嫌がらせをする人の心理を知っておく、目立たないよう仕返しする方法



職場や学校生活で嫌がらせやいじめがあると、いい加減にうんざりするし傷つくもの。特に大人の場合は、社会人なのにそんなことするのなどと言うこともあり、苛立ちを覚えるのも頂点に達します。

そんなときは、仕返ししたい気持ちをはじめ、いつか黙らせてやるという風な心持ちがふつふつと湧いてくるもの。一説によれば最大の仕返しは気にしないこと、そんなことも言われていることです。

ただ普通の人間からすると、仕返ししたいと思うのも無理からぬこと。幼い頃に言われた、自分がされて嫌なことは相手にしてはいけない、そんな言葉が仕返しのブレーキになっていることも。

ただ、大人になっての嫌がらせやいじめなどは、幼い頃とは桁違いに陰険だったり、巧妙な手段だったりします。なのでブレーキも吹き飛ぶことに。さらに深い考えもなく、相手と同様な方法で仕返ししてしまうと、ますます状態が悪化します。

ここでは、嫌がらせをする人の心理を知っておく、目立たないように仕返しする方法を紹介しています。

 

 

 


最初に知っておくことが大事、勤務先で嫌がらせをする人の心理的特徴


 

| 1.嫌がらせという行為、溜まったストレスを少しでも減らす

ストレスを解消したいと意識しているという心理から。嫌がらせをする人は、ストレスを感じやすく、溜めやすいという特徴があります。精神的にもろいところがあるため、些細なことで大きなストレスを感じるもの。

これが理由で、嫌がらせという行動で、溜まったストレスを少しでも減らそうとしていると考えられます。他の人の不幸は蜜の味という言葉もあるほどで、人が苦労したり気が滅入ったりしているのを見ると、内心嬉しい気持ちになるものかも知れません。

 

| 2.先輩が後輩に嫌がらせ、劣等意識を薄めようとする気持ち

相手に向けて劣等意識を持っているということ。迷惑行為をする人たちの多くは、相手よりも自分は劣っているという意識を抱えています。例を挙げると、勤務先の先輩が後輩に嫌がらせをするということがあります。

仕事の能力が後輩のほうが優れていたり、上司の評価が高かったり、同僚たちに愛されているなど、劣等感を抱えているため嫌がらせをすることに。悪い影響を与え、日頃の劣等意識を薄めようとする気持ちなのかも知れません。

 

| 3.嫌がらせをする切っ掛けや理由が不明確であることが多い

誰に対しても意地悪がしたいというタイプ。嫌がらせする人のなかには、限られた誰かの行動が要因ではなく、誰でも良いので嫌がらせしたいと考えているケースもあります。結果的に、人から嫌われたことがない優しい人に対しても、平然として嫌がらせをすることに。

この手の人は、嫌がらせをする切っ掛けや理由が不明確であることが多いのが特徴。このタイプの嫌がらせは運が悪いと諦めて、手間や金銭が掛かったとしても、連絡先を変えたり引っ越すなど、解決策は物理的に離れるしかありません。

 

| 4.話題にもしていないのに、思い込んでしまうのが原因に

思い込みが激しい人ということ。嫌がることをする人たちは、空想の癖があったり、思い込みが激しいという特徴を抱えています。例を挙げると、女子高生が友達と笑いながら歩いていただけで、自分のことを馬鹿にしたと思いゴミを投げたり、唾を吐くなどの嫌がらせをする人がいます。

これも本当は話題にもしていないのに、笑われたや馬鹿にされたと思い込んでしまうのが原因。この手の人は、思い込みが激しいことが都合よく働いている間はまだしも、一旦マイナスに働くと、並外れた嫌がらせをしたりするので要注意です。

 

| 5.言い訳、自分のケースでは正当な理由があるので問題ない

自分は悪くなく、悪いのは相手と思っているということ。嫌がることをしている人のケースでは、本人も迷惑行為の自覚は持っているもの。これは自分は悪くないという意識が先にあります。なので相手が悪いのが理由となり、こちらから嫌がることをされても当たり前、そんな風に考えています。

このタイプは嫌がらせは、良くない行為であることは認識しているもの。ただ言い訳の意味で、自分のケースでは正当な理由があるので問題ないと考えています。

 

 

 


事柄により復讐心も沸き起こる、目立たないやり方で仕返しする方法


 

仕返しの意味と言えば、自分に被害を与えた相手に対て、それに見合うものを返すことです。世の中には仕返し屋などという趣向もあり、仕返ししたいという気持ちが盛り上がるもの。ただ、仕返しは美しいものではなく、本来しない方がよいものです。

だからと言って生身の人間なら、事柄により復讐心も沸き起こります。どの様な仕返しの方法があるのか見てみましょう。

 

| 1.相手を無視することにより、居ないものとして扱うこと

最初に行うのは相手を無視すること。いじめや嫌がらせをする意地悪な相手に対し、何もしないで無視を決め込みます。この手法は時に1番良い対処法となることがあります。

相手を無視することにより、居ないものとして扱うと、次の手に相手は困ります。それ以上何も起こらず済むかも知れません。これは、皆の前で恥をかかせようとする人に非常に効果があります。

 

| 2.サイト内のポリシー違反の行為なら、管理者に対して報告

目立たないやり方の一つが、SNS上で相手をブロックすること。Facebook上で嫌がらせを受けたり、InstagramやTwitterでネチネチと嫌な投稿を受けたときは、我慢する必要はありません。

即友達から削除し、フォローを止めて、相手をブロックするようにします。サイト内のポリシー違反の行為なら、管理者に対して報告することもできます。投稿上でやり合ったり、チャットで議論をしたくなるものですが、可能な限り避けた方が無難。

 

| 3.こちらに頼らず問題を解決することの難しさを分からせる

相手が助けを求めて来ても応えないようにすること。自らの仕事を生真面目に行うことを批判される場面では、この方法は特に効き目があります。

こちらに頼らず問題を解決することの難しさを分からせること。なので、問題となることで努力をからかってきた場合は、取り合わず無視を決め込み自らの仕事に戻ります。

 

| 4.相手との関係を遮断して、自身の日常の暮らしに集中する

自分自身の生活に集中すること。振り返って1番の仕返しは幸せになること。相手が怒らせようとしても、どこ吹く風と受け流します。相手との関係を遮断して、自身の日常の暮らしに集中します。

例え相手にされたことで立ち往生していても、毅然とした態度をとることで、傷ついている内心を悟らせないようにします。1番とも言える仕返しは、挫けることなく傷つけた相手を上回る良い人生を送ること。

 

 

 


自分の品位を落としてもしたい時、違法にならない程度の仕返し方法


 

| 1.日本全国の妻たちの嫌がらせ弁当や仕返し弁当のレシピが

近年、全国の怒れる妻たちが日頃の不満や鬱憤をはらしているのが、仕返し弁当。心も体も温まらないお弁当は、仕返しをしたい旦那に確実にダメージを与えるもの。

夫婦喧嘩をした次の日や、毎晩のように帰宅時間が遅い夫への仕打ちなど、日本全国の妻たちの嫌がらせ弁当や仕返し弁当のレシピがネット上に溢れています。

 

| 2.相手の家のテラスの下などに、冷凍エビを隠す仕返しです

下品な手段になりますが、迷惑なプレゼントを贈るということ。例を挙げると、冷凍エビなどの魚介類。この手の品は腐ると、周りに強烈な悪臭を放ちます。相手の家のテラスの下やロッカーの中などに、冷凍エビを隠す仕返しです。

数日後には、強烈な悪臭を周りに放ち、相手は困惑して間違いなく気分が悪くなるはずです。ただ犯罪にはならないよう注意。

 

| 3.家の裏庭は、寝心地がいいなどの気味の悪いメッセージ

相手を怖がらせる仕返しです。不審な相手を装い、花束などの贈り物を届けるようにします。ここは匿名で注文を行い、現金払いをするように注意。

それに相手の家の裏庭は、とても寝心地がいいなどの気味の悪いメッセージをつけます。こんな花束が届くと、相手は非常に怖がるはず。これもやり過ぎて犯罪にならないように注意。

 

| 4.相手の連絡先を意外な場所で、さりげなく公開するように

少し陰湿になりますが、匿名の電話を相手にかけたり、匿名のテキストメールや手紙を送り着けます。不要な営業電話をかけ続けられると、相手はイライラして電話番号やメルアドを変えなくてはいけないことに。

相手の連絡先を意外な場所で、さりげなく公開するようにします。相手は知らない人から迷惑電話がかかるかも知れません。こちらもやり過ぎて犯罪にならないように注意。

 

| 5.おせっかいな行動、相手が1人になりたい時にも邪魔する

逆転の発想で相手に優しくすることで意趣返し。過去の出来事はなかったことにして、過剰に親切に振る舞い、繰り返しアドバイスや解決法を教え、相手の生活に干渉していく方法です。このおせっかいな行動を通して、相手が1人になりたい時にも邪魔をします。

何かを決定するときも、相手に代わって決めること。もし相手が決定した際は、それがどんなに悪い結果を呼ぶことになるのかを吹き込みます。

 

良い事、引き寄せる。

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

 

まとめ

勤務先や学校生活で嫌がらせやいじめがあるもの。ここでは、嫌がらせをする人の心理を知っておく、目立たないよう仕返しする方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。