ぶつぶつ独り言は病気かも知れない、問題を起こさず黙らせる具体策



身近なところにも、ぶつぶつ独り言をいう人がいるもの。あー疲れたとか失敗したなど、ぶつぶつ独り言が多い同僚や上司などを案外見かけます。

その際に話しかけられている訳ではないので、無視という人も珍しくありませんが、これは逆効果で独り言の量を返って増やしてしまうことにもなりかねません。

独り言を口にして笑うことがあったり叫ぶなどのほか、独り言が大きいのは病気の可能性が考えられます。

一般的な独り言は自分の頭の中だけでつぶやくもので、自己完結をしていくのが本来の在り方。

それが言葉として口に溢れ出てくるのは、独力では抱えきれなくなって、周囲の人に対して助けを求めているということにほかなりません。

ここでは、ぶつぶつ独り言は病気かも知れない、問題を起こさず黙らせる具体策を紹介しています。

 

 

 


ぶつぶつ独り言は病気かも知れない、問題を起こさず黙らせる具体策


 

| 1.責め立てる口振りではなく、優しく気付いて貰う口調で

独り言を呟いていると優しく注意するということ。独り言が迷惑というような責め立てる口振りではなく、優しく気付いて貰う口調で言うというもの。

どういうつもりで当人が独り言を呟いていたかに関わらず、無意識に声が漏れていますよという姿勢で柔らかく注意するようにします。

直接的に言うことにはなるものの、相手にも逃げ道が残って、傷付けることもない問題を起こさず黙らせる具体策の一つ。

 

| 2.悲観的な内容ばかりの場合は救難信号かも知れないもの

先ずは話し掛けてみるということ。独り言の内容自体には注意した方が良く、余りにも悲観的な内容ばかりの場合は救難信号かも知れないもの。

そのまま放置しておけばうつ症状に陥ることにもなりかねず、相手との関係もありますが先ずは話し掛けてみるよう心掛けます。

良かったら話を聞きますとか、大丈夫ですかなど、親身に声をかけてあげると悩み事を打ち明けてくれるかも知れません。

対話をすることで独り言を止める要因にもなり、満たされると言う必要もなくなる問題を起こさず黙らせる具体策の一つ。

 

| 3.多い人の中には、まったく認識もないような人がいるもの

認識がない時は独り言を録音するということ。普段の日常生活から独り言が多い人の中には、まったく認識もないような人がいるもの。

そうした人に注意だったり指摘をしてみても、全然信用もしてくれないということになりかねません。

そんな時に録音してみることによって、初めて気づくこともある問題を起こさず黙らせる具体策の一つ。

独り言が多い人にありがちなのは、一人だけの時に呟くのが習慣になってしまっているということもあり、その際の様子を録音するようにします。

 

| 4.ストレートに部下が上司に怒鳴られるのは減っているもの

ぶつぶつ独り言が多いのが上司の時は、目上の上司に相談するということ。パワハラが問題視されている現代では、職場でストレートに部下が上司に怒鳴られるのは減っているもの。

一方で、己が苛立っているのを愚痴で露わにして、そんな雰囲気と態度で部下を押え込もうとする上司も中にはいます。

これは意図的にしている独り言で、部下から注意するのは難しく、目上の上司に相談するのが問題を起こさず黙らせる具体策の一つ。

 

 

 


独り言の病気の疑いは職場でも見るもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.向き過ぎ、周囲の人たちに迷惑と配慮ができないことが

マイペースで周囲を気にしないということ。独り言が病気に見えるような人は、己の作業に意識が向き過ぎ、周囲の人たちに迷惑と配慮ができないことがあるもの。

元来マイペースな傾向で周りの人たちが気にならない人は、己自身が思っているより大きな声で独り言を呟いてしまいかねません。

複雑な作業を確認しながら行うときなどは特に、周囲の人たちが煩く思うのにも気が付かないほど、夢中になって独り言が口から出ています。

 

| 2.大きな声を出して解消したい、そんな衝動に駆られること

ストレスが蓄積しているということ。職場などではストレスもあり、大きな声を出して解消したい、そんな衝動に駆られることもあるもの。

言っても上司や同僚に向い愚痴を言う訳にもいかず、どうでも良いことを大きな声で発してストレス発散に役立てます。

昼飯は何を食べるかなど周りが反応し難い内容を口にしますが、実際は別のことでストレスが蓄積していて、このような独り言へと変わっています。

 

| 3.明らかでも、反応を催促するかのように繰り返す人がいる

孤独を感じているということ。言っている内容を聞くと独り言なのが明らかでも、反応を催促するかのように繰り返す人がいるもの。

煩く思うほど独り言を口にするのは、かまって欲しい気持ちの裏返しで、孤独や寂しさを感じていて誰かと話したいということです。

上手く会話に持っていくこともできないようなケースでは、独り言でも聞いて欲しいと考えてどうしても煩くなりかねません。

 

| 4.人たちに聞こえるのも構わないで独り言を口にするという

失敗した己自身に忠告したいということ。失敗を避けようと考える強い気持ちから、周りの人たちに聞こえるのも構わないで独り言を口にするというもの。

なぜあの時やらなかったとか、もっとこうすれば良かったなど、気合の籠った少し大きめの声で煩いくらい独り言を口にします。

誰かに聞いて欲しいというよりも、過去に失敗した己自身への忠告で、喝を入れるため暗示をかけるかのように呟きます。

 

 

 


電車で独り言は病気と見なされるかも知れない、覚えておきたい心理面


 

| 1.覚えたりした時に、独り言を口にする人は意外に多くいる

考えを声に出して整理したいという心理面。何かについて新しく学んだり覚えたりした時に、独り言を口にする人は意外に多くいるもの。

こうした行動というのは、暗唱することで頭の中にきちんと叩き込み、記憶に留めようとする手段の一つです。

人によっては誰かに向かって、語りかけたり説明したりするかのように喋り出すので、周りの人たちの気を散らし迷惑を掛けることになりかねません。

己自身の頭の中を整理したいという気持ちから、まるで話をするかの如く独り言を口に出して確認しています。

 

| 2.間違いや誤りを犯さないよう声に出して確認するという

間違いのないよう安心したいという心理面。仕事中の個別の案件に対し、間違いやミスを犯さないよう声に出して確認するというもの。

周囲の人たちにとっては特段に重要な内容という訳でもなく、ただの煩い独り言と受取られかねません。

こんな風に独り言を口にしている人は、己の仕事の進捗状況を報せていると同時に、見落とし等の失敗がないをか確認する気持ちから言っています。

心配性な人は声に出して確認をすることで、誤りや間違いがないよう安心したいという気持ちがあります。

 

| 3.少しだけアピールしたいと思った時、独り言を呟くという

構って欲しいという心理面。誰かに相談するほどの用件ではないのに、少しだけアピールしたいと思った時、独り言を呟くというもの。

そんなことをしてどうするのかと聞いてみれば、単に反応して欲しいだけのことも多々あります。

己自身の状況だったり愚痴などを、さりげなく独り言で呟くことで、周りの人たちにどうしたのと聞いて貰いたがっています。

何となく会話がなくて寂しいと感じたり、心に疎外感が浮かぶようなときも、構って欲しくて独り言を呟きます。

 

 

 

まとめ

自己完結をしていくことが本来の在り方。ここでは、ぶつぶつ独り言は病気かも知れない、問題を起こさず黙らせる具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。