争意識がないため、見栄を張ることが不可欠ではありません。

 

| 3.相手の内面を見て取る、表面上ステータスに眩惑されない

誰に対しても公平な態度で接するということ。自然体でいる人は、誰に向かっても分け隔てなく接しているもの。他者のことを職業や年収など外見で判断せず、そういった事柄とは違う価値観で見ています。

相手の内面を見て取る能力を得意としていて、表面上のステータスに眩惑されることはありません。なので、世間体だったり特定の人に好かれるためだったりで、態度を変えろこともありません。

 

| 4.気取ることがない、周囲の人たちは自然体な人だと認識

お世辞をめったに言わないということ。お世辞というのは相手の機嫌を取ったり、好かれるために口にするもの。なので相手の顔色を伺ったり、自身が心にも思わないことを言う人もいます。自然体で過ごしている人は、めったにお世辞を言いません。

これは、人を褒めないという訳でなく、凄いと思った時には心の底から称賛します。下手に気取ることがないからこそ、周囲の人たちは自然体な人だと認識するもの。

 

| 5.相手の失敗や不快な言動、右往左往することもないことに

心に余裕を持っているということ。前に述べたように、自然体で生きている人は無理はしないもの。さらに流行を追い駆けることに一生懸命になったり、流されるままになることもないため、ストレスや疲労を抱え込まず、心に余裕を持てます。

また相手の失敗や不快な言動に、右往左往することもありません。なので相手に対して、攻撃的な反応もしないことになります。

 

 

 


思い立ったらすぐにできる、楽に生きるためのより具体的な行動方法


 

| 1.自らから心を開くこと、一歩進んで自ら好きになること

自然体な女性と呼ばれる人たちがいます。彼女たちは自分と他の人を比べることがありません。他者と比較して自分の立ち位置を確認したとしても、そこには不安や悩みしか生じません。誰でも、自分ひとりしかない価値があります。

毎日の行動は誰かの役に必ず立っているもの。回りまわることで誰かの人生を支えているので、自信を持って生きていて良いとも言えます。まずは自らから心を開くことが大切。好かれたいと思えば、一歩進んで自ら好きになるということ。

 

| 2.人生を楽に生きる、丁度良い水準をわきまえることが重要

何に対しても拘らないということ。物事に対する執着心があると、自身を苦しめるということ。名誉や地位関連をはじめ、金銭やや評価など、心をすり減らしてまで獲得しなければならないものではないはずです。

どんなことが満足なのか、何をしたら幸福を感じるのか、人生を楽に生きるには、丁度良い水準をわきまえることが重要。曖昧な位置づけが自分にあると、これからさらに楽に人生が過ごせること請け合いです。

 

| 3.怒りの感情、見守ることが自身の心を穏やかにすることに

何かあった際、怒らないということ。例をあげると、他者に何かを依頼して、思うような成果に繋がらないとき。その責任は相手にあるのではなく、依頼した自身にあることを忘れてはいけません。相手に対し、望み過ぎても求め過ぎてもいけません。

それでも怒りの感情が生じたら、どれほどのメリットが怒ることにあるのか一旦立ち止まり考えてみます。翻弄されるのではなく見守ることが、自身の心を穏やかにするために重要。

 

| 4.出過ぎた先入観を捨て去り、自らの心眼を開いて見ること

事柄に対して決めつけないということ。こうあるべきという決めつけがあると、いわゆる人生における幅を狭めてしまうもになります。出過ぎた先入観を捨て去り、自らの心眼を開いて見ることが大切。

これが常識といったり、これが正しいということは、現在の思い込みでしかありません。真理や正解は一つとは限らないので、事柄に対して決めつけないことがポイント。

 

| 5.嘘をつかない、自分が本当に落ち着けるところを探し出す

当たり前ですが、嘘をつかないということ。他人を妬んだりしていると自身の弱さを隠すため、無理を押したり嘘をついたりするもの。心や身体に限界を感じたときは、素直になって自らの弱みを出していくことも必要になります。

心が平穏でいられる場所や、本当の気持ちを口にする場所があると安心できます。弱さは繊細さに繋がるもので、ときには有効なもの。自分が本当に落ち着けるところを、探し出すのがポイント。

 

 

 


これが心にあると自然体に近づく、楽に生きるための基本的な考え方


 

| 1.注目したいのが種類、度を越したストレスを減らすこと

楽に生きるためする基本的なことは1つ。度を越したストレスを減らして、余裕を持つこと。楽に生きるためにする方法や工夫は多くあるものですが、基本的には1つだけで、余裕を持つことに尽きます。

仕事のストレスをはじめ、人間関係のストレスや勉強のストレスなど、人目が気になったり見栄を張ったりと、自ら苦悩する状態を作り出していることは少なくないもの。

ストレスすべてをなくすのは不可能ですが、注目したいのがストレスの種類で、度を越したストレスを減らすことで楽に生きれるようになります。

 

| 2.いつも見栄を張ろうとするのは要注意、楽には生きれない

見栄を張っている限り、楽に生きれないということ。見栄に対する考え方が、楽に生きるためには重要なことです。人間は見栄を張る生き物なので、誰しも自分をよく見せたいという傾向があります。無理矢理に体裁をつくろうとするシーンは、悪いことばかりではないときもあります。

ただ、いかなる時でも見栄を張ろうとするのは要注意で、見栄を張っている限り、楽には生きれないもの。それは、自ら軸にすえた人生でなく、周囲を軸にした人生になるからです。

 

| 3.集中している瞬間でも、肩の力を抜くことは可能なもの

楽になるから、緊張が解けるのではない。緊張し過ぎることがないから、楽になるということ。目標を立てそれに向かって前進しているときは、自然と緊張状態になるもの。絶対成功させるとか必ず達成するなど、気を引き締めるとき、自然と身体も反応し緊張状態になります。

ただ、気合を入れていたり集中している瞬間でも、肩の力を抜くことは可能なもの。これは意識することでほぐれます。深呼吸などをして、気持ちを落ち着かせるとよどみなくいきます。これが自然体に近づく、楽に生きるための考え方の一つ。

 

| 4.時間の使い方が重要、ある程度自分で改善することが可能

できる限り、時間の締めつけを感じない生活を心がけるということ。楽に生きるためには、ストレスを減らしていくことが大切。。中でも取り掛かりやすいストレス対策が、時間に関係するもの。

人間関係などのストレスは、自分自身でコントロールしにくいケースも多くありますが、時間的なものに関しては違います。あくまでの時間の使い方が重要なので、ある程度は自分で改善することが可能。

大切なことを控えている場合、逆算してモチベーションを高める効果も期待できます。

 

| 5.自分では普通に、心地よいペースを維持することが大切

楽に生きたいと思っているなら、マイペースを大事にするということ。マイペースに対する考え方や姿勢は、精神状態や気持ちに影響するもの。

人それぞれ自分に似合う、スピードや方法に習慣などを持っています。これを大切にしないと、自身で失敗を呼び寄せているのと同じこと。遅かれ早かれ、不適切なトラブルに陥ることになります。

自分では普通に感じるものの、体力と能力に合わせ、心地よいペースを維持することが大切です。マイペースで進むのは困難な状況もありますが、貫き通すのも自分らしく輝ける道です。

引き寄せる。

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

 

まとめ

周囲には自然体で楽に生きる人がいるもの。ここでは、悠々自適を目指したい、自然体に似通ったところがある楽に生きるコツを紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。